--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'03.21.Wed

AMNESIA LATER:オリオンルート

ようやくオリオンルートのオープンです。
泣きそうになったね。
そしてショタ萌え要素あるよね。


ネタバレ感想以下からで。



・オリオン

設定上そうなるしか無いのかもと思いますが、
ウキョウルートの延長線上ということで、
恋人設定がウキョウさんです。
だけどウキョウさんほとんど出番なし。恋人なのにね!

近所の花屋で働いている設定はウキョウアフターでもありましたが、
さらに主人公さんの部屋の上階に住んでた!
オリオンの事は忘れている主人公さんでしたが、
近所の少年(=オリオン)と偶然言葉を交わすことになり
なんだかんだで記憶を取り戻すことに。
それがね、泣きそうになりました。
忘れていたはずなのに、なんとなく思い出し始めて、
記憶はないけれど、感情は覚えているという感じで
そのズレに悩んでいる主人公さんの様子に泣きそうになって。

「アムネシア」の名の薔薇をオリオンにもらって
よりいっそう違和感が強くなって、
そしてクッキー焼くのに失敗して焦げ臭さが部屋に充満したのがキッカケで
ずっと一緒にいたウキョウ本編の火事を思い出して、
オリオンのことも思い出したシーンで
「おかえりなさい」「ただいま」のやり取りでまた泣きそうでした。
FDになってやっと作品タイトルが出てきたので、
おおおー!と思いました。そしてそういや主人公さんのモチーフの薔薇でしたね。
(アムネシア検索しては薔薇の花がヒットしていた)

主人公さんがオリオンの事を思い出したその日=10月5日、
日本で生きていく名前を主人公さんにつけてもらい、誕生日として。
そして冥土の羊での誕生日パーティー。
これまた泣きそう……。
だけど、健康保険証作ったんじゃなかったの? いいのか??

精霊だった頃はみんなと話すことも出来なかったのに、
みんなに祝ってもらっているオリオン。
夢みたいだというオリオンに、夢じゃないよという主人公さんの言葉にまた泣けて。
前日のシーンですが、人間になったことで色んな事を体験するオリオンが
普通の体験を本当に嬉しそうに話すシーンでも、
オリオンが人間になって、普通の日常を送れることを幸せに思っている様子があり
それがより一層切なくて。
NEW WORLDの最初の選択肢で「みんなと話せたら良かったのにね」が
あったのをあとで見て、またじーんときました。

オリオンは平行世界の他の出来事を知らなかったわけですが、
どうやらニールから何があったかを聞いたようで、
どの世界でも主人公を守ってくれて愛してくれている人がいた、
その思いの先に今がある、だからありがとうと言いたい、と。
そこまでは普通なんですが、その後の
「この世界だけじゃなく他の世界のみんな、応援してくれた人たちに
あなたがいたから今に辿りつけたんだ、ありがとう」
というのは、ウキョウの世界だけではなく他の世界もということだけではなく
ゲームのプレイヤーに対する
「Thank you for your playing!」
というエンドロール最後によくあるようなセリフを
ゲーム内でオリオンが言っているようにダブらせているんでしょうかね。
それを感じて、より感動が。

12歳の誕生日で小6に転入のオリオンですが、
「あと5年もしたらもっとかっこ良くなる!」みたいに
ウキョウに宣言しているところは
なんかGS1の尽を思い出しました。ショタ、いいじゃん……。

ニールは最後の最後に登場しましたが、
それまでにオリオンの言動でダメダメ大人が描写されていて面白かったです。
シニア携帯でメールできない……。
録画予約できない……。
浪費癖……。
小学校編入書類に「汚離怨」って書こうとした……。
でも、もっとニール本人の出番があったら良かったのになーとも思いました。

しかし、オリオンの新しい名前を付ける場面。
てっきり「オリオン」のままだとダメ出しされるものと思っていたのに
普通に通って、ビックリでした。
巻戻ししてもデフォルト名「オリオン」しかないし。
とりあえず間を取って「リオ君」にしましたけど。
今時っぽい名前だし!

ともあれ、締めのルートとして、本当に満足出来る終わり方でした。
関連記事
スポンサーサイト
アムネシアトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。