--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2010'12.29.Wed

うたプリAA:那月恋愛ED

これで4周目4人目のクリアなんですが、
選択肢振り返らずに直感でプレイしていたら、
見事に最終A評価恋愛エンドばっかり。Oh...

これまでうたプリは、「どのキャラが好き?」と聞かれても
「みんな好き!」って言っちゃうくらい、
飛び抜けて好きなキャラがいない、だけど作品全体としても好きという
私の中では稀有な作品だったんですが、
今回のなっちゃんルートをプレイして、
なっちゃんが頭ひとつ抜けてきたって感じです。

ともあれネタバレ感想を。
なんか、プレイ前に思ってた展開と全く違ってたのよね。







・那月恋愛ED

「プレイ前に思っていた」ってのは、
またさっちゃんが出てきて云々だと思ってたんですよ。
ハピソンは全部買っていたので、
「真の勇気手に入れたい」
「変わることで認めさせたい」
このあたりの歌詞を見て、
「あー、さっちゃんに認めさせたいのね」だとばかり。
そしたらもう、うっうっ……!!
チャプター2と3で泣きそうでした。
泣かなかったのは電車の中でプレイしてたから。
多分家だとボロ泣きだったと思う、特にチャプター2の
砂月のふりした那月のあたり。

他ルートだと絶対に出てこない、なっちゃんのシリアスシーンも
CVである谷山紀章さんの演技が良くて、
さらにきーやんにハマった次第です、ハイ。
ほんわかぽわぽわのなっちゃん演技を聞いてると
きーやんに結びつかないwwwなんて、常々思っていたわけですが
シリアスシーンだとやっぱきーやんて感じですよねー。
ちょっぴり月森っぽくて。
でも、ほんわかぽわぽわで、翔ちゃんやハルちゃんぎゅ~!な
なっちゃん演技も好きです。

これまでの4キャラでは、他キャラは嫉妬対象だったのですが、
今回の聖川様は、ちょっと立ち位置違うかな?
すぐに砂月が那月の演技だと気づいた観察力すごい。
やっぱり演技を勉強しているからかな?
たしかに嫉妬するようなシーンもありますが、
ドラマのプロデューサーと同列で、他の男だからイヤ!みたいな。
このまさやんも、他キャラルート以上に「友達として」なところが
すっごく見えて、ホントにいいなぁうたプリ!と思いました。

しかし、「俺が迫る演技をするから」ってところで、
無印本編で春歌ちゃんに嫌われようと演技で悪い男を演じて
迫った感じの再来かと思って、ワクワクしました!
違ったか……。

なっちゃんも悩みは2つで、強くなりたい・変わりたい思いと、
自分の弾きたい音を見つけること。
ただ、前者の悩みが胸に突き刺さりすぎて、
後者(チャプター4)は、私の中ではサラッと流してしまったかなぁ。
結局抽象的で分かりづらいものでもあるし。
だけど、曲に向かい合うために一度別れることにしたってのは
なかなかドラマチックで素敵でした。

そうして出来上がったハピソンの「アンドロメダにクチヅケを」ですが、
こうしてAAをプレイしてみると「那月の歌」って感じに聞こえてきますね。
むしろオーディションソングのが、AA冒頭であったように
「さっちゃんが熱唱していたみたい」な感じ。
いや、もう既にさっちゃんはいなかったわけですが。

ともあれ、砂月が出てくるおはなしかとわくわくしていたら、
結局全く出てこなかったのに、すごく満足できたおはなしでした。
無印本編で「なっちゃんよりむしろさっちゃんのが好き!」とか
思っちゃってごめんなさい。
すごく、こんなにメンタル弱い、弱かったなっちゃんが大好きです。
私、普段何でもなさそうに見えて、実はメンタル弱いってキャラ
好きだよなーとか思った。
いや、中の人つながりのコルダ3東金はそうでもないけど。

なっちゃんだからか、結構ちゅっちゅしていることも多くて
糖度もあってごちそうさま。
関連記事
スポンサーサイト
うたプリトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。