--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'11.24.Wed

雅恋:開始

久しぶりのフラゲです。しかも2日も早いとか、それが休日とか。
テンション上がらずにはいられない!
そんなわけで、恋愛番長はまだ1人1EDしか見ていないのに
雅恋に乗り換えです。落ち着いたらまた。


では、いつものごとく、初回プレイ時のシステム関係の感想など。
(ネタバレない範囲で)



オードリードがあるのですが、
最近、選択肢を選んだり、メニュー画面に進んだりしたら
リセットされていたものも多かったのですが、
これはずーっと保持されてます。
これが思ってる以上に快適。
ただ、オードリードのオンオフ切り替えは
メニュー画面内でやらないといけないので、
途中でオフにするとか出来ないっぽい。
でもオフにする必要ってあまりないかも。
止めたいときはメニューなり履歴なりを表示させればいいので。

通常セーブロードは、選択肢が出ている状態でも可能です。
セーブはメモステ直接ではなく、ゲーム専用のセーブメニューですが
50個あるので問題ないかと。
セーブメニューで表示されるのは、
イベント名と保存日時のみです。
ゲーム中では「○日目」とかで日付が変わる際に表示されますが
その何日目かという表示がないので、
後で分岐させる際にはちょっと不便なのかもしれません。

QセーブロードはLRボタンです。
バトルは1回経験しましたが、
結構容赦なく負けそうになるので
Qセーブロードのお世話になりました。
2択なのに、なんて引きが悪いの私っ!

強制スキップは□ボタン押しっぱなし。
実はプレイしている途中でPSP落としてしまい、
数時間分のノンセーブのデータがパーになりましたので
□ボタンじーっと押しっぱなしで進めました。
こういう時には「押してる間適用」のシステムは辛いね……。
まあ、通常は△を押せば解除になる既読スキップがあるので
問題はないと思いますが。

メディアインストールはありません。
恋愛番長みたいにテキストとボイスのタイムラグが大きいという
こともないので、普通に読めていますが、
○を押してもすぐにはメッセージを次に送れない時があって
(主人公テキストとか。常にではないです)
それはちょっとイラっとします。

メッセージ送りは最速にしていますが、
ちょっと遅いかなと思います。
主人公テキストはもうちょっと早く進めるのとかほしかったなぁ。

ボイスは主要キャラ・サブキャラはフルボイスですが、
モブキャラはボイス無しです。ちょっと残念。

立ち絵は、昼の姿と、夜の姿だけでなく、
後ろ姿もあったりして、結構バージョンが多いです。
背中だけのと、ちょっと表情が見えているのと。
確認している限りでは、仕事寮メンバー(緑川ボイスの弐号含む!)、
道満にもありました。
というか、弐号はテキストウィンドウにしばしば隠れちゃうのが残念。

フォント変更が出来ます。
私は2つ目の明朝体に変更しました。
デフォルトは丸ゴシック。


ちょっと主観が入る点ですが、主人公テキストについてです。

主人公テキストとしては多めなのではないかと思います。
しかも、単純な「心の声」ではなく、
相手の見た目・声の描写等、その他情景描写などが
結構丁寧に書かれているなと思ってます。
ゲームというより、小説っぽいかな?


選択肢は少なめです。
今4日目なのですが、最速オードリードでプレイ時間は
既に4,5時間くらいは経ってると思います。
なにせ、セーブでプレイ時間数でないから分からない。
それで、これまでで10個あったかなー程度。
そして、4日目にはいってようやく「誰と一緒に行動するか」
的なのが初めて出ました。
それまでの選択肢では、誰の好感度が上がってるかとか
よくわからない。
というよりそもそも、よくある好感度確認画面がない。
うまく分岐できるのかちょっと心配です。

CGはそれなりにあるのではないかと。
差分CGも多そうです。
が、まだルートに入ってないのでなんとも言えない。

擬似平安時代の京都というだけに、
糺の森とか神泉苑とか、遥かでもよく見たことがある地名が。
ただ、天皇制ではなくそれに該当するのが天照皇(てんしょうおう?)、
東宮が皇太子みたいです。

主人公の名前はデフォ名あり、変更可ですが、
デフォ名でも呼んでもらえません。
というか、テキストにも今のところ表示されないので、問題なし。
(テキストでは名前があるのに「キミ」とか「お前」ってシステムが
 いつも違和感抱いてるだけなので)

ギャグ要員の弐号の存在は癒しです。
壱号とギャーギャーやってるのは見てて楽しい。
壱号も典型的なツンデレで、かわいいなぁ。
和泉は時々シリアスなのとか使い分けてて、きゅんとする。
ギャップ萌えか。
ライコウは和泉との主従関係での三角関係的萌えがあるといいなぁ。
源信さんは、ふしぎ○戯の某キャラに似た見た目の割に
一番の大人キャラだからか、落ち着き系のいい声井上さんです。


主人公の秘密とかも気になるので、とても楽しく読んでます。
が、2周目プレイは既読スキップの嵐か……と思うと残念です。
但し、「あらすじ」機能とかあるので、
それでちょっと作業感が下がるといいなとは思います。
関連記事
スポンサーサイト
雅恋トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。