--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'10.13.Wed

デュラララ!!3way standoff:フルコンプ

PSPソフト『デュラララ!!3way standoff』公式サイト

デュラララ!!3way stand off(通常版)(特典なし)
アスキー・メディアワークス (2010-09-22)
売り上げランキング: 1334


実は(?)通常版を予約して、発売日からプレイしていました。
アニメでしか見ていなかったのですが、デュラララが好きで!
あの時間帯枠のアニメで、PSPゲーム、オリジナル主人公ということで
コードギアスのロスカラを思い出しましたが、
制作会社は全く別。
あれはシナリオは面白かったけれど、システム極悪で……。
オリジナル主人公がすごく好きでした。

と、それはさておき、プレイしたわけですが、
うん、良くも悪くもキャラゲーでした。
とりあえず、シナリオについてのネタバレなしでの感想を。
(ネタバレありは追記にて)


主人公の三好吉宗くん、ボイスなしかーと思っていたら、喋りません。
なんというか、ドラクエ主人公を思い出しました。
行動が全て主人公一人称でのト書きで表現されるので。
(「なんと、宝箱はミミックだった!」みたいな)

無口キャラということらしいのですが、結構行動的で、
フレンドシップイベントを重ねていくごとに、
他キャラと仲良くなって、なんでここまで信頼されてるんだろって程に。
ビジュアルは、おお振りの三橋くんみたいね……とか思いましたが(口元ね)。
でも、行動的な子でした。


OPムービーとEDムービーはアニメ1期の主題歌そのままで、
特にOPで初めて聞いたときはテンションが上がりました!

あと、チャット。
1周目はボイスなしなんですが、一度クリアして2周目からは
それぞれの中の人が声当ててます。これまたテンション上がるぅ~!
特にセルティが宇宙人の話するときの((((((((;゚Д゚))))))))な怯えようは
すごく楽しかったです。
だけど、主人公のヨシヨシが発言殆ど無くて。
チャットに入室しました、だけで、後はみんなの話を聞くだけって
そんなROM専、ひどすぎるだろ……。
その辺はちょっと不満です。

ともあれ、アニメ→ゲームの雰囲気作りはすごくいいなーと思いました。


システム周りは、先のギアスロスカラに比べたら、
ちゃんとオートリードもあるしスキップもありますが(ロスカラは選べなかった)
スキップは押している間だけの全スキップなので
未読があってもすっ飛ばしちゃいます。
まあ、履歴からの再生いけますけど。

オートリードは快適です。
たいがいのゲームはオートリードの速さとかをわざわざ設定しないといけないですが
設定なしにほぼ快適。速すぎず、遅すぎず。

セーブは1日の行動が終わるたびにセレクトになります。
だけど、何の行動選択が無い日もわざわざ訊かれるのでちょいと面倒。
クイックセーブロードがあればなぁ。
3周目あたりでは、お目当てのキャラと効率よくイベントを起こせるように
セーブして調整したりしてました。
(話しかけて1ターン消費しても、イベント発生しないこともあるので)
なので、セーブに対してはちょっと不満。


シナリオは、基本シナリオがあって、
ダラーズ/黄巾賊/罪歌の3つのルートに
序盤の情報収集をどのルートでMAXで終わらせるかによって
途中から分岐していきますが、基本シナリオは変わらずです。
なので、ボリュームは少ないかも。

フレンドシップイベントはすごく楽しいです!
こんなに彼らと話せるなんて~って感じで。
シズちゃんやドタチンは弟分として可愛がってくれるし、
遊馬崎・狩沢の二次元オタクコンビと話してると楽しいし
(しかしなんで渡草ルートがない! 一緒にルリちゃん追いかけようよ)
セルティには新羅が付いてくるから、新羅には嫉妬されてるし、
臨也はいつもどおり胡散臭いし。
サイモンは、むしろサイモン&デニス(寿司屋の主人)ルートだったなぁ。
デニスさんもいい人だった。
そして来良の3人とは、個別に遊びに行ったりして楽しかったけれど、
某キャラのルートのED(というか最終フレンドシップイベント)みたいに、
4人で仲良くワイワイやってるルートもあったら良かったのになぁ。
普通にイベントが積み重ねになるだけで、
シズちゃんとも臨也とも仲良くなってたらこんなイベントが~的な
分岐もさっぱり無かったです。
そういうところではやっぱりボリュームは薄いと思います。
もうちょっと頑張ってくれていたらなぁ。


ちなみに、ルートは黄巾賊→ダラーズ→罪歌で3周、
フレンドシップでクリアしたのは
1周目:ドタチン、臨也、オリキャラヒロイン
2周目:シズちゃん、サイモン、セルティ&新羅、狩沢&遊馬崎、
3周目:帝人、杏里、紀田くん
だったと思います。



そんなこんなで、個人的評価としては★★★☆☆ってとこです。
キャラゲー要素だけで成り立ってる。
ちょっと甘いかな?
でも、ウザかわいい紀田くんと、シズちゃんの低音ボイスを聞けたので
満足満足。ゆまっちもいっぱいしゃべってたし~。


さて、ネタバレ感想は以下から。





オリキャラヒロインを最初のルートでクリアしながらプレイしたわけですが、
彼女を追いかけてたら、偽黒ライダーが千晶だってバレバレ……。
その辺がちょっとがっかりでした。
後回しにするべきだったか!?

紀田くんはフレンドシップイベントでも
黄巾賊のトップだってことを明かすことは無かったんですが
そしたら黄巾賊入ってて、それでルートイベント全てが終了したのに
フレンドシップイベントで「実はケンカとかする方でさ」みたいな発言は
「???」になるのかしらとか、罪歌ルートで紀田くんイベントを見たので
疑問に思いました。
かといって、黄巾賊ルートだったら~みたいな分岐はなさそうだしなぁ。
黄巾賊ルートで爆弾処理済んだ翌日に学校に行っても、いつもの
「大ニュース大ニュース!」みたいな紀田くんで
あれれ、と腰砕けだったわけですが。

杏里はルートに乗るあたりで罪歌を宿していると告白されるし、
帝人も最後の別れで、どうやらダラーズのリーダーでは?と
ヨシヨシがわかったような描写が入っているし、
紀田くんだけ、フレンドシップイベントで裏の顔が分からなかったなー。

杏里のEDは4人でワイワイお鍋囲んでて楽しそうだったし、
帝人の池袋の人たちが成田エクスプレスに手を振ってくれるってのも
ちょっとほろっと泣きそうになりました。

ホント、もっとやり込み甲斐があればなぁ、と思います。
楽しかったけどね!
関連記事
スポンサーサイト
その他一般トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。