--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'06.27.Sun

うたプリ:開始~四ノ宮那月大恋愛ED

「うたの☆プリンスさまっ♪」が正式タイトルなのですが、
略称に慣れすぎて忘れそうになる……。


キャストにつられて買おうかな、どうしようかな、
そう思っていた頃に先行発売されていたキャラソンCDをレンタルして
(購入じゃなくてごめんね、置いてたから借りちゃっただ)
一気に買いたいモード突入。
そのノリで豪華版を予約をしたものの、
あとで公開されてたイベントCGの残念さに
「これはクソゲーを引いてしまったか!?」とか思いながら
よりによってのGS3との同日発売ゲームでしたが……
すんげー甘かったよ!!
さすがCERO Cは伊達じゃない、そう思った初回プレイでした。

最初は攻略対象3人からしか選べないのですが、
中の人本命の四ノ宮那月(CV:谷山紀章)から。


このゲーム、発売前にドラマCDも出ているんですが(しかも3枚も)
それは手を出せずにいたのですが、
ゲーム始まっていきなり
「オリエンテーションの時は大変だったよなー」的発言。
ああ、それがドラマCDなのね……。
でもまあ、なくても平気でした。

主人公はデフォ名ありなのですが、名前では呼んでくれない。残念。
だけど、ゲーム中に名前変えられるって、どんだけ親切なの!
本編テキストでもしっかり語られているのですが
引っ込み思案な女の子。
でも頑張り屋さん。
結構流されやすいけど、いい子だなーと思いました。

システム周りは超快適です。
ADVゲーには欲しいけど、意外に乙女ゲーには実装が少ない(と思う)
「次の選択肢へ」スキップ。これがあるんですよ!
周回プレイするのにこれは必須。
あと、クイックセーブ・ロードもあり。
用語辞典もあって便利ー。

毎月試験があるのですが、
パーフェクトやSランク評価をとろうと思ったら
後半からだんだん難しくなってきますが、
オールSじゃなくても大恋愛EDになれたので、大丈夫かと。

あ、そんな試験もスキップできました。「前回記録」と同じ、で。
なんて楽なの……!


那月は不思議ちゃん。でもすぐに好き好き可愛い言っちゃう子。
ゲーム中のセリフで言うと「天然スケコマシ」。
4月から1年間というゲームなのに、
5月ぐらいでもう既に甘いんだ……。
パートナーである主人公さん、すごく大切にされています。


シナリオも特に前半はコミカルです。
シャイニング早乙女(CV:若本規夫)がらみは特に。
若本さん堪能にも良いゲームでした。
セリフの一つ一つの言い回しが素敵過ぎるわ。



では、以下からネタバレ含む感想です。
那月は特に「えー!?」な設定がありましたね。





那月は「ほややん不思議ちゃん」で、あんまり興味ないかなぁとか思ってたんですよ。
アニメしか見ませんでしたが、中の人同じで
ななついろ★ドロップスの先生みたいな感じかと。
でも、サンプルボイス聞いたら意外に落ち着いた感じの声。
ちょっと月森入った感じの。
そしてキャラソン、これはゲームしても謎だったけど
ほややんぽややんどころか、おもいっきりKISHOW。
いや、大好きだよ、歌手谷山紀章。曲も好き。
だけど、キャラ絵とのギャップに聞いてて笑える。

そんな那月さんでしたが、
過去につらいことがあって、ブラック人格を宿していたわけで。
それが「砂月」さん。
那月と正反対の攻撃的キャラなんだけど、
これ、どこかのらぶどろで見かけた天使の人みたい……。
悪ぶってるけど実はいい人なところとか。

砂月が生まれたきっかけになった、ヴァイオリンの先生と
主人公さんが性格的に似ている感じだったからとかいうことで
最初は憎まれていて、押し倒されるわ、あわや強引にキスされそうになるわで
ここいらあたりで、CERO区分上がってそう。

ドSというか、きつくて冷たい物言いをする谷山キャラ、
私すんごい好きなんですけど!
ドSじゃないけど月森も冷たいし(いや、誠実なだけなんだけど)、
東金も偉そうにきついこと言ってくるし、
UTMのレニとか(PS2移植されてるから谷山キャラよね)。
といいつつ、おお振りの花井くんみたいな熱いキャラもまた見たい。

でまあ、砂月は那月が心配だからいた人格だけど、
主人公に託すことにして消えちゃいました、チャンチャン、なオチ。
だけど、砂月くん、いい子だったわー。
那月のこと、ものすごく心配しているし、
終盤では主人公さんのことも。
あれ、これも素直じゃないキャラなのか……?

ただ、シャイニングと鬼ごっこしていて、初めて発動した時は
大地を割るほどの奇想天外さをみせいていたのに、
後半からは普通に会話もする、普通のキャラになっていました。
というか、前半のあのぶっ飛んだノリが消え去っていた。
いやあ、あれはあれで面白かったけれどね!
若本節が聞けたからそれでいいんだ……。
すんごい笑わせてもらいましたし。

強引な砂月の行動にもドキドキさんでしたが、
通常の天然スケコマシの那月の行動にも
床ローリングさせていただきました。
もうね、甘いの。

終章部分でも甘くて甘くて。
キス音とか、吐息が、コンシューマでこれでいいの!?みたいな。
エロいよ……。
しかし、那月の一部だという砂月は、
うん、どういうタイミングで出てくるの? やらしい///
関連記事
スポンサーサイト
うたプリトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。