--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'08.08.Sun

ストームラバー:タクミED・A

前回の超ビッチプレイの途中から分岐させて、
タクミで進めることにしました。
なんせ一番彼氏期間長かったからね……。
悠人→タクミ→で悠人に再告白された、10月中旬データから
告白OKせずに一途に進めました。
ごめんね悠人、何度も振ってしまって。

ちなみにこの悠人さん、さらにクリスマスデートのあとに
家の前で待ち伏せしてくれてて、3度目の告白。
もう一度断りました。ごめんねごめんね。
しかし、バカップル状態で、あんなに濃いキスしたあとに
「悠人を選ぶ」とかやったら、鬼だろ。


この分岐データ自体、ちょこっと倦怠期に足を踏み入れていたんですよね。
悠人に再告白させようとあちらを構ってばかりで、
タクミをおろそかにしていたせいか。
で、悠人の告白は断ったのに、それでも倦怠期のまま。
さらに、3年の丑のおなごさん
(ミミのウシチチさん発言が忘れられず本当の名前忘れたよ)
に、ライバル宣言されました。

が、マップで2度選択、電話1回したら、倦怠期終了。
なんだったんだ……。ぬるすぎる。
それで倦怠期という不安定な関係じゃないからか
ライバルがいても全然平気というか、
ライバルと男子が絡んでいるシーンもなかったような。
「倦怠期だとそれなりに鬱陶しい」と聞いたので
今度やるときはそれなりに倦怠期になってみよう。


2人目の彼としてタクミと付き合い始めたのが
7月上旬だったためか、CGは最初の2枚と、
エンディングB関連の2枚が抜けてますが、
あとは全部埋まってます。
えー、ぬるいだろ……。
プレゼントとかのプロフィール情報を埋めるには
ちょっと手間がかかるかもしれませんが、
CGとEDのコンプだけだと、結構早く出来るのかも。
うーん、せっかく倦怠期とか乗り換えとか
これまでの乙女ゲーにはあまりなかった要素を入れているのだから
その状態になってでしか手に入らないCGとかあっても
良かったのになぁと思います。


惜しい、色々と惜しいよこのゲーム……。
悪くはないのだけど、総合的に見て良作とは言えない(個人的感想)。



では、タクミルートのネタバレ感想を。





タクミの喋り方は独特ですが、私はこれにハマった方。
聞いてて癖になる!
ごくたまに普通の話し方をするときがあって、
それにキュン、ですよ。
特にEDの最後の二言くらいが、ヤバイ、腰砕ける。


EDのは主人公さんも高校卒業してからの状況なんですかね?
「あれから」としかなかったけれど、
タクミがトレーダーをしながら施設のボランティアをしているってだけで
高校生活については触れられていなかったから。

しかし、私、デイトレードどころか、株取引のことについては
ほとんど知識ないんだけど
夜行性の生活送ってたら、マーケット情報掴んだりするのが
出来ないのではなかろうかと……。
それとも外国の市場なのかしら??(それも良く解らん)
銘柄チェックするのに、新聞じゃなくてネットだけで
情報拾っているのかなぁ。
日経読んでるタクミとか想像つかないけど、
でも、情報仕入れるのに必須なのではないかと思う。

キャラクター説明では「不良等のグレーな世界に通じている」とか
ありましたけど、あんまりそういう描写がなかったような。
序盤でクラブに行った時とかは、ちょっとそれっぽいのは
あったようななかったような。


主人公と接することで、タクミが変わったことはあったのかなぁ。
ミカちゃんのことは最初からブレなかったし。
ただまあ、タクミのことを思って
「お兄ちゃんだとなぜ言わないのか、言ってはいけないのか!?」と
ミカちゃんの養父母にまで詰め寄ったことは
彼の心には響いたんでしょうけれど、
うーん、それだけのような。

タクミというキャラクターは好きなんだけど、
シナリオは結構どうでもいいかなぁ、なんて思っちゃいました。

関連記事
スポンサーサイト
ストームラバートラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。