--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'12.31.Wed

年末

あっという間に大みそかですねー、早いなー。
今年はゲームのプレイ数はガクンと落ちましたが、
その分、アニメ視聴数がやたらと増えたような……。

今冬開始アニメでは喰霊-零-がやたらと燃えました。面白かった。
ラインバレルも毎回コメディ度が高くて面白いですしね。
クラナドは卒業してからの朋也シナリオがちょっと重いなぁ。
美佐枝さん(漢字違う?)シナリオはボロボロ泣いたけど。

そうそう、10月に図書館に予約していて先日になってようやく手に入った
別冊図書館戦争Iを読んでいます。まだ1章済んだだけですが。
なにこの甘さ! 萌え転がってます。堂上教官好きだーーー。


とまあ、そんなこんなですが、今年1年大変お世話になりました。
皆様、よいお年を。
関連記事
スポンサーサイト
日常トラックバック(0)  コメント(0)
2008'12.26.Fri

GS1st Love Plus:3/12発売予定

ひっ、いつの間に!!

http://www.konami.jp/products/girls_side_1st_love_plus_ds/

フルボイス化とアルバムにボイスが入るということですが、
GS2みたいな大接近モードは付かないの?

特典CDは告白後エピローグが気になりますが、
DS版のED曲収録とかいらない……。
むしろEDスキップさせてください、お願いだから。

愛する姫条さんのため……!とは思いますが、
追加要素がアルバムボイスだけなら購入は見送るなぁ。
ボイスはPS2版で十分だし。
何より、DSの音質はイマイチ。




ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love Plus
コナミデジタルエンタテインメント (2009-03-12)
売り上げランキング: 233


関連記事
ときメモGSトラックバック(0)  コメント(0)
2008'12.19.Fri

ディシディアFF:発売日

いや、買ってないんですが……。


実家に行ったら弟が早速プレイしていたので
「どんなストーリーシステム? つーかアクション操作は簡単??(私でも出来る?)」
と聞きまくっていたら、テレビに接続して見せてくれました。
いいなー、うちのPSPは1000番シリーズだから接続できないや。


Xのストーリーモードだったらしく、3話と4話あたりを見せてもらいました。

バトル選択のすごろく?画面でXのタイトル画面の曲が流れたり
バトルでは過去シリーズのバトルBGMが流れたりと
なんかテンション上がる!

Xなのでティーダ君が主役。
あれれ、こんな声だったっけ……?
なんか明るすぎるような。気のせいかな。
コルダの火原的な感じ。

父親と戦うことはつらいのではないかと聞かれ
「だいっ嫌いだ(だから大丈夫)」
的発言もあって、ニヤリ。
ティーダ君と言えば、このセリフだからな。

あと、FF2のフリオニールを探していて
「おーい、フリオニールー、のばらー」
ちょ、おまwwwな感じで弟と大爆笑していました。
FF2はクリアできていないんですけどね。FC時代。



とりあえず、弟がクリアして飽きたら貸してもらうことにしました。
やっぱXからかなー。7でもいいけど。
シリーズではこの2作品が好きなんですが、
エアリスが死んじゃう7よりも、Xのが好きかもしれん。
主人公明るいし。いや、クラウドも好きだけど。
関連記事
FFトラックバック(0)  コメント(0)
2008'12.13.Sat

ソラユメ:御剣暁、餘部透クリア

相変わらずの大いにネタバレしつつの感想です。




◆御剣暁

ほわほわしつつも鋭い従兄のにーちゃんですが、
いやもう、いいね、彼は! かなり好きなキャラです。
VSルーエンのやり取りも楽しいけれど
主人公さんのことを見守ってくれているのが良いですねぇ。
頼れるにーさんだけど、これで19歳か……。老成しているような。
まあ、「仕事」を12歳だなんて子供のころからやっていたせいかも?

「自分が不安になっていたら、主人公さんも不安がらせるから」と
内心の不安を隠して、いつもどおりにほわほわ飄々と
振舞っていたというところもステキでした。惚れ直した!

主人公さんの見続ける「夢」の中の展開はなかなか面白かったです。
真面目勇人くんに女王鈴菜さんという、明らかに破綻してしまったものだけでなく、
劇のクラゲのクーラの展開も。
クーラに固執する鈴菜さんも可笑しかったしー。
つーかクーラのシナリオ、大人向けシュールアニメ……。

夢の中の偽暁兄、たまに強引エロくなっててイイ!!
こんなんばっかりも困りますが。
いい人かと思っていたら黒かった……と思いきや、偽者か。

主人公さんのことを拒絶していたのに、結局はそれを受け入れたのはどうして?
と、おまけからシーン回想で見返してみました。
(どんだけ恋愛面スルーしてるんだ、私は……)
自分の仕事によって、自分は汚れて真っ黒だから、
主人公さんとは一緒にいられない、けれど
自分の気持ちに嘘はつき続けたくないから、ということのようで、
「彼女いる?」の質問にも冗談のつもりで猫のことを話したりと、
主人公さんが夢に籠った元凶はすべてオマエか!!てな感じ。
いやまあ、彼の優しさゆえなんですけどね。

