--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'06.30.Thu

おねがいマイメロディ:#13「心がとけたらイイナ!」

初めてまともに喋る柊先輩を見ましたよ……。
柊さんが置鮎さん声だということで見始めたアニメだったのに、
これまでほとんど出なかったからなぁ。
先週の次回予告で「見逃すまい!」と思っていたのですが、
それでもやっぱり無口キャラ。
あんまりセリフは多くなかったね。
てか、主役・明るいキャラのぬ~べ~と比較しちゃいかんな。
そんなぬ~べ~再放送も今日で終わりだったみたいですが。
またまとめて見なきゃ。

このアニメ、初回から見ていたのではなかったので、
柊とクロミの立場がイマイチ分かっていなかったんですが、
やっぱり柊は悪者立場?
クロミに力を貸すっていうより、今回は自ら進んで
マイメロのメロディタクトを奪おうと画策していたし。

そういや、マイメロって他の人に、
動いているところを見られちゃダメなんだっけ?
何話か前のお隣の新婚バカップルの回で
お父さんに見つからないように必死でぬいぐるみの
フリをしていたのとかかなり面白かったのに。
干されるマイメロ、
「はぁ……やな夢見ちゃった。……現実なのね」
と、これは夢だと思いたかったマイメロ、おもろすぎ。
しかもちゃんと2度ボケにするところ、冴えてる。
そんな異世界のマイメロさんがいると言うのに、
柊のところの運転手さんてば、マイメロと柊の会話を
目の当たりにしても平然としているとはすごい。

銅像になったクロミにメロディタクトを使って戦わせるマイメロ、
ステキだよ。
戦って、不慮の事故で像が割れたらどうすんだ……。再生不能?
パワーチャージしてもやっぱりクロミにこだわるところ、ステキ。
クロミを使わずに彫刻家を倒す、いや、元に戻しても
クロミは復活すると思うんだけどなぁ。
そして、パワーUPの「おねがいv」は、
お願いというより、強制なのね。
クロミの意思とはうらはらにパワーUP。


これで数回見ていますが、柊の出番より、
アニメ自体が面白くて見ています。
OPの歌が頭から離れない。スキスキス~
関連記事
スポンサーサイト
マイメロトラックバック(0)  コメント(0)
2005'06.03.Fri

Fate/stay night:凛・TRUE ED

さくさくと既読パートスキップで凛ルートのTRUE EDへ。
GOOD ED時ほどの長文感想ではないのですが、
一応ネタバレ炸裂してるので反転表示で。



では以下ネタバレ

+++


ブラッドフォート発動後で、夕方に「桜の様子を見てこよう」を
初回プレイではGOOD狙いだったので後回しにしていたのですが、
ここで回収できるCGって、凛ルートでのOPムービーで出ていた
間桐の館2階の窓から階下を見つめる桜の図、かと思いきや別でした。
あれは桜ルートで出るのかなぁ。

そしてざくざく進んで、初回のアインツベルン城で
ランサーから共闘を申し込まれる選択肢へ。
初回とは別の選択肢を選んだんですが、ランサーと凛の会話がいいなぁ。
士郎を「鈍い」と評しておいて、
「捻くれるのは後でもいい」
というようなことを凛に言うランサー。
そうか……その結果があの嫌味なアーチャーですよ。

てかあれですな。
プロローグで、キチンとお片付けもできて、おいしいお茶も淹れてくれるアーチャーは、
やっぱり元が士郎だからか。
衛宮邸に来るまでの遠坂邸は、アーチャーも食事当番をする羽目になってたりして。
いや、凛もちゃんと料理できる子だし、アーチャーをそんなことに
使ったりしなさそうな感じもするから、さすがにそれはやらなかったかなぁ。


で、肝心のエンディングですが。
私はGOODの方が好きかも。
確かにTRUEだと、凛と士郎の卒業後の明確な目標が見えているけれども、
GOODもセイバーを維持するという名目もある上で「一緒にいよう」と
言うのは同じ。
セイバールートじゃないから、セイバーが救われたわけではない
というのも同じ。
GOODよりも良いTRUEの中の出来事ってのが、あまり見えず。
さっきの卒業後のロンドン行きくらい?
TRUEだとセイバーもあっさり消えてしまうし……。
エピローグの後のエピローグと言ってもいいような「Answer」は
嬉しかったんですが。
ま、TRUEの遠坂VS生徒会長はステキですけれどね。


+++
関連記事
Fateトラックバック(0)  コメント(0)
2005'06.02.Thu

Fate/stay night:凛・GOOD ED

一気に進めた凛ルート。
TRUE EDもあるんですがまずは先にGOODから。
いやはやもうね、泣きました。
フェイトについてはいくつか反応を頂いたりしてるんで、
ネタバレ感想は後ほど反転表記にて。
凛ルートは泣ける、と聞いていたのですが
いやー、ここまでとは。てか、感動しやすい私。
とりあえず今はネタバレは無しで。

