--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'05.25.Fri

PSP版スカーレットライダーゼクス:黄金エンド、本編フルコンプ(総括感想)

あ、ルートに入らないバッドエンド未回収でしたが、とりあえずまとめ。
まだFDの方はプレイしていませんが、本編の方だけで。
大団円EDの黄金EDはネタバレあるんで、最後に追記部分で感想書きます。


キャラごとの感想の都度書いていましたが、
システムとシナリオというかゲームの構成が残念。
キャラとコミカルなノリがあるところと設定と、赤EDがいい!
だけど☆4つや5つにできない残念さ!!!
惜しい、惜しすぎる……。
移植なんだから、何とかしてほしかったと思います。

<好きな点>
・個性的なキャラクター(サブスタンスも)
・豪華声優陣(サブスタンスも)
・コミカルなやりとり
・BGM
・熱い展開
・アニメみたいな13話構成
・バッドエンドな赤ED(サブスタンスエンド)の展開
・サブスタンス寄りになった時のセリフの変化(セリフパターン多い)
・履歴からのシーン巻き戻しあり
・データインストール使っているとUMD読み込みが殆ど無くて静か
・設定画面やオマケモードでいちいちキャラボイスが入って楽しい


<残念な点>
・金太郎飴シナリオ
・展開は熱いのにバトル描写がテキストで表現されてないので薄い
・せっかく武器に名前がついていたりするのにステータス表示がない
・スキップが遅い
・オートリードにしていてテキスト送りボタンを押すとオートリードが切れる
・スリープにするとデータインストