--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'10.28.Fri

神なる君と:榊鳴海クリア

主要4キャラの最後に残したのは幼馴染の鳴海です。
この子は他キャラルートでも、元々主人公さんのことを好きだったってのが
ありありに見えているキャラで、
他キャラルートではそんな彼女のことを心配していたり、
思わせぶりな台詞を残したりと、ものすごく気になっていたキャラなので
最後に残してみました。
(4人クリアしたらミコトルートが開くはず)

だけどストーリーとしても、ミコトが主に絡んでくるので
そういう面で最後に残しておいて良かったキャラかもなーとも。

このルートでは爆笑したシーンが多くて、
そんなシーンを自宅でプレイで来てよかったと思いました。
ヒーヒー笑った章があった……。

サブキャラルートはふーさんです。
弓鶴ルート、八雲ルート、亜紀ルートに絡んでる問題かな?
しかしふーさん立ち絵を見るたびに、
この季節にその服装は寒くないのかと問いただしたく。


では、ネタバレ感想を。



・榊鳴海

ヒーヒー笑ったのは、主人公が鳴海への恋心に気づいて
いざ告白しようとするシーン。
八雲兄さんの間の悪さは最強。
スーダンの首都が答えられる八雲兄さんにも脱帽。
もうほんとに、愛すべき主人公です……。

絵馬イベントで漫画家のお悩み解決したのも楽しかったです。
鳴海が珍しく燃えてて楽しかった~。
絵を描くのは苦手なのに、トーン貼りはすごいって。
このイベントのCGはもっとギャグってくれててもよかったかなと思いました。

大妖に恋をした榊家の先祖に残された呪いのせいで
神になった主人公への想いを押しとどめなければならない、
そうしなければ主人公が呪われて……と誤解していたせいで
主人公を諦めていたのに、
呪いの対象が自分だと分かるやいなや、
想いを殺さなくていいと一気に前向きになった鳴海の行動力に萌えた。

ミコトが榊家先祖から、大妖の記憶を失くさせて……というところで
弓鶴ルート、八雲ルートを思い出しました。
そういう点で、彼らのルートを済ませておいてよかったなと思います。
感慨深く思い返せるので。
そして「また同じ過ちを繰り返すのか」とミコトを責める弓鶴に
「お前が言うな!」と泣きながらツッコミ入れました。
思い出を消したことを「過ち」と思っているのに、八雲と主人公のために
主人公さんの記憶を消した八雲ルート。
そして自らのことを忘れさせた弓鶴ルート。
そもそも、これまでの数百年、ずっと周りの人間の記憶を消しながら
「過ちだ」と思っていたのなら……
うわわわわわわん、弓鶴先輩……!!!!

徐々に五感を失われていく鳴海が痛々しくて。
立ち絵でも瞳に光がなくなっていて、かわいそうでした。
ただ、あんな様子なのに、星祭りを仕切ることができたとか
ちょっと無理があるだろ的な。

序盤だったか、主人公の言葉で、「鳴海の笑顔は私にとってとても大切なもの」
みたいなのがありましたが、この二人の幼馴染関係が
すごく好きでした。


そうそう、主人公さんの進路ですが、予想通りの巫女さんでしたね。
そう考えると、弓鶴先輩の時のだけが
苓くんとの職業体験で挙がってこなかった就職先だったんだな……。


あ、最終選択肢でハッピーエンドになる方を選ばなかったルートですが
どちらかというとバッドエンドかな。
てっきり、再会して「もう一度恋に落ちる」的なのを予想したんですが
締め方がそこにまで至らないような感じだったので。
関連記事
スポンサーサイト
神なる君とトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。