--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'12.26.Sun

うたプリAA:開始~音也恋愛ED

うたの☆プリンスさまっ♪-Amazing Aria-
楽しみにしていたうたプリのFD第1弾です。
楽しみにしていたのに、発売日当日の夜になってもショップからの配送メールは来ないし
当日夕方に宅配便最寄り店から一旦配達に出ていたのに
配達されずに持ち帰られてたとかトラブルもありましたが……ぐぬぬぬぬっ!
ともあれ開始しました!
で、まずは1周クリア。

システムは以前と同様で快適ですね。
さらに、プレイ中にパラメータ確認などのためにメニュー画面に入ったりしたら
一度BGMがリセットされて最初からになっちゃうとか、
微妙に残念なところがあったのが改善されてたり、
「メモリアル」としてキーワードゲットしたら
男子視点のSSが読めるとか、なかなか面白い。
SSは思ったより長いのもあって、
音也ルートではトキヤとかSクラスメンバーの出番があったりと
なかなか楽しかったです。

うたプリ無印本編の時は12ヶ月で12回のミニゲームがありましたが、
今回はリズムレッスン1回+演奏レッスン3回の計4回。
前回は4月5月……というようにチャプターセレクト出来ましたが
今回はエピソード1~4という感じです。
音也クリア→真斗始めたばかりという状況ですが、
みんな卒業後1ヶ月のお話なのかな?
EDも前回同様に、最終評価に応じて大恋愛・恋愛・友情の3パターンのようです。
って、ここへ来て友情エンド……?

今回もプレイ前に演奏曲であるハッピーラブソングシリーズは
全て聞いていたので、むしろ全て聞き込んでいたので
初めて演奏レッスンでボーカル無しバージョンを聞いたときは
ちょっと拍子抜けしてしまいました。
元々音ゲー部分はそんなに得意ではない上に
しばらくうたプリ演奏試験から遠ざかっていたので
ところどころでpoorを出しちゃうものの
とりあえず音也プレイ中は初見で全てSでした。ほっ。
クリア後にプラクティスモードでひと通りやってみたら
EasyはとりあえずS、パーフェクトは取れない。
Hardはレベル1から順にA→B→Cでした。
でも、Proモードがある分、Hardの難易度が下がってる?
音也しかやってませんが、3つ押しとかなかったような。
てか、△□の交互連打つらい。


ともあれ、システムは快適です。
BGMも素敵だし。
あ、そうそう。ブログでは全然言っていませんでしたが
うたプリの音楽担当のエレメンツガーデンの楽曲に惚れすぎて
この夏以降、結構エレガ関連の曲を聞いてます。
ちょうどこの時期に発売されたコンピレーションアルバムに
谷山紀章さんがゲスト参加されていた楽曲があったからと
それを買ったら他の曲もすごく良くて……。
見ていたアニメでは、喰霊-零-やCANAANもだったみたいで
そのイメージソングアルバムとか、飛蘭さんのCDとか色々聞きました。
うふふ、エレガ充。


ただ、FDなのでボリュームは少ないかなぁ。
この記事を書きながら2人目の真斗をプレイして
記事書いてる途中で年賀状作成しはじめたりしたら
いつの間にか真斗もクリアしてた……。
ただ、ED数3つあるし、選択肢によって取れるメモリアルが違うし
既読率100%にしようとしたり
何よりプラクティスモードの音ゲーしたりで
楽しめる要素はいっぱいです。
とりあえずひと通りキャラごとに1つのED迎えて
光男を迎えにいこうと思います。




では、音也ルートのネタバレ感想は以下から。








・音也恋愛ED

パラメータ確認せずに選択肢直感でプレイすることにしたのですが、
今回は恋愛EDでした。大恋愛にはならず。
恋愛EDだったけど、エピローグ部分甘い!
甘いっていうか濃密?
キスがっ、キスがっっ!!
ただ、「音也くんはえっちです」とかいう春歌ちゃんに「えっ?」
となりました。えっちとかそんなん言う子だったのか……。

アイドルになるからには、周りに交際していることをバレてはいけないと
無印本編のどのキャラのEDでも言われていたことですが、
無印本編であれだけ「春歌のことが好き」と自分の気持ちを隠さず
みんなに公言していたまっすぐな音也が
ファンの嫉妬から彼女を守るためにも「嘘」をついていく苦しさと、
セシルに言われて「考えて歌う」ことをしたために
心がこもらずにスランプになるという2点が話の中心でした。

ファンを1万人集めるためにと、二人三脚で頑張っている様子が
本編同様に良かったですね。
春歌ちゃんが作曲家として音楽がとても好きで
真摯に向き合っている様子は前回と変わらずで
(そういうところがこのゲームの好きなとこでもあります)
それにプラスして、今回は最初から相手のことも好きで。
音也のまっすぐな気持ちに応えようと
頑張って恋愛に対して積極的になろうとする春歌ちゃんが
すごく健気で可愛かったです。
最初に浜辺に行ったときに「頑張れ、わたし!」と
自分で励まして、すごく頑張っているところには
なんかうるっときました。

序盤でまさやん・なっちゃん・トモちゃんも一緒に
Aクラスメンバーでわいわいやっているシーンは
なかなかに楽しかったですねぇ。
トモちゃんは相変わらず男っぽくて好きよ。
誰のルートにも入らない、もしくは
キャラの友情EDにもならないくらいの好感度の
トモちゃん友情EDも欲しかったくらいなのに。
無印本編のセシルルートで居なくなってたときにはかなりしょんぼりでした。
そんなトモちゃん、さすがにSSの時にはいないのかしら?
関連記事
スポンサーサイト
うたプリトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。