--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2011'12.03.Sat

アンジェリーク魔恋の六騎士:プレイ中(辛口感想)

ごめん、クソゲーって言っていい……?
超絶合わなかったので、辛口感想です。
(まだフルコンプはしていませんが)

その前に、良かったところだけ先に書いておきます。

・主人公名前デフォルト使用でボイスあり
・イベントCGが多い(差分含め)
・選択肢によるセリフ分岐が少ないから、既読100%狙える(良くも悪くも)
 ↑既読率表示はありません
・【ネタバレ】レヴィアスと恋愛関係になるわけじゃない


現時点でプレイしたのは
騎士団ルート(1周目強制)
レヴィアス
ショナ
キーファー
カイン
ジョヴァンニ(今プレイ中)
です。


以下、ネタバレ込みの感想です。





・主人公(テレサ)

性格が嫌い。
ここまで嫌いな主人公って初めてかもしれない。
見た目は可愛い。

まず、恋愛脳。
これまで「恋愛脳だ」って他の人の感想で言われてたキャラいても
「そう?」とくらいにしか思わなかったけれど、この子はものすごい。
ショナに「僕は君が嫌いだ」と言われて(主人公を遠ざけようとしている)
「そんな風に言うなんて、私を好きって言っているみたいじゃない」と心の声。
目玉飛び出すかと思った。

ルート入ったら早い段階で攻略対象に告白するし積極的。
カインに対しては「さらっと好きって言っちゃったけどスルーされたわ」的な
がっかり感想を本人が抱く。
勇気を出して好きっていうの!じゃない。
恋愛に対して積極的な子が嫌いなわけじゃないけれど、
なんというか、この子は戦場にいるのにそんなんでいいの?みたいな。

序盤で、クッキーを振舞ったらジョヴァンニがナッツアレルギーで倒れたシーン。
みんなに疑われ始めて飛び出した。それはまだいい。
その後「もしかしたら私を陥れようとしているの? それを確かめるために戻らなきゃ!」
ぽかーんとしすぎて顎外れるかと思った。

ルノーを連れて逃げようとするひとりよがりさ。
一人で勝手に帰れ!

平兵士達になぜか気に入られる。意味が分からない。
ちょっと毅然とした態度(というほどでもない)を見せただけだよね。

一人で行っちゃダメと言われたところに勝手に行こうとする。そしてトラブル発生。
ショナにも「彼女は軽率な行動をするところがある」みたいなことを言われている。
ごもっとも。

個別ルート入ったら恋愛脳発動するけれども、
騎士団ルートだと超空気。
語り部のためにいるって感じ。
彼女いなくても話は進む。

各小隊を持つ戦闘集団に属している女子で、
恋愛対象にその小隊長がいる、
最後は敗北がストーリーとしてわかっている、という点で
なんとなく幕末恋華新選組を思い出していました。
だけど、あちらの主人公の鈴花さんはすごく好きだったのですが
この子は全然好きになれませんでした。
鈴花さんは自ら剣を持って戦う子。
だけど、テレサは単なる補給部隊。しかもその描写が薄い。
単純に、なぜか戦場にいるだけ。
そしてその都度「怖くてたまらない」とかつぶやく(カインルート終章とか)。
もう帰れよ。

あと、個別ルートのエンディングに意外性がありません。
グッドED:主人公と攻略対象生き残り
バッドED:主人公は攻略対象に生かされて死別
カインのバッドは、渡された短剣で自殺するくらいの気概がほしかった。

普通の騎士団長はともかく、参謀であるカインとキーファーに対しても
タメ口叩くのもなんか違和感がありました。
特にキーファーはですます口調ですし。

せっかく「実は封印された魔導の力がある」とかいう設定なのに、
その設定が生きてたのは騎士団ルートとその派生のレヴィアスルートだけ。
(まだ見ていないルートではあるの?)



・レヴィアス

覚醒したテレサに時空転移させられて、天レクへつながる。
その流れを見て、天レクプレイ済みの私としては
感慨深いなぁと思いました。
が、そのあと他キャラプレイしていると、
他キャラルートでも覚醒しろよと思った。



・レヴィアス父

本来はすごい力を持っていたのに、力を封じられた後遺症で
ボンクラ化して廃位になった悲劇の人。
最後にレヴィアスと戦う時に、魔導の力の封印が解けて
強力な魔導パワー発動してレヴィアスと戦って、
彼を侮っていた他の貴族や皇帝を「おおっ!?」と思わせたけれど
やっぱりレヴィアスが勝った、
……みたいなシナリオにしてあげて欲しかった。
優秀だった彼の本来の姿が結局見えてこないし、
ヴァーンの「封印がほころびかけているのか?」という描写もあったのに
何か本当に彼は報われていない。
結局レヴィアスに想いが伝わった様子はないし。
(最後の言葉にレヴィアスはちょっと動揺していたみたいだけれど
 しっかり聞こえたのかどうか分からない)

あと、ボンクラだった描写もできてない。
あのビジュアルであの声で、ボンクラさがが全然伝わらなかった。



・皇帝

若本ボイスなのに、終盤でちょっと形勢逆転されると動揺して、小物。
もっと堂々としたキャラでいて欲しかった。
非常に残念。
でも、そこに至るまでの王たる若本演技はさすがでした。
初回プレイで騎士団ルートやってても、
皇帝出てきたらテンションが上がった。



・ヨハネ

ヴァーンが放ったスパイ。
だけど、登場時と途中一度くらいゲルハルト妹に
「父役母役みたいだから、この際結婚したら?」みたいなことを
言われたシーンがあったくらいで、
最後に裏切りのシーン発動するまで、あんまり出番なかったから忘れてた。

騎士団ルートでヨハネが追い詰められた時に
普通に命乞いしてて「いや、まだ何か裏があって時間稼ぎしてるとかだよな」
とか思ってたのに、普通にやられて何コイツと思った。小物。

クロニクルモードで見たヨハネシナリオで
「可愛いお嬢さんをたらしこむのは得意中の得意」とか言ってたのに、
なんかそんな色気のあるシーン、あったっけか?
攻略対象でもないし。

クロニクルのヨハネシナリオで、テレサたちを偶然を装って助けた
「舞台裏」のシナリオがありましたが、
やられ役を頼んだならず者達に「手加減してくださいよ」って言われてて
後でゆすられたりとかしないように普通に殺すだろうなと思ってたのに、
「急所は外しておいた」とか、そういや本編やってた時に言ってたね!
もっと残忍になろうよね!



・ショナ

2周目始めて追加になったイベントで
連れ去られるテレサを見て「死を見たい……!」と
笑顔になったシーンを見て、
この人壊れてる!と嬉々として攻略対象一人目に選んだ人。

好きになった相手を殺したくなる殺人衝動があるらしいけど、
過去に手にかけたのは動物と、姉だけ(だったっけ?)。
姉みたいに殺したくないから、
恋愛脳で近づいてくるテレサを遠ざけようとしてみたけれど、
テレサが「ありのままのあなたでいいの」みたいに認めてくれたから
みたいな感じで、テレサを殺すことはなかった、みたいな解決を見せたけど、
なんだよそれでいいの、的な。
もっとその後も何度も殺そうとするみたいな葛藤を続けて欲しかった。
なんで解決したのか分からない。



・キーファー

「声も同じ」とかそんな描写がある双子の弟が
CV違う人とか、意味が分からない。
「どう聴いても違う人よね?」と思いながら
エンドロール見たけれどやっぱり別の人の名前が上がっていて
もう本当にがっかりだった。
(意訳:平田さんの演技をもっと聞けるかと思ったのに)

目的のためなら家族をを手にかけるというところを
レヴィアスと同じということにしたかったのかもしれませんが
復讐を抱くレヴィアスとは違っているのだから
本当にこの人は残忍なんだなと思いました。
ただ、空間転移で飛ばすなら、弟は殺さなくても良かったんじゃないかと思う。
それと、返り血とか血痕とかどうしたんだ。
寝たきりになった父親を貴賓室(?)に放り込んだけれど
その世話とかバレなかったのかとか。

この人は通常ルート(=中盤まで)で時々優しくなるのにきゅんとしました。
「娘、旅には慣れましたか?」とか萌えた。



・カイン

騎士団ルートで出てきた貴族のお嬢さんが過去の恋人なのかとおもいきや
(レヴィアスと同じように恋人を失ってというのを、すっかり忘れてた)
そのお嬢さんの前に、領主に求婚されたけど身を投げた婚約者がいたっていう
レヴィアスとエリスの関係とものっすごく一致した経験があったから
「もう愛した人を失いたくないから」というお方でした。
でも、貴族のお嬢さんも結構引き下がらない人で、
テレサみたいに一緒に反乱軍にいて行動していたのなら、
結局ほだされたんじゃなかろうかと思いました。
それだけ、「どうしてテレサは受け入れたのか」というのが薄い。

だけど、EDロール後のオマケCGには悶えました。
メガネで髪くくってて(ポニテじゃなくて上の方だけくくってる)
赤ちゃんを前に戸惑っているカインが可愛い!!!
けど、それに至るエピローグのエピソードが無い。
なんだこりゃ。
戦線離脱してから再会するまでのエピソードは
バッドもグッドもほぼ同じだし。




ジョヴァンニ以降はまた機会があれば。
意地でここまでプレイしたけれど、
残りのユージィンとゲルハルトは、あまり興味がない。

全体のシナリオとして、結局笑えるところがほとんど無い。
BGMも種類少ない? キャラ別BGMあるけど、あんまり印象残らない。
緊迫BGMを戦闘シーンも、口論しているシーンも同じのを使う。ありえない。
恋愛ED後のエンドロール後CGは、いきなり出てくるだけで
それに至るストーリーがないから妄想するしかない。
しかもすぐ勝手にセピアチックな加工されちゃうから、
綺麗な絵で浸る間もない。
とにかく1周目が長い。もっとスリム化出来なかったのか?
とにかく個別ルート入るまでが長い。周回プレイ辛い。ずっと既読スキップ。
2周目でイベント増えるけど、レヴィアスルートフラグ折る選択肢選んだら
後は発生しないとか(ネオロマで言う「恋愛進行不可」)、配慮が欲しい。
選択肢少なすぎ。
上でも書いたけど、選択肢による後のシナリオ分岐がほとんど無い。

もうダメダメ。
関連記事
スポンサーサイト
魔恋の六騎士トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。