--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'09.07.Wed

アムネシア:ウキョウルート感想

謎の人、不思議ちゃん。
CV:宮田幸季さんです。

宮田さんって言ったら、遥かの詩紋くん
(というか私の中では彰紋様)
の印象が強いんですが、
こういう大人キャラ初めてでした。
でも、不思議ちゃんだけどね!


では、ネタバレ感想以下からです。



他キャラルートがIFシナリオで、
ウキョウルートが正史シナリオ(というのかな?)みたいですが、
うーん、うーん。
きれいに収束できているわけじゃないんだよなぁ……。
終盤で「世界が主人公を殺しにかかっている」
ということで、色んな事故未遂が発生するのがギャグみたいで
オイオイオイ的な。


某作品と比較したいと思うのですが、
あちらは無理なく死ぬんですよね。
その世界線の中で世界にきっちり殺される。
だから何度も何度も繰り返して。

だけど、ウキョウルートでは死を回避でき過ぎていて違和感しか残らず。
結局ニールにウキョウが生かしてもららった的なのも、ご都合だなー。
俺に近づいたらダメだと言いながら、
そういう時にはブラックウキョウはあんまり出てこないし。
ブラックウキョウは単なる狂人なだけで、
ここにエロさというか、偏った愛があればよかったのになぁとか思います。

「心の底からお前を愛していたぜ」エンドとか。
単に殺されただけだったしね……。

「また次の世界で殺しあおうぜ」エンドは、
主人公が一方的に殺されるだけで
別にウキョウを手にかけるわけじゃないのに「殺し合い」か、って。
むしろ、ウキョウを殺すバッドエンドが欲しかったです。
別の世界にはニールの力がなくて飛べないし、
時間を巻き戻す事もできない。
今度こそループしないウキョウにとっての死、
それを主人公からの手向けにしてやりたかったの。
ある意味ハッピーエンドなバッドエンド、そういうのが好きなもので。
いやもうホント、ご都合エンド過ぎて……。


他キャラルートでさんざん「夏なのに寒い寒い」とあって
その謎も解けたような、よくわからないような……。

色んな事故死EDが多かったですが、
ケントのバッドエンドみたいな演出があれば
もっと良かったのになと思います。


納涼祭(?)にみんなで行くイベントは楽しかったです。
まさかここで、シンとトーマルートで回収できてなかった
アイキャッチが取れるとは思ってなかったですけどねー。


というわけで、ウキョウシナリオはあまり好きでは無かったです。
が、メイン4人のバイト服姿勢ぞろいのシーンは、
迷わずスクリーンショット撮った!
関連記事
スポンサーサイト
アムネシアトラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

匿名さん

はじめまして。乙女ゲームの感想ちらほら読ませていただいてますが…こちらシュタゲのネタバレがありますね。まさかアムネシアの感想読んでてシュタゲネタが出てくるとは思いませんでした。未プレイなので些細な情報も入れたくなかったのにちょっとショックです…。

2013/08/24(土) 15:25:11 | URL | [ 編集]

イズミ

コメント承認及び返信、遅くなりまして申し訳ありません。
見逃していました。

そして他作品のネタバレの件、ご指摘ありがとうございます。
そうですね、配慮が足りませんでした。
本文修正させていただきました。

ご覧頂いたのに不愉快な思いをさせてしまい、大変申し訳ありませんでした。
また良ければ、お越しくださいませ。

2013/09/14(土) 00:05:36 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。