--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'04.28.Wed

金色のコルダ3:配信イベント1

PSP版での配信イベント第1弾(無料)が
4/27に配信されるのことで、いそいそダウンロードしました。
開始はお昼の12:30過ぎだったみたいです。
そのあたりから、みなさん続々と新幹線で神戸にやってこられました。
(私は神戸でお仕事中)

全国学生音楽コンクールを終えたキャラクターたちが、
神南高校・東金の誘いを受けて、神戸へと旅することになり、
そこで繰り広げられる恋模様を、新規のスチルで描いています。
恋愛対象キャラクター12人の恋愛メッセージも収録しました。
4Gamers記事より)



とのことだったのですが、詳細はネタバレなので追記部にて。


ボイス自体は最後の1メッセージだけという
本編クリア後スペシャルの観覧車と同じようなものでしたが
選択肢も豊富でなかなか楽しかったです。
でも、これが有料となるといくら出すだろう……?
スチルは各チーム1枚ずつの計4枚でした。



ではネタバレかつ、主観ありの感想だだもれのエピソード紹介は以下から。




金色のコルダ3(PSP通常版)



東金が招待したのは星奏・至誠館(狩野・伊織含む)の面々で
天音は別の用事(理事所有の六甲山のホテルで演奏会)があって
神戸に来たら、新神戸駅で遭遇。
神南の面々が神戸案内するよということになったけど
東金:牧場だろ
芹沢:港じゃないんですか?
土岐:異人館しかないやろ
的なバラバラ発言。
芹沢くん好きの私歓喜。

で、いずれか選択して何人かに分かれるわけですが
(牧場チームはさらに陶芸とアスレチックに分かれる)
最後はみんなで布引のロープウェイに乗って神戸の夜景を楽しみに再度山(ふたたびさん)へ。
そこで、観光の最後に選んだ攻略対象と二人だけでお話、
ちょっと甘い会話って流れです。




・異人館チーム:大地、土岐、天宮

本命東金、対抗芹沢を後回しのお楽しみにするために
迷いながらも土岐が案内する異人館巡りへ。
副部長対決と腹黒天宮の対立がたまりません……!
なにこの面白くて美味しいルートは!!
土岐と大地がいつものごとく笑顔で対立している横から
天宮が漁夫の利・とんびに油揚げでかっさらおうとするのよね。

めぐったのはうろこの館と、英国館。
それと、コスプレしてケーキが食べられるところ。
(私は異人館入った事ない。リアルでもあるのかな?)
執事な感じでかなでさんに至れり尽くせりしてくれました。

英国館はシャーロック・ホームズの部屋を再現しているとかで
(ゲーム中にホームズの名前はなかったけど)
かなでさんが探偵なら……と妄想を繰り広げる男子たち。
大地:依頼人になって探偵と恋に
土岐:犯人として追われる。いつも俺の事を考えていて。
天宮:助手。依頼人と必要以上に仲良くならないように、犯人とも。
天宮が黒いこと黒いこと!
本編の12人EDでもこんな感じだったけど、より黒くなってるわ。
そんなところが好き。

夜景の時は
大地:おみやげ買うのを忘れたかなでに香水瓶のプレゼント。
   中身は明日選びに行こう。二人で。
土岐:駆け落ちしようか。自分の両親もそうだったんだよん。
天宮:昼間は楽しかった、めざわりなのが若干いたけれど
そんな感じ。
天宮、どんだけ黒いねん……。でも好き。
土岐には選択肢によっては「愛してるで」と言われました。くっはー!
大地のプレゼントはなかなかやるな、と思いました。





・港チーム:ハル・火積・新+芹沢

残念なことに芹沢EDはないのですがね……。
芹沢くんがいるということでウハウハ選択。
メリケンパークですね。
しかしあんな箱根・芦ノ湖にいそうな海賊船、リアルではなかったよね……?
いつのまにか増えたりしてないよね?
メリケンパークから海賊船で空港島まで行けるそうです。
そんなんないはず!!
メリケンパークでポートタワー、海洋博物館の説明を受けて
移動したのはなんと神戸花鳥園
まさかの行き先だわ。流石に(?)私も行った事ない。

花鳥園でスチルが出ますが、そこには芹沢くんがいない。無念。
さらには東金からのメールでなにやら席を外してしまう芹沢。
ねえねえ、何の無理難題な指示をうけたの?

