--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'05.13.Sun

桜蘭高校ホスト部:まとめ

EDもCGもムービーもコンプったので、
珍しくまとめ感想を書いてみたり。


このゲーム、個人的総合評価つけるなら75点。

いくつかマイナスポイントもあるので、
手放しでお勧めできるってわけではないのですが
私は買ってよかった!と思える内容でした。


◆良かった点
・声付きキャラはフルボイス
・アニメのダイジェストムービーが時々ある
・キャラ絵、CGがアニメ版スタッフ
・難易度超低い(攻略本・攻略情報不要で完全コンプできる)
・システム便利(オートリード、場面巻き戻し)
・オリジナルシナリオ
・双子が攻略対象としてバラ売り
・モリ先輩がいっぱいしゃべる
・モリ先輩のありえないセリフがある
・ハルヒの水着が拝める
・OPムービーがアニメのまま
(結果的にはCGネタバレがなくてよかった)
・無理やり恋愛糖度あげてなくて、原作の雰囲気残ってて良かった
・タッチが何気に楽しい


◆残念な点
・メインキャラとゲームオリキャラ以外にボイスがない
(モブどころか、蘭花さんやすみれちゃんもない!)
・ED等コンプの特典がほしかった
・オートリードのボイスあり部分のウエイトが長すぎる
・一本道シナリオ
・殿が家族ネタセリフ多すぎる
・ハルヒのテンションが、低すぎる
(もともと低いキャラだけど、アニメはもうちょっと抑揚あったような)
・シーン回想がほしかった
・せっかくハルヒが女の子の恰好していても、CGシーンになるまで姿が見えない




とまあ、こんなところでしょうか。
通常版で定価6800円+税。
んー、ボリューム的には4800円くらいかなぁ。
シナリオは書き下ろしだけど、ムービーはアニメそのままだし。
アニメは見てて楽しいからいいけれど。
書き下ろしシナリオでフルボイスだから、ドラマCD買うことを思えば安いけど。
これが、完全フルボイスならあと+5点できるのになぁ。

評価高いのは、やっぱりキャラへの愛で割増になってるところは否めないかも。
いいキャラゲーでした。



そうそう、このゲームって実はCERO区分Bなんですが、
どこがBなんだろう? キスもないし。
……ああそうか、常陸院ブラザーズの禁断の愛設定と、
ハルちゃんが制服の時に、環との近距離なCGがあるからか。





桜蘭高校ホスト部(通常版)
桜蘭高校ホスト部(通常版)
スポンサーサイト
ホスト部トラックバック(0)  コメント(0)
2007'05.13.Sun

桜蘭高校ホスト部:環クリア

はい、フルコンプです。
既読スキップ使わず、流し見しながら馨SS書いたりで。


環はねー、ホント愛おしいおバカさんで大好きです。
EDはゲーム内で一番恋愛要素が高かったかな。
ていうか、ハルヒが他のルートじゃ鈍感っ娘だったのに、
ちょっと恋愛色感じてるような反応だったんですよね。
ハルちゃんどうしちゃったのー!って感じ。
さすが、「まんざらでもないっぽい」と他者に評価されてるだけはある。
EDのキャンディの指輪はめちゃうのとか、
いきなり恋愛ゲームっぽいイベントでびっくりでしたわよ。


そしてワクワクして楽しみにしたのが、デートイベント。
普通だったら環と同じレベルで騒いで大変なはずの双子は、
ルートの関係でバラ売りだから、
環が一番、そして突き抜けてアホの子でもう大変でした。
そのくせ王道の手つなぎイベントもあるし。
きゃっきゃ、きゃっきゃ、きゃー!!(双子の偽ケンカムービーっぽく)
単純に庶民デパート探検を子供行動で進めるだけじゃなくて、
ちゃんとキングたる行動も見せてくれて、ニヤニヤ。


そう、環の超クサいセリフは、
やっぱこれまでの乙女ゲーにない恥ずかしさですよね。
徐々に相手の好感度を上げて、クサいセリフを言わせるなら
アンジェとかがそんな感じですが、
あっちは完全ファンタジーだけど、ホスト部は現代ものだし。
現代ものでもラスト・エスコートはまさしくホストだったけど、
あれと違うのは……、環が天然で、しかも本心から言ってるキャラだから?
そして普段はハルヒを愛するがあまりにアホの子だし。


宮野くんの演技が突き抜けてたのも良かったですね。
文字面以上の大袈裟演技です。環だからそれでいい。
ホスト部トラックバック(0)  コメント(0)
2007'05.11.Fri

桜蘭高校ホスト部:鏡夜クリア+ノーマルED

ふー、無事にクリアしました。
てか、最後に今回の陰謀の全てを明かされた時の選択肢を間違えていたのに
そのままプレイしてたら、ノーマルEDになってた!
借金返済のご褒美もちゃんと鏡夜先輩のだったし、
(てか、あの絵はびびったけどな!!)
普通にエピローグになると思ったのに、
EDムービーが鏡夜用というよりは、
全キャラっぽくておかしいな~、とは思ってたんですよね。
ノーマルEDの条件って、好感度じゃなかったんかい!
CG1個でも取り逃したらノーマルEDなのかなぁ。
好感度はいずれにしてもほぼMAXに近かったわけだし。
違いと言えばそれくらいなので。


鏡夜のデートイベントは、微妙に原作の庶民デパート回と被りますね。
そういうとこ、軽井沢デートがあった光と似たような感じ。
今、原作を読みかえしているところなのですが、
ちょうどその庶民デパート回を読んだところだったので、
ファーストフードでボリュームがあるものを食べたいと言った鏡夜が、
てっきり原作みたいにハンバーガーに齧り付いたりするのかと思いました。
あれはあれで良かったよなぁ~。
これぞ、ゲーム中で鏡夜が説明していた「ギャップ」ですから。

そんなファーストフード店内で、サラダにフォーク突き刺して「食べる?」
と差し出すハルヒは、これまた原作の学園祭(文化祭だっけ?)での
対環のシーンみたいでしたけどね。
原作のあのシーンは、環がおバカだけじゃない王子様キャラってのを
思い出させてくれました。


ゲーム本編内で、何度か交わされたハルヒと鏡夜の
「興味深い解釈」って会話は良いですね。
終盤にそれをハルヒから言うのも良かったし、
エピローグ「理想の関係?」で
ハルヒらしくもなく「借金返済して自分が辞めたら寂しい?」
みたいなカマ賭けをするのも良い。
何より、大福帳持った和服鏡夜がいい!
ただ、ハルヒの和服があまり画面に収まっていないのが残念。
コスプレはホスト部のホスト部らしいところなので、
やっぱこういうCGがあるとうれしいなぁ。


CGというと、鏡夜は微妙な表情のが多かった。
なんだろう。ちょっと残念。
庶民ラーメンのは面白かったけれど。


鏡夜がらみでちょっと残念といえば、
いつものホスト部営業シーンでの鏡夜の接客が、
ごくごく普通ということ。
ブロマイドや写真集・DVDの販促もしっかりこなしている鏡夜先輩であってほしい。
なので、デートイベントでお土産を買って帰ろうといった時に
「部員私物を勝手にオークションに掛けて得たお金」
と、鏡夜がさらりと笑顔で言っちゃうところは、
鏡夜らしくて良かったです。
ホスト部トラックバック(0)  コメント(0)
2007'05.10.Thu

桜蘭高校ホスト部:GAME OVER(ホスト部廃部)

最後に美味しいもの=環先輩を残しておくべく、
鏡夜先輩攻略中。
これまで見ていなかった環・鏡夜ルートのイベントは楽しいのですが、
やっぱ環を相手にしていると、家族ネタが多いなぁ。
面白いんだけど、ちょっと軽い食当たり。


まあ、そんなこんなでやっていて、
第4章でいつものようにデート当日にセーブしようとしてたんですね。
そしたら、デートのお誘いの電話が、
なんかボイスなしで、普通に出前の間違い電話。

……あれれ?

またかかってくるのかなーと思ったけど、

…………あれれれれ?


学校行ったら、掲示板に「ホスト部廃部決定」の掲示があったとか。

へ~、環ルートだとやっぱ展開が違うのかな~♪


『GAME OVER』



あじゃ!?



活動停止になってから、環に消極的な回答をし(×回答)、
鏡夜にもバラが咲かない×回答をしたからかーーー!

やり直したらちゃんと環からお電話がありました。
てか、やり直しって言っても、夕べプレイして止めていた、
第2話の温泉探索からですけどね。
あーあ。
ホスト部トラックバック(0)  コメント(0)
2007'05.08.Tue

桜蘭高校ホスト部:馨クリア

クリアしました!
が、1記事前の「小ネタ」でも書いたように、
うっかり完済できなかったのでCG不足……。
しかも途中セーブはデートイベントのときだから、
営業してないから無理っぽい。
というわけで、諦めて最初からやり直そう。


光ルート以上に、馨と光の違いが大きく描かれてますね。
ホント、馨は大人。
デートイベントの後半なんて、
「ひとりでいたら部内で一番の常識人」ってのが
しっくりくる行動示してたし。


序盤で馨を選ぶ選択肢にした時
「光じゃなくて、なんで?」
なんて言ってたのにびっくりでした。

そしてエピローグの「二人の聖域」も、
光のことを大事に考えていて、馨らしい。
「殿には悪いけれど、光のためにも、今のままでいようね」って!
それはつまり、馨がハルヒに対して持っている想いも
光がまだ気づいていないのに合わせて凍結させておこうってことで。
どれだけ光が大切なんだ!
そんな光想いな馨が好き。


光のデートイベントは、原作を読み返してみたら
軽井沢デート回の時とちょこちょこと内容被ってましたね。
お土産選びとか、「てきとう」とか。

そんな原作軽井沢の話を読んだあとで
ゲームでの馨のデートを見ていると、
アイスのカップル食べが原作との対比効いてて良いですね。
それにしても、そんな味のアイスはやだ……。


さてさて、完済ご褒美CGのためにやり直しながら書いているところなのですが、
庶民ラーメンの感想も、馨のが大人ですね。
光は素直に「まずい、もういらない」だったのに、
馨は一応お世辞言ってたりする。
やっぱこの二人の対比は好きですね。


そしてスパリゾートでのCGは、なんか乙女ゲーっぽくていい!
さすがはハルヒ、この天然ちゃんめ!

3話以降のどこかのイベントでの×選択肢でしたが
ハルヒがその無自覚な無神経発言を馨に咎められていました。
こういう意図せずに発せられたハルヒの一言に、
不愉快に思ったり、ドキドキしたりと、振り回されているのが
馨的には悩める所なんでしょうね。

最終話での図書室イベントでも、
×選択肢の方ですが、「心理学を勉強すれば僕らの気持も理解できるかも」
とか言ってたのは、やっぱ三角関係的に悩める馨の心情から
ふと漏らしてしまった発言とか思って、ニヤリとしてしまいます。


あー、やっぱこの危うい関係好きだなぁ。
ホスト部トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。