--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'08.04.Thu

死神と少女:4章結末、桐島七葵、千代ED(コトノハなし)

初回プレイで日生先輩EDを回収したので、
最初からやり直し、指示されたコトノハ埋める、
あれ、序章からでいいの?
という感じでプレイし始めたのですが、
(4章から開始で良かったのかな???)
ついつい選んでいない方の選択肢に進んでしまい、
また先輩からの告白勝手に断っちゃったよ!
まあ仕方がない。


ところで、2章か3章で桐島先輩の眼鏡姿を褒めたからか
日生が眼鏡かけたイベントが出てきました。
最近の乙女ゲーは眼鏡差分つけるの多いな……。


日生ルートに乗らなかったのでそのまま4章を終えて、
5章で桐島ルート。
一度桐島クリアしてコトノハ入れて5章からやり直し
→千代ルート(桐島攻略が条件かどうかは知らない)。

以下ネタバレ感想です。
やっぱりまだ現段階での感想は批判的なのでご注意ください。







・4章

偽日生がバレて逃亡するのは日生ルートと同じです。
だけど、夜に真日生の振りした偽日生が紗夜たちと接触した意味が
結局良く分からなかった。
いや、私の読み方が雑なだけなんですが。
ゼリー飲料昼食の謎は解けたけどね。

偽日生退場後、そのまま真日生も学生生活に溶け込むとかびっくりでした。
このまま真日生を攻略させてください。
日生ルートのEDじゃなく。



・桐島ED

なんというか……千代メインで最後にちょちょっと「好きだ」って言われただけで
またしてもぽかーん。
いや、付き合うようになったのはいいんだけど、
ゲームとして最後に「好きだ」→ユーザー「きゃっ///」で余韻残すつもりなのかもだけど、
私としては萌えるものが無かったです。
なんだその終わり方、みたいな。

ただ、千代が見えなくなってからの公園デート(呼び方変更)とかは
可愛かったです。
が、日生ルートだとすぐに体許しちゃうような女だよな……とか
そういう印象が残ってて、素直に胸キュンキャッキャ出来なかった。

しかし桐島先輩はいい人ですよね。
実直で厳しいけれど優しくて、武芸達者で、見えないものが見えて。
何このヒーローっぷり!

桐島・千代ルートでは、度々千代視点の回想が入りましたが、
いきなり視点が変わるから何事かと思うことがしばしば。
そう考えると、コルダの(2からだっけ?)
主人公がいない時のシーンは上下に黒いラインが入るのはわかりやすかったなぁ。



・千代ED

桐島ルートでホロリと来てたから、
千代EDって言ってもあんまり違いがなくてね。
千代は可愛くてすごく好きだけど、
これで千代EDってのはなんだかなぁ、でした。
というか桐島も桐島EDってのもなんだかなぁですが。

ああ、思い出した。
最後に千代に抱きつこうとしたら、もう透けちゃって
通り抜けちゃったってのが、
FFXと一緒でなんじゃこりゃと思ったんだった!
FFXはかなり泣けました。
ただこれを、こっちはテキストだけでやられたし、
二番煎じだったから(FFXが初出とは言わないけど)
感動できなかったというか。

あとね、千代は歳をとらないから残される、という話が
「あさき、ゆめみし」の某キャラルートみたいな、ね。
関連記事
スポンサーサイト
死神と少女トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。