--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'03.08.Thu

CLOCK ZERO PSP版:フルコンプ(総括感想)

とっくにクリアしていたんですが、まとめていませんでした。
とかいうのを、2月後半くらいに書きかけていたはずなんですが、
下書き状態に保存されてなくて書きなおしです、うえーん。
そんなわけで、あっさりめの感想ということで。



ストーリーはすごく面白かったです。
キャラも濃い。
クリア後特典も、移植作ということもあって豊富。
トータルとしては5点満点で4点というところでしょうか。
細かくすれば、4.3点ほど。


まず、減点ポイントとして私の中で大きいのは、
前半の子供パートの作業感の高さ。
残り○日とか、今日は○日とかの表示があったらまた違ったと思うんですが、
結構長いと感じる。
そして、帰宅前・帰宅後の会話とかで全く同じテキストが流れる。
(一緒に帰る時のお誘いセリフとか、帰宅後の宿題がどうのとか)
これがもう、苦痛で苦痛で。
なんで同じ事毎日言ってるの?みたいな。
それから、夢パートが2周目以降スキップ出来るとはいえ、
全スキップで何ら問題がない所。
それなら最初から以後ずっと夢パートなしにするとか決めさせて欲しかった。
こういう意味のないテキストが、スキップしていても辛かったです。


それと、これは個人的意見ですが、主人公の性格。
嫌いではないのですけれど(どちらかと言うと好き)、
「好き」というより「嫌いではない」。
私が個人的に好きなのは、よくある乙女ゲー主人公テンプレの
おっとりorうっかりさんor元気っ子、だけど芯は強い、という
いわば「普通の子」なんですよね。
撫子さんは気が強いわ勉強できるわ(しかも小学生)、
基本的には冷静だわと、どちらかと言うと個性的主人公で
なかなか感情移入がしにくいんですよね。
主人公にデフォ名はあって欲しいし、
(デフォ名がないのも残念だった!)
主人公を自分に置き換えて恋愛疑似体験をするという
自己投影派ではないのですが、
個人的に、共感しにくい性格の子だったので。


最後に、某キャラ以外の帰還EDが全てにおいて残念だったことですかね。
大人パートでがっつり恋愛モードに入ったのに、
また子供に戻るとなると、やっぱり相手は「別人」なんですよね。
あれだけの波瀾万丈な出来事を経て、
記憶は無くしてしまうとはいえ、
それが最後にまたエピローグ部分でイチャイチャしているというのが
個人的には「えー」でした。
だって別人やん……。
なので、私はその某キャラの帰還EDが一番好きでした。
ただ、そのキャラの残留はどう考えてもバッドEDですけれど。

PSP版で追加された大団円のEDも良かったんですが、
ああなると、壊れた世界の大人パートが全くなしになってるんですよね。
私としては壊れた世界が元に戻る、ご都合大団円が欲しかったです。
残留EDも基本的にどのキャラも、ちょっと世界の様子が進展したかな
って程度ですし。
わいわいガヤガヤの大人組シナリオは好きなんですが、
(なんせキャラがいいから)
結局「世界が壊れなかったら」なIFストーリー的に感じてしまったので
多分もやもやしているんだと思います。

と言いつつ、中学生日記ドラマCDとか、
限定版小冊子のSSとか、すごく楽しみましたけれどね!



そんな訳で、楽しい作品だったんですが、
総合点としてはアムネシアや神なる君とよりも
下げた点数かなというところに落ち着きました。
アムネも残念な展開あったけれど個別ルート制で飽きなかったし、
神君もサブキャラルートで飽きなかったのが良かったです。




そうそう、一番好きなキャラは、央です。
ギリギリ次点で終夜。
やっぱり央みたいな明るい子は良いよねー。
終夜のおとぼけっぷりと、シリアスな面での切なさも良かったです。
一番好きなのは終夜帰還ED。
あれが一番すっきりしました。
鷹斗に対しても一応ケリが付いているし。
でも、りったんさんごめんなさい。
関連記事
スポンサーサイト
CLOCK ZEROトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。