--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'05.23.Sun

薄桜鬼DS:斎藤一クリア

無口で冷静で切れ者従者的斎藤さん。
楽しみにとっておこうと後回しにしていました。
うん、天然エロスありだね。
ちょっと恋華斉藤のキスを思い出しちゃいました。


では、感想以下より。





・斎藤一

攻略サイトで選択肢を見ていて
「血を与える」があったので
あー、この人も羅刹化するのかぁ……なんてプレイしていましたが、
強くなりたいがための揺るぎなさがステキでした。
まあ、中盤にはそれも一時揺らいでましたけど。

これまでプレイしていた中で、
羅刹化した人々(山南、平助、沖田)は
昼間寝て夜活動する生活が当たり前のようになっていたのに、
斎藤さんは昼間も無理して活動する頑張り屋さん。
病の沖田はともかく、平助は若いんだからもっと頑張れよー。

今回のラスボスは風間でした。
で、ちょっと味方なのが天霧さん。
なんかこう、イクティダールな感じ。渋い。
風間はドSでした。
斎藤が羅刹になるきっかけとなったのもこの人だし。
そして結局それがあだとなって敗れるわけですけど。

なんかこう、少年漫画的な熱さでしたね、最後の戦いは。
だけど、ちょっと文章に冗長な感じがあって
戦いのリズムに乗ってないなとは思いましたけど。
「まがい物風情が!」と鬼ではない羅刹たる斎藤をけなすあたりや
そんなまがい物に傷をつけられて激怒するところとか、
Fateのギルガメッシュを思い出しました。
金髪赤眼ですしね!
声のタイプは全然違うけど。
金髪赤眼といえばコルダ3の東金も一瞬浮かべました。見た目だけ。
前髪が真ん中寄りなあたりだけですけどね。

しかし、最後は主人公補正(斎藤だけど)かからず、
仲間がみんな集まってみんなで鬼退治でした。
いやー、仲間が生きてたってところがある意味主人公補正ですけど。

戦いが終わった後、「斗南に移住」となりましたけど、
ここでも変若水の毒を薄める効果はあるんですかね?
青森だから東北には違いないけど
「主人公の故郷」というから、そのあたり限定かと思ったら
広く東北地方でいいのかよ……。
辞書機能見るまで北海道か樺太だかのエリアだと思っていたら
普通に青森で拍子抜けでした。
で、浄化能力ない地域に行っちゃったから、
立ち尽くして、声をかけても返事をしてくれない斎藤さんは
てっきり事切れてたのかと思いました。
下の名前で呼んでくれなかったから拗ねてたの? え、マジで??

天然エロといえば、血を啜るのにわざわざ主人公さんの耳たぶを切ったところ。
え、なにそれエロすぎ//////
関連記事
スポンサーサイト
薄桜鬼トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。