--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'03.21.Wed

AMNESIA LATER:イッキアフター

本命のイッキさん!
というわけで、アフターストーリーで最後に取っておきました。
本編でもそうでしたしね。

選択肢はやっぱり3つ4つ程度。
グッドエンドタイトルの「覚悟、決めたよ」のセリフが引用されていて
本編を思い出すなー。
というか、本編に入って記憶喪失になるまでの7月のストーリーも
再び引用されていて、本編の復習に対して一番親切設計だったような。
トーマとか本編部分に対する言及はあるくせに復習なしだから、
えっ、なんだったっけ!?!?ってなってましたし。
だけどそれは、制作上あえてそうしている気もしますね。
本編発売からそんなに時間が経っているわけでもないし、
本編を再プレイするためにも。


では、ネタバレ感想を以下から。





・イッキ

イッキさーん、やっぱり好きだーーーー!!!
本編での悶えポイントでもあったバッドエンド「君を壊した子たちを壊してくるよ」の
危うい側面もほんの一言、ありましたね。
どんな手を使ってでも君を手に入れる、みたいな。

しかし、このルートではシンが幼なじみじゃなくてバイトの先輩なので、
シンに敬語口調なのが寂しかったです。
やっぱりシンちゃんは幼なじみがいいな……。
そして、義兄のトーマが出て来なかった。しょんぼり。

イッキルートでの悩みは、
また同居を認めない主人公父と、
まだちょっかいかけてくる下っ端ファンクラブ会員。
そして、イッキに好き、一緒に寝てという勇気が持てない主人公さん。
結構盛りだくさんでしたね。
まあ、ファンクラブ会員の件があったことで、
リカさんの出番があって嬉しかったですが。
煮物上手なリカさんギャップ萌え……。
主人公父はプロポーズの際にクリアしなきゃならない相手ですからね。

本編のイッキでは、酔っ払っていたシーンで撃沈しましたが、
今回もやってくれました。
しかもケントさんがいる所でのろけまくり。
その後ふたりきりになって「甘えていーい?」って言ったのには
もう、死ぬかと思った。

主人公さんが「イッキュウさん」と本名+さん付けで呼んだ後の
一瞬の間+ポクポク木魚音は、吹きましたw
ケントがやってきて、人質ごっこしてたのも、
二人らしい子供っぽさで、相変わらずだなーと思いました。

イッキがゼミ旅行でいない間にバイトに来て、
下っ端会員が待ち伏せしていると鬼軍曹店長が教えに来てくれた時、
ワカさんワールド後だったから、
店長が家まで送ってくれるのかと思ってたよね。
甘かったわ。糖度じゃなくて私の考えが。
一人で撃退無理なら帰ってこい程度だったね。

選択肢によりますけれど、最終的に「一緒に寝て」と言おうとした、
けど結局言う前にキスされちゃったけど、
今回は他キャラとは違って「寝かせてあげない」「愛してあげる」とか
関係を持つことを匂わせる描写で暗転しましたね。
でも、あんまりエロ度高く感じさせないのは、
やっぱキス音なしだからかもです。
本編で無かったから、FDでいきなりあったらビビりますし、これでいい。

エピローグ部分の、二人きりの結婚式は
やっぱりイッキさんの目の力で混乱させないようになんですね。悲しい。
だからこそ、主人公さんの流れ星への願いが
「イッキさんの目が元に治りますように」だったのが、
切なくて泣きそうでした。
しかしこのEDCG、なんか気になるなー、イッキさんの髪型がいつもと違うせいかなー
と思っていたんですが、二人の身長差があまり感じられないのも
違和感の元でした。
若干イッキさんが屈んでいるとはいえ、主人公さんなんかの上に立ってる?
関連記事
スポンサーサイト
アムネシアトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。