そして結局、仕事の内容がイマイチわからないまま、ルート終了。
他キャラルートで明らかになるのかなぁ。
謎な男だ。




◆餘部透

浮世離れしてると思ったら、土地神様ときたか!
だけど、ルートに入ったとたんに記憶喪失になっちゃって、
彼の強引な態度や独特の言い回しもなくなり
なんだか残念……。

主人公さんの未来に干渉するという禁忌を犯して消滅するとのことでしたが
御剣ルートでは途中で確かいなくなったよね?
あれも餘部ルートと同じで消滅したの?
そして、ヘリオトロープが絡んでないから、消滅しちゃったままになるのか?
ストーリーは面白くて好きなんだけど、「ながらプレイ」しているからか
いまいち読み飛ばしているところがある気がする。

記憶を取り戻し、ヘリオトロープに乗っ取られる前にとどめを刺してと言われる
スタッフロール前のシーンや、その後のエピローグ部分では、
じんわりうるうる。
幕末恋華・新選組の、某ルートを思い出すなぁ。
自らの手で愛する人を殺すというのは、私のうるうるストライクゾーン。

「死んだと思っていたら、生きてたエンド」ってのはよくあるけど
再会しないままなのかな……なんてしみじみ思っていたら、
ホントに出てきた!
いやまあ、再会してのハッピーエンドを願っていたりもしたのですが、
実際にそうなるとなんか拍子ぬけになってしもうたーーー。
再会後の状況説明会話がだらだら長くて、冗長に感じたからかな?

それにしても、このルートで分かった暁兄の裁縫スキルはすごいもんですね。
ウェディングドレスまで作れるのかよ!
そりゃあ、いいお嫁さんになれますわ。
関連記事
ソラユメトラックバック(0)  コメント(0)
2008'12.12.Fri

ソラユメ:山瀬勇人、水窪一真クリア

最初に1人をガガッとクリアし、
2人目の途中で感想を書かずにしばらく停滞していましたが、
ようやく再開したので。



ギャグが多くて楽しいですねー、これ。
おじさん執事なアガシオンさんはお笑い要員で好きだわ。

CVは偉そう悪魔な置鮎さん以外、誰が誰だかあまり気にせずプレイしていましたが
春原(クラナド)な幼馴染と、乾(テニプリ)な眼鏡クラス委員をクリア。
次は桜木花道(スラダン)ないとこのにーちゃん狙いで進めています。
主人公ボイスはなしですが、私としてはボイスありのが好きです。
怪盗アプリコットはあったのになぁ。

選択肢でのオートセーブがあったり、セーブロックがあったりと
結構システム周り良好なのですが、
ボイスバランスがちょっと微妙なところがあるかも。
セリフの度にBGMボリュームが下がるのも、ちょいと鬱陶しいかな。


ギャグなやりとりが楽しくて、私はこのゲーム好きです。
ホラーっていうか、見えない敵に対する不気味感がFate風味なところも。
ただ、主人公の鈍感っぷりにイラっとすることも多々ありますが。
GS的、よくある乙女ゲー的な恋愛感情鈍感というのではなく、
他者に対する思いやりというか、なんかその辺が欠落した子のような……。




ソラユメ
ソラユメ
posted with amazlet at 08.12.14
拓洋興業 (2008-06-19)
売り上げランキング: 1006




では以下、ネタバレありでの感想を。




◆山瀬勇人ルート

わんこ系(公式では山猿)幼馴染。
主人公への好き好きはずかし加減がかわいいわー。

退魔師(じゃなかったよな、なんだったっけ……)の家系であると判明してからは
心強いもんです。
主人公さんが「その血をひいてるのは自分だから、私がなんとかしなきゃ!」と
鼻息荒く頑張ってたのが空回りで拍子ぬけ。
まあ、そんなところだと思いましたが。

エピローグ部分の教室チューでの主人公さんの積極性にはアレレと思いました。
こんな子だったっけ?

ルーエンと暁にいとの関係とか、いまいちわからないところを残しつつ、終了。

いろいろ感想はあったけど、いかんせんクリアから時間が経ってしまったので
軽くこんな感じだけで。




◆水窪一真ルート

メガネクールな学級委員。
名字の読みが「みさくぼ」って難しいなーと思ったら
変換一発で出るのですね……。

山瀬くんルートでは、親友の鈴菜さんが誰を好きなのかいまいちわからなかったのですが
(むしろ主人公さん狙いかと思ったほど!)
このルートでははっきりしましたね。

山瀬ルートでのラスボスだった、謎の少年くんは
このルートでは「もういらないから」とヘリオトロープを譲渡しましたが
なんでだったんだろう?
鈴菜に取り憑いた方が闇パワーを得るには効率的そうだったからとか?
それに、ルーエンが言っていたヘリオトロープに憑かれた人は狂人化必須ってのが
今回は例外になっていた真相も明らかでないようだし、
やっぱり餘部先輩とか暁兄、ルーエンといった
設定からして物語の深部に関わってそうな人のルートじゃないと
明かされないのかな。

エピローグ部ではルーエンのルの字も出てこず、
結局彼はどうしているのか気になります。山瀬ルートと一緒か?

それにしても、お祭りで「好きだよ」とささやく水窪くんはエロボイス。
ヘッドホンでやってたら腰砕けたかなー。
関連記事
ソラユメトラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。