--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'05.02.Wed

雅恋あわゆきのうたげ(FD):フルコンプ(総括感想)

待ちに待っていた雅恋のFDですが、
個別に感想あげることなく、一気にプレイしました。
いやー、大満足!
若干、システム面に物申したい点はありますが。
ゆえに、☆5つ満点は難しいような、うーん、
でもトータルとして満足しているので☆5つでもいいや!
細かく言えば、☆4.7くらい?

ネタバレ部分の感想は後半にたたんでおきます。

本編の総括感想記事を参考にしながら前回と比較していますが、
前回はメディアインストールが無かったんですね。
今回はインストールありのおかげもあり、ロードが気になりません。
かつ、シナリオの切り替えの度に自動保存がかかるのですが、
他のゲームはだいたいそういう保存のシーンは無音だったり、
「自動保存中」のテキストが表示されるだけだったりするのですが、
次のシーンの立ち絵とBGMがそのままつながり、
保存の時間もあまりかからないので、シームレスにプレイできます。
これがものすごーく良かった!

気になったシステム面というのが、
あらすじ機能とスキップの切り替えです。
あらすじ機能は前作でもあったと思うのですが、
あれって、既読部分をあらすじにするかどうかの選択だったような。
記憶違いでしたら申し訳ないです。
今回は未読部分もあらすじ化してしまうので、
まだ見ていないシナリオでもすっ飛んでいっちゃいます。
特にすっ飛ばしたいのは、最終章の子の正刻以降。
基本的に全員ストーリーが同じなんですよね。
なので、強制スキップで飛ばしたいのに、
強制スキップするにはメニュー呼び出さないといけない。
このあたり、最近プレイしていたデザインファクトリー制作のオトメイト作品と
ちょっと違っています。
デザファク製だと、セレクトボタンで既読と強制のスキップを選択できて、
□ボタンでそのスキップで流せる。
これがあれば、多分このゲームの評価、☆5つにできたと思います。
地味に面倒くさい。
かといって、あらすじで飛ばしちゃうと、未読部分あってもすっ飛ばすので、
選択肢で止まって「!?」となってしまい、これは使えないと思った次第。
・ルート違いによる未読判別の緩和
・メニュー画面に入らなくても強制/既読スキップの変更
・既読のみでのあらすじ機能ON
であればよかったのになー、と思います。
ここらへんが減点ポイント。

その点以外では、とても満足しています。
オムニバス形式なので色んなシーンが楽しめる。
ファンディスクというと、普通は本編後の恋人関係になってからのストーリーが多く、
たまに本編途中のストーリーを描いているものもありますが、
雅恋はそのどれもを扱っているし、
また、主人公が現れる以前のストーリーの補完、
オマケとしてのパロディシナリオ、
そして全員クリアしてからの大団円シナリオと、
もう十分に楽しむことができました。

若干物足りないといえば、バトル要素かな。うん。
あと、みんなにある看病シナリオはニヤニヤして楽しかったのですが、
ほとんどが咳病ってことで、またかよ感を抱いてしまったのも
正直な感想ではあります。
あわゆき本編の一番最後のパートも金太郎飴だし。
その点は残念なところかと思っています。

主人公の名前、デフォルト名使用派ですが、
今作ではデフォ名使用でボイスありでした!!!
前作はボイス無しで、しかも名前が「大切」な設定なのに
セリフが空白になるのはがっかりだったのですが、
しっかり呼んでくれて幸せです。

また、貝合わせで無駄な周回プレイをしないといけないのかと思っていましたが
全員分プレイするときちんと回収できるというのもいいですね。
攻略情報とか不必要で、やりたいように楽しむことができました。
コンプリート至上主義の私としては、
攻略情報に頼らなくても、無駄なく無理なくコンプリート出来るゲームというのが
はかなり嬉しい内容なのです。

そして晴明役の中村悠一さんの演技。
前作でも聞き惚れていたのですが、
今回も一言一句、カナル型イヤホンで堪能させて頂きました。
セリフにこの演技が乗って、更に晴明様が好きになりますねー。
抑揚の付け方、息の継ぎ方、発音の仕方。惚れ惚れ……。
ボイスがなくても多分晴明が一番好きなキャラだったと思うんですが、
より一層強固なものに。

好きキャラ2番目としては和泉なのですが、
こちらはキャストトークを聞いてから、改めてゲーム本編をプレイしなおしている次第です。
まあ、そのあたりはネタバレ感想で。


<限定版小冊子について>
今回購入したのは限定版です。
あっ、特典CDはまだ聞いてないや。店舗特典も。
で、小冊子の内容も満足でした。
何作かごとにオトメイトゲーで残念小冊子を引くから……。
私はほとんどゲーム雑誌を買わないからというせいもありますが、
各雑誌に掲載された書き下ろしイラストがあり、
そのイラストと一緒に掲載されたSSもオマケとしてゲーム内に。
こういう形式は嬉しいですね。雑誌買わないから。

だけどね……いや、私が悪いんですが……、
ゲーム開始前にうっかり小冊子を見ちゃったんですよ。
冒頭にネタバレだからプレイ後に読めって書いてるのに!
漫画の2ページくらい見た時点で
「やばい、特大ネタバレ!!!!」と冊子を伏せました。
しかし遅かった……。
バカバカ、私のバカ!
おかげで謎が楽しめませんでしたね。ふっふーん。
プレイ前の方、絶対に見てはいけません。


クリア順は
和泉→ライコウ→源信→壱号→弐号→晴明→道満
でした。
散策時に左下から順にセレクトして、
1つ目は参号の桜。
2つ目に和泉の御衣黄桜を踏んでしまって「えっ、えっ!?」。
そうですよね、アイコン見たら分かるやん。
和泉を見たのでライコウを、晴明は最後に残しておきたいので
晴明一家を後にするために源信、
壱号を見て、弐号がオープン。
待望の晴明を見て道満がオープン(でいいのかな?)。
そんなプレイ順でした。


では、以下からネタバレの感想です。


雅恋 あわゆきのうたげ(限定版)
アイディアファクトリー (2012-04-19)
売り上げランキング: 1543


 ...READ MORE?
スポンサーサイト
雅恋トラックバック(0)  コメント(0)
2010'12.18.Sat

雅恋:フルコンプ(総括感想)

CG、回想のフルコンプをしてから早数日……。
感想が遅れたので、あっさりしているかもしれませんが。
ネタバレについては無しの方向で。



個人的にはこのゲーム、結構、いやかなり楽しめました。
寸暇を惜しんでプレイしてたよ。
いや、プレイというか読んだというか。

そう、ノベルゲーなんですよね。
なので、シナリオやキャラによって、好き嫌いが分かれる
ゲームだったかもしれないですね。


中村悠一さん好きの私としては、
半分それ目当てに購入したというのもありますが、
まあ、それが存分に満たされたと思っています。
すごくいい演技だったー!!
晴明というキャラがよかったというのもありますしね。
というか、声が付いて、より良かったというか……。

そんなこんなで、雅恋の最萌えキャラは、晴明です。
意地悪な笑みを浮かべてる晴明様が大好きだ!!!
ルートシナリオとしても、繰り返し言ってますけど
少年漫画的熱い戦いが面白かった。


音楽も良かったです。
サントラもそのうち出るみたいなので、きっと買う。
特に、晴明と和泉のテーマは好きです。
晴明の凛とした感じのものや、和泉の華やかな音楽は印象深いなぁ。


あと、立ち絵。
背中の立ち絵の多いこと多いこと!
かっこいいわ。
弐号のトサカがハートになってるところも好きよ。


そしてイベントCG各種。
CG回想のところでは枚数は一見少ないですけど、
差分の多いこと多いこと!!
絵に動きがあっていいなと思います。


残念というか、これがあればもっと良いゲームだっただろうなーと思うのが
・キャラ別のベストED、ノーマルED等の複数パターン
・バッドED(Fateやクラキミ的なバッドエンドでのヒントとかもあればなおよし)
・メディアインストール
くらいですかね。

ルートが確定してしまうと一本道で選択肢も少なく
エンディング数も1つだけなので
(道満は一応グッドED的なのもありましたけど)
やりこみ要素が少ないんですよね。

シーン回想も選択肢を変えたバージョンってだけなので
一応、フルコンプとしてシーン回想も埋めましたけど、
「それをシーン回想として分ける必要はないよなぁ」
なんて思いました。