凛ルートはセイバーEDを迎えてからでないと開かない、ということで
セイバーEDを見るのが前提になっているから、
セイバールートで見ていた話をくどくどと述べられるのではなく、
逆に述べずに別ルートシナリオだとするところがいいですね。
別ルートの場合の見せ方が違うというのは、
幕末恋華もある意味そうかも。
メインイベントをどのルートで見るかによって、
ある程度の展開は異なるし、
同じ出来事を違う位置から見ることになる。
けれども、やはりあちらは歴史の中での大きな流れは変わらないし、
会話パートでは何度か進めていくと同じ話ばかりを
聞いてしまうこともありがち。
でも、1つのイベントが短くて操作性もそんなに問題はないから、
あれはあれでいいシステムだったと思いますが。


さて、そんなわけで以下セイバールートも含めたネタバレ。
語っちゃえ語っちゃえ。
こんなことなら、プレイ感想その1とかにして
適宜語れば良かったか。

+++


「体は剣で出来ていた」
この言葉は、公式サイトでも書かれていて、
そういやセイバールートでは見なかったな、なんて思っていたんですが。
そしてこれはセイバーのことだと思っていたんですが。
アーチャーが最初にルビ無しで
「I am the bone of my sword」(だったっけ?)
と唱えた時は「おお!?」と思いましたが、そうかー
これは凛ルートというか、アーチャールートだったのかー、みたいな。
うん、それくらいアーチャーのお話。
なんせセイバールートでの彼の扱いはなぁ……。
あの長い長いプロローグでの活躍っぷりから彼に注目と期待を
寄せていたのに、セイバールートではバーサーカーに挑んで
確かにカッコイイ男の背中を見せたものの、あっけなく玉砕。
そんなアーチャーさんが大活躍。
てか、終盤辛かったけどね。彼の正体を知って以後は。

あんまりお話を自ら進んで展開を予想しようとかいう読み方を
私はしないのか(むしろ出来ないのか)、
アーチャーの正体はサッパリ分かっていませんでした。
アインツベルン城でVSアーチャーしに行って、
確実に本文中で明示されてようやく理解したというか。
アーチャーが「トレースオン」と言い出して、
その後のセイバーが「シロウ、彼はあなたの……」と言いよどんだ
あたりから、さすがにアーチャーの正体はなんぞやとは
考えるようにはなったんですけれども、
それでも、シロウの未来の姿なのか、
もしかしたら切嗣なのかと考えたほど。
だってなー、セイバーのことを知っているようだったし。
となれば、前回の聖杯戦争で会っている切嗣?という感じで
切嗣案も捨てきれず。
ペンダントの件でも全然気付こうとすらしてませんでしたよ。

しかし、じゃあなぜ過去にセイバーとの因縁があるという
ようなことをアーチャーは言ったんだろう?
エミヤになった士郎はこの聖杯戦争を経験している?
ならば、凛ルートじゃなくてセイバールートとかなのだろうか。

正体といえば、キャスターのマスターについても
セイバールートでは生徒会長かと思っていました。単純すぎ。


凛ルートでも、終盤になってようやく出てきたランサーですが、
セイバールートでもあの最期はかっこよかったけれど、
今回はその何倍も良かった。まじで号泣。
さすがしぶとさスキルのある男。

そして、一度最期の描写をした後のインタールードでの
バーサーカーとイリヤの最期。
バーサーカーの最期とは言わず、あえてイリヤも含めます。
つ、つ、辛い……!
イリヤの過去がそんなだとは思っていなかった。
何の疑いもなく、忠実なしもべとしてバーサーカーを扱っている
だけなのかと思ってた。
そんな過酷な試練を共にしてきたからこそのつながり。
そんなのがあったとはね。
その上、あんな凄惨な最期。


一番最後のアーチャーの微笑みにはやられました。
つか、最後まで顔を見せずに引っ張るなと思ったら、
まんまシロウの表情になることが出来ていたとは。
シロウはいつあんな性格になったんだろうか……。


ギルガメッシュさんといえば、FF5なんですが。
うん、こっちはラスボスだけあって、最期はいい人に―― とかじゃ
なかったですね。
あっちのギルガメさんは千手観音みたいだけれど、
こっちはむしろドラえもんか。四次元ポケット……だよな?

セイバールートで最初に登場した時は
ホントに死んだアーチャーが性格変わって現れた、と思っていました。
だって前髪上げて同じじゃん。髪も白っぽかったし。
凛ルートは全然「金のサーヴァント」って感じじゃないんですが。
金ピカと言った凛をシロウが謎に思うのも納得。
最終決戦くらいは前髪上げて金ピカ鎧で登場かと思いきや
最後までどこぞの中学生か高校生みたいな格好。
どんな心境の変化なんですか?


+++

なんか色々、もっともっと語りたいことがあったような
気がしたんですが、とりあえず今日はこれで。
長いなー、オイ。
関連記事
Fateトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。