--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'03.30.Wed

金色のコルダ2f:初回プレイ+全股がけプレイ(2周目)

唐突ですが、コルダ2fやってました。
遙か5を終わらせてからすぐに取り掛かったんで、
かれこれ1ヶ月弱くらいはしてますけどねー。
ちなみにPS2版はやってました。
これも取り掛かりが遅くて、実際やってたのは2007年みたいですけどねー。
PS2版プレイ時は12月で、ゲーム内時間と一緒になって
ニヤニヤ楽しくプレイしていたのを思い出しました。

ちなみに、最萌えは月森くんです。
多分アニメ見てから。
そしてそこからきーやんファン。

発売からずいぶん経っているソフトなので
ネタバレ考慮せず、つらつら感想書いていきますねー。



さて、初回プレイは攻略サイトとか何も見ずに、適当にプレイ。
なにせPS2版の記憶かなり薄れているから。
頑張って普通モードにしました。
最初のアンサンブルメンバーにあえて月森を外していたところ
やっぱり彼のアンサンブル入れが大変で……!
とまあ、なんだかんだやってましたら、
連鎖ルート消滅して(留学の話聞かなかったからね)
通常ルートだけのEDでした。
あと、土浦、火原先輩、ギリギリセーフで間に合った志水くん。
そしてフラグ折らなかった王崎先輩。

PS2版の時、文化祭のバンド演奏があったのは2周目以降だと思ってたら
どうやら「ふつう」以上でプレイすることが条件だったみたいですねー。
それともPSP版になって条件変わったのかな?

ともあれ、サラッとクリア。


そして2周目はED取れなかったキャラを狙うために「やさしい」で。
と思ってたら、やっぱり月森は構いたいし
(だから初期メンバーに月森入れて)
そしたら連鎖ルートの月森も見たいし、
あれれ、結構他のキャラも釣れるぞ?と思って
(初期メンバーだった志水くんが結構上がり早かった)
文化祭前である3コン期間後半くらいから、
今回のプレイでは狙うつもりなかった土浦・火原を構い始めて
さすがに文化祭ワルツでは間に合わなかったものの、
4コン期間でリボンぐるぐる森の広場練習してたら
何とか全員達成しました。
危なかったのは金やん。でも終了5日前で最終段階いけたけど。
結果的には男子のアンサンブルメンバーたちは全員親密度1000。

いやー、やっぱり全員同時攻略は達成感あるね!
だけど、コルダ3の方がスケジュール細かくて
○日までに親密度いくらとかいう人が多かったから
あっちのが大変だった気がします。
スケジュール管理的に。
逆に言えば、今回くらいの設定のが
攻略情報とか見ずに自力で頑張れそうな気がします。
今回お世話になったのは、
・衛藤のイベント発生条件
・好感度上がる選択肢確認
・CG発生イベントの確認
そんなところでしたし。
ゲームとしてのバランスは今回くらいがちょうどいいかなぁ。
コルダ3は「むずかしい」でも「やさしい」でも
イベントに違いがないから、
12人股掛け終わったらやることなくなってしまったし。
あと、おまけ収録のイベントが全てではないから、
達成目標が見えづらい。
といいつつ、コルダ2f、おまけ全コンプまでは
手が回らなさそうな気がします。
もう少し回収できそうなイベント取ったら
アンコールに移ろうかな。




最愛月森は、やっぱり初期イベントの
「ワーグナーは知っているだろうか」なイベントで
自分の言葉が伝わりにくいと思ったのか
小声で「いや、そうではなくて」と言っているところで
やっぱり落ちたね。私が恋に。
なんなのもうかわいすぎるだろ!!
月森のほほえみ顔がいちいち可愛くてキュンキュンします。

あと、3段階くらいで、天羽さんにインタビューされて
迷惑がっていたのに、コンサートの前評判がイマイチと聞いて
しょんぼりする日野さんを目の当たりにして
驚き顔になってから、コンサートの宣伝になるならと
やっぱりインタビューを受けてあげるところなんて
くわー!ってなりました。
なにこれ可愛い。
あの驚き顔がたまらない。


そしてもうひとりキュンキュンしたのが冬海ちゃん。
冬海ちゃんも可愛いけど、彼女のイベントが
主人公さんとだけの関わりで成立した友情イベントではなく
アンサンブルメンバーみんなが関わっているっていうのが
なんともいいですねぇ。THE青春☆
乙女ゲーでは女子との友情イベントも結構好きなんですが
これは個と個の友情だけではなかったところが
とても好きです。
「冬海さんなら乗り越えられる」とか、
いつもの姿勢を崩さない優しさを見せる月森が
やっぱり好き。


加地くんは今回しっかり育てて、
ちゃんと最高レベルのルスランとリュドミラも弾けるように。
むしろ、途中まで攻略するつもりじゃなかった火原先輩が
弾ける楽譜与えてなかったみたいで、
4コン中盤辺りで特訓の必要が出てきました。
そんな加地くんの台詞でぐっときたのが
「僕の好きなものを、全部君にあげる」でした。
爽やかだけど、ヤンデレ化しそうよね、彼。
好きです。


志水くんは好感度上がるに従い
笑顔をよく見せてくれるようになりますけど、
その笑顔が、瞳が輝いて見えて、志水くんマジ天使。
ネオロマの立ち絵はレベルが高くて好きです。


火原先輩は、1周目の時に連鎖ルートだったので
CMに対する悩みをずっと引きずってたのを見たのに、
今回は1つのイベントでサラッと
「CM出たんだって」「この話は終わり!」
で完結しちゃってて、あれー、だった。
だけど、日野ちゃんの髪についたゴミを取ってあげるイベントで
「おれのと違ってさらさらだし、いい香りもするし
なんかドキドキした」
とか、わーっと言っちゃう火原先輩にこっちがドキドキしたわ!
もうこの人、なんでこんなことポロッと言っちゃうの?
そして後で照れてアワアワしちゃうの?
可愛くてたまらんじゃないか!


柚木先輩、土浦については、
今回のプレイで特にこれーということはなかったかな。
ああ、文化祭追加イベントの「パーティー参加」の柚木先輩は
笑顔振りまきCGなのに、日野ちゃんに覚えてろよと言ってたり、
同じく追加イベントのダーツの土浦は
やけに眉毛が凛々しく見えたりとか。


はっ、肝心の追加キャラのことを語ってなかった。
衛藤くんかわいいなあ!
私、未だにこの人が冥加と同じ声って、繋がらない。
声優さんってすごいなぁと改めて。
「音楽で順位を競うこと」について見ていると
コルダ3をやりたくなりますねー。
コルダ3やった当時は衛藤くんのこと知らなかったし。



語っている内容に偏りがありますが、
コルダはホント、好きだなーと改めて思いました。
なにせゲームバランスがいい。
やり込み要素があるのがいいですねー。
最近読みゲーが多かったので、
久々に「ゲーム」を楽しめた作品でした。
関連記事
スポンサーサイト
金色のコルダトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。