--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'11.29.Mon

雅恋:源信ED

3人目は、前回壱号だったのでお仕事のコンビだった源信さん。
井上和彦さんボイスがね、たまらんのよ……。
見た目は某ふし○遊戯の某な人みたいで、
いい人なお兄さんなのだけど、声がセクシー。
目をつむれば某橘少将が浮かんでくるわ。
そんな声色。

ライバルはやはり三宅健太さんボイスの南蛮さんでした。
彼についてのネタバレは後ほどとして、
バトルの激しい声がかっこいいわぁ。

彼のルートはちょっと傍観者的でしたかね。
ともあれ、感想は後ほど。

あ、晴明ルートで3枚目のCGが出なかったといいましたが、
多分このルートで開きました。
戦いで五芒星を切る絵で、カットインでは表示されていたものの
CGとしては出ていなかったみたいです。

改めまして、ネタバレ感想を。











・源信ED

ルートに入って、自由行動の日のイベントで
いきなり彼の秘密についてがバレました。
「さとりという妖怪について」話してくれたけど、
源信の裏の通り名が既に「さとりめ」じゃないか……。
後で思えば、晴明の「蒼き天狐」もだけど。
ていうか、安倍晴明についての多少の知識があったら
それも想定内なんでしょうけどねー。
私、映画の陰陽師とかも全然見たことなかったんで。

人の心を見透かす能力があるということで、
迫害を受けた「さとり」という妖怪について語ったものの
実は自分も同じ能力があって(人間だけど)
迫害を受けていた……という源信さん。
最後に街の人からも受け入れられたシーンでは
泣きそうになりました。良かったね!
てっきりこのまま都を去るものと思ってたからなぁ。

それと、ライバルとして戦ってきた南蛮も同じ能力があって、
負けたのに止めを刺されないからと自ら命を絶とうとしたところで
泣きそうになりました。
しかも実はもう死んでいて、まさに最後は殺された「さとり」と
同じだったってところも、涙腺うるうる。
南蛮さん……。

晴明ルートでも、道満は晴明と似ている、晴明が少し道を外せば
道満だったというような描写がありましたが、
この源信と南蛮も同じような関係でしたね。

で、南蛮はこれで死者だったと言うことがわかりましたけど、
東夷じいちゃんもそうだった?
見逃したかな。それとも道満ルートで明らかになるとかかな??

キスシーンは2度ほどあったのに、CGにならず。
なんでだよ……。

南蛮とのバトルの後、また地返しの大石前で戦いに加わるのかと思えば
源信の出番はこれで終了。
えっ!?て感じ。
晴明→壱号→源信と来たので、だんだんとバトル回数が
減ってきている気がしてしましました。

南蛮との戦いの中で、主人公の勾玉の力で(?)
源信の力がさらに向上、熱いなー。
今回の主人公さんは役目があったって感じですね。
まあ、その場にいただけだけど。

パワーアップ(覚醒)した源信は、人の心が読めるだけでなく
未来視の能力が備わって、その力により
「戦いにいかなくても、晴明や和泉が何とかする」
みたいなことが読めたよ、ってことで
あっさり戦線離脱してしまったわけで、
なんかほんと、あっさり。びっくりした。

だけど、まなび屋で二人で子供たちを教えていくのが
参号の新しい生きていく理由というのは
なんだか平和なエピローグだったなーと思います。
先生キャラはこういうの、いいよね。

関連記事
スポンサーサイト
雅恋トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。