--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'12.10.Fri

雅恋:和泉ED

優雅だけど食えない感じのキレ者キャラ。
結構好みだったので最後のほうまで取っておきました。
(最後は黒幕道満で締めたかったので、その1つ手前)

で、クリア後ひき続いて道満もプレイし、
回想回収とかしたりで時間が再びあいてしまい
感想としては薄めになりますが……。

ルートに入る前よりも、共通ルートでみんなを率いてるほうが
好きだったかなー。
キャラとしては好きなんですが、
ライコウルートと被ってしまったので
どうしても印象が薄くなってしまって。
それが残念でした。


ネタバレ感想以下より。











・和泉ED

先にも書きましたが、個別ルートに入ったのに
ライコウとの共通イベントが多かったのは
なんとなく個別ルートのボリュームが減った感じがして残念でした。
というか、やっぱ主従でいる二人が好きなのかしらね、私。

沙汰衆襲撃で身代わりになったのは、ヒトガタだったんですね。紙切れ。
綺麗にお片づけできてよかった。

北狄さんは頼子ちゃんと合流したときにもうやっつけてたのかと思ったら
地返しの大石までやってきましたね。
他の沙汰衆メンバーはここまで来なかったので、
ちょっと意外な展開。

エピローグで、皇になったけど后として参号を受け入れたいとか、
その後どうなったのかがすごく気になります……。
身分をわきまえた良識的な参号に対して、
和泉は強引だったなぁ。
そんな強引なところもいい!
関連記事
スポンサーサイト
雅恋トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。