夜景の時は
ハル:可愛い後輩と言われてもめげない
新:港に恋人と来ると別れるジンクス聞いてショボン(恋人だったんだね)
火積:終始テレテレ

まあ、比較的このチームは穏やかに過ごしていたのではないかなーと思います。
(私の中では芹沢くんがいるから心穏やかではない)





・牧場でアスレチックチーム:響也・冥加・七海

東金に六甲山牧場に連れていってもらったものの
六甲山フィールド・アスレチックで体を動かす事になる面々。
響也、最初は寝てようとか言ってたくせにいつのまに……。

展開としては予想通りな感じですよ。
響也→冥加:バイオリンしかできないんだろ、バーカバーカ(挑発)
冥加→響也:そんなこというのかこの駄犬が!
七海→冥加:部長が行くなら俺も……。
で、勝負するわけです。
かなでさんが応援した人が勝利なのだけど、
冥加が勝った場合、響也はホントに不憫よね。かわいそうな響也かわいい。

面白かったのは、係員の人にも命令口調な冥加に対して
それにツッコミを入れる響也。なんてユーザー目線なんだ。

夜景パートでは
響也:最後にさらっと「もっと好きになっちまうだろ」(きっとまだ告白してないな)
冥加:「今日は楽しかった」なんて言わされてるけど嬉しそう。好きとは言ってくれない。
  (冥加を探さなかったらキャラ別エンドなし)
七海:天音で演奏するのが好きになったとか、学園生活楽しめているようでお母さん安心した!

むしろ七海はアスレチックで勝利したときに
「冥加部長に勝ったー!」てのが嬉しそうで
それが印象に残ってます。





・牧場で陶芸チーム:律・八木沢・東金

気づけば部長チームですね。
陶芸なんてどこでできるのかしら?
律が「もうすぐ敬老の日だから、かなで祖父に贈ろう」ということで
作ったものが大小のお茶碗。
東金に「夫婦茶碗なんておぬしなかなかやるな」(意訳)と言わせるものの
「違う、かなで祖父とかなででお揃い」とこれまた天然鈍感さん。
相変わらずだな……。
八木沢は陶芸も慣れているのか
(東金曰く、和菓子作りで手先も器用)
かなでさんに指導したりしつつ、「余ったから」と作った猫の箸置きも
一緒にプレゼントするといいよ、と。
あんた、なんでもできるのね……。
そして東金は謎の置物。どうも植木鉢らしい。
あまりの奇抜さにも動じずフォローする八木沢は
いつものことで慣れてるんだろうなぁ。
あんたホントになんでもできるのね……。
しかし、謎の植木鉢とはいえ、東金の真意としては
「芽が出たら毎日写真を送って報告しろ」とのこと。
あああ、策士というには言葉が悪いから違うけど
視野が広いと言うかなんというか、
とりあえず惚れてまうやろーーー(いつものことです、はい)。

夜景パート。
律:メールで二人きりになりたいと送ってくる。なんて積極的な……!
八木沢:かなでさんに翻弄されまくり。「雪広さん」って!!
東金:「千秋」「千秋さん」「東金さん」で呼ばせたーーー!!!

あかんもう、東金好きすぎて血圧上がる。
相変わらず神戸に来い、永住決定、とかほざいていますが、
「あのアンサンブルが大切だから離れられないのはわかっている」
とか理解しているところステキ。
そうか、これは星奏卒業後に掻っ攫いに来るわけですね。
響也不憫……。
関連記事
スポンサーサイト
金色のコルダトラックバック(0)  コメント(1)
Next |  Back

まき

どうなるか、続きが気になるね!知りたいみたいな。

2010/07/09(金) 18:35:35 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。