--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'10.22.Sat

CLOCK ZERO PSP版:初回プレイ、理一郎クリア

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable

PS2版からの移植ですが、私はPSP版からのプレイになります。
プレイ前にあまり情報を仕入れていなくて、キャストもあまり把握していないというような状態。
そんな中でプレイしたのですが、オススメプレイ順だけは教えてもらって

理一郎→終夜→寅之助→円→鷹斗

の順でプレイすることにしました。
実際、理一郎をプレイすると、確かにこの順でプレイしたくなりましたね。

プレイにあたっては、いつもお世話になっている更紗さんの攻略情報を参考にさせて頂きました。
PS2版と違って、スペシャル課題が途中で出ましたが、PS2版の攻略情報だけで問題なかったです。


とりあえず、理一郎ルートをバッド2つ回収しながら、
残留エンド、帰還エンドと回収していったのですが、
ベストエンドはどっちってわけでもないんですかね?
主人公さん本人は帰りたがっていたから、帰還EDを残したのですが
確かにイベント途中でボーカル曲が鳴ったりして、ベストっぽい感じ??
でも、エピローグに入る前はある意味バッドなのかと思うようなテキストでした。
まあ、どっちもどっちだよな、うん……。


次の新作ゲームとして「神なる君と」を優先させたいので
(リメイクより新作のワクワク感が先立つので!)
一旦理一郎クリアした段階でプレイは止めますが、
早く他キャラもプレイしたいなーと感じているところです。


まずは、初回プレイのシステム面等での感想です。
色々文句言っているような感じですが、
ストーリーは気になっているので、満足度は高いです。

システム周りはここ最近、アムネシア、猛獣使いに続いて
同じデザインファクトリー制作なので同様システムで、
そんなに困らないシステムなのですが、
メニュー画面にキャラ紹介と合わせて好感度が表示されるのがいいですね。
わかりやすい。

けれど、ルートに入るために課題のパートナーやら下校やら、
夢パートの行き先を選ぶのやらが「見える形」の選択肢なので
あまり意味が無いような……?
メインじゃないキャラには有用なのかな?
なんて、攻略情報見ながらなので苦労も何もないんですが。

小学6年生なので、男性キャストがそのままなのは、まあ許容出来るとして、
更にその何年か前の回想は、さすがに無理があったような気がします。

下校時やら、帰宅後やら、全く同じ、しかも結構長いテキストが繰り返されたのは
正直かなり萎えました。
もっと機械的にするか、日によって変えてみたら良かったのに。

放浪者とか反逆者って名前は、理一郎ルートだったからかもしれませんが
全くゲーム本編には出てこず、普通に名乗ってくれていたので拍子抜けでした。

課題の文字入力は、カタカナでいいよとか言われているのに
文字入力が名前入力と同じものを使い回していて、かなり面倒でした。
何とかしろ!
まあ、2周目以降は楽になっているそうですが。

章立てですが、章によって(特に前半)ボリュームがバラバラで、
結構ボリュームがある章をプレイしている時はしんどかったです。
前半パートは日付制でも良かったんじゃないかなぁ、とか思ったり。
1ヶ月って期限もありましたしね。



では、理一郎ルートのネタバレ感想です。




・加納理一郎

鷹斗と仲良くしている主人公さんに対して、イライラしているのとか
可愛いですよねぇ。
そして鈍感主人公。

せっかく茶道エキスパートの能力があるのに、
大人パートやEDでは、そういや全くそんな方面出なかったよな、
なんて、今感想書きながら思い出しました。

大人パートは、
多分シュタインズ・ゲートプレイ/視聴された方はみんな思うんでしょうが、
オカリンですね。
何度も何度も、主人公さんが死んでいくのを目の当たりにし、
その運命を何とか変えようとしているけれども変えられない。
ただ、理一郎は撫子が好きで彼女を救おうとしたけれど、
オカリンはグランドエンド的にはまゆしぃに対する恋愛感情でというわけではないんですよね。
そこが違うなぁ、と、若干冷めて見てしまった次第。

バッドエンドにも繋がる内容ですが、
理一郎が助けたいのは「どの」撫子なのか、というのは難しいですね。
撫子は結局自分に嫉妬しているだけで。
関連記事
スポンサーサイト
CLOCK ZEROトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。