--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'05.09.Mon

あさき、ゆめみしPSP:初回プレイ感想

PC版からの移植ですが、PC版未プレイです。
購入の決め手は谷山さんですかね。いつものことでごめんなさい。
いやでも、伝奇物ってことでそういう設定のは結構好きなので
単にキャストだけじゃないですよ、言い訳。

今回は効率よくプレイするために、
PC版の攻略サイトさんにお世話になりました。
とりあえず1キャラ(八重垣薙羽哉)クリアしましたけど、
選択肢の追加とかはなかったかな?
攻略サイトどおりにやってたらちゃんとED回収出来ました。


まずはシステム面等の感想を。


システム面イマイチ。
テキスト履歴が(音声再生も出来ますけど)
いちいちメニュー呼び出してからじゃないと出来ない。
これは私にとっての重大なマイナスポイントでした。
メニュー開くとボイスも止まりますしね。

あとは、オートリードが△ボタン、
既読スキップがRボタンなんですが、
オートになっているかが分かりづらい。
メッセージ送りアイコンが高速に点滅するだけって……。

ボイスボリュームがキャラ別に設定できるんですが、
「全員のボリュームを上げる」ってのがないんですよ。
しかも、登場したキャラしか、ボイスボリューム変更のメニューが出ない。
だいたい私がAVGやるときの設定としては、
ボイスを最大に、BGMやシステム音をやや低めに、なんですが、
おかげで1キャラずつ最初は設定していました。
が、途中から面倒になってやってなかったですけど。
まあ、それだけ違いは気にならない。



ネタバレはなしの初回プレイしての全体的な感想ですが、
主人公さんが結構凄惨にバッドED迎えます。
薙羽哉ルートでの2つ目のバッドEDだったかなー。
いやはや、あれは血みどろどころの騒ぎじゃない。
まあ、そんな赤いバッドEDは私結構好きですけどね。

シナリオは結構長かったです。
キャラの居場所(アイコンで表示されている)を追いかけていけば
ルートに入るのは簡単なので、
攻略サイトを見なくても十分なんですが、
(そして私が好きなタイプのAVG。
 例えば「本を読む」→キャラA、「出かける」→キャラBみたいな
 ぱっと見てわからない選択肢のゲームは、
 攻略サイト見ない場合はリロードしないとわからないから好きじゃない)
行動選択しなくなってからのシナリオが長かったー。
雅恋も長かったと思ったけど、これもかなり。
まあ、雅恋とは違ってこっちは攻略サイト見ながらだったので
見たサイトの表記の仕方で
○日が最後だと思ってたらまだまだ先だった……みたいなのだったので
ある意味自業自得。


主人公が結構私好みです。
主人公が好きだと、余計にそのゲームの評価上がります。
「守られているだけじゃイヤ、一緒に戦う」
そんな事を序盤から言っている退魔師さんなので
心強いことこの上なし。
ちゃんと戦えるしね!

主人公も含めて、キャラ同士の掛け合いがすごく楽しくて
それもこの作品の魅力だなと思います。
掛け合いの楽しさは、高虎と霖さんのおかげで3割増。


ただ、バトルシーンはもっと丁寧に描いてくれても良かったかなと思います。
そうしたらもっと盛り上がったのになぁ。
それこそ、雅恋のバトル描写を分けて欲しかったくらい。
(あっちはちょっと多すぎ感もあったので)


薙羽哉はクリアしたので、次は名簿順に祇王にします。
ぎおたん可愛い!

薙羽哉ルートについての感想はまた後ほど。

関連記事
スポンサーサイト
あさき、ゆめみしトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。