ゲームの完成度というか、満足度という面では、
☆5つ満点で4くらいかな?
やり込み要素がないっていうところで減点0.5か1か迷うところでしたが。
ED分岐があれば0.5だったかも。

あ、キャラ別システムボイスがなかなか面白いけど、
晴明ばっかりで聴き込めてないわ。



プレイした順は、
晴明→壱号→源信→ライコウ→和泉→道満
でしたが、個人的には良いプレイ順だったかなと思ってます。
晴明ルートで全体像を把握して、
各ルートでその補完。
そして道満ルートで敵陣営から見てのさらに補完というか。
真ん中はどのキャラでもいいとは思いますが、
晴明で始めて、道満で終わるというのは
おすすめできるプレイ順だと思います。



公式サイトのブログの動きを見ていると、
今後の展開もありそうな感じなので結構期待しています。
雅恋トラックバック(0)  コメント(0)
2010'12.11.Sat

雅恋:道満ED

最後は黒幕の道満。
攻略は行動選択晴明との分岐なんですね。
うっかり最萌えの晴明さまになびきそうになるのを抑えつつ、
無事に道満ルートへ。

ルート入ってからもやたらと選択肢が出たんですが
(というか、他ルートが出なさすぎね)
それが結局すべてシーン回想になるので、
クリア後に選んでない選択肢選びまくってたら
うっかり晴明ルートに入っちゃいました。
おかげで、晴明ルートでのあらすじを回収できたんですけどね。

道満ルートでは沙汰衆のメンバーについてもなんとなく過去が出て
やっぱり締めに置いててよかったなーと思います。
悪役森川さん、いい声過ぎる!!



ネタバレ感想以下より。

 ...READ MORE?
雅恋トラックバック(0)  コメント(0)
2010'12.10.Fri

雅恋:和泉ED

優雅だけど食えない感じのキレ者キャラ。
結構好みだったので最後のほうまで取っておきました。
(最後は黒幕道満で締めたかったので、その1つ手前)

で、クリア後ひき続いて道満もプレイし、
回想回収とかしたりで時間が再びあいてしまい
感想としては薄めになりますが……。

ルートに入る前よりも、共通ルートでみんなを率いてるほうが
好きだったかなー。
キャラとしては好きなんですが、
ライコウルートと被ってしまったので
どうしても印象が薄くなってしまって。
それが残念でした。


ネタバレ感想以下より。




 ...READ MORE?
雅恋トラックバック(0)  コメント(0)
2010'12.06.Mon

雅恋:ライコウED

主従好きな私としては、序盤で気になっていた和泉とライコウ。
和泉の食えない感じのが気になっていたので、
それを最後の方に置いておきたいがために、
この二人はラスト用の道満の手前に残しておきました。
で、和泉のがより気になるので、ライコウから。

壱号と源信は、お仕事こそ同じチームですが
それ以外はあまり絡むことがないので
ルートに入ってしまえば他キャラは全くといいほど
出てこなかったのですが、
さすがに和泉とライコウは主従関係ということから
ライコウルートでも和泉の出番が多かったです。

で、今回の沙汰衆の敵は、北狄さん。
てか、「ほくてき」で一発変換できるGoogle日本語入力すごいな!
ああ、東夷・南蛮・北狄・西戎(せいじゅう)で
四夷(夷狄)というのね。
西戎はいないの……? それとも道満がそれに当てはまるのかな?
道満ルート期待。

ええと、そんな北狄=CV日野聡さんですが、
イっちゃってる変態キャラ、いやぁ、堪能できました。
日野さんといえばコルダ3の冥加とか、
ざくろの利劔みたいな、クールキャラでしか知らなかったので
(コルダ2fはまだやってないから、衛藤くんはあまり把握してない)
すごく新鮮でした。
ただ、これもなんだか生い立ちというか過去の出来事が
なにかあるみたいだけど、道満ルートで明かされるのかな?


ともあれ、ネタバレ感想は以下より。
実際にクリアしてから数日経ってしまったので、
ちょっと感想少なめです。



 ...READ MORE?
雅恋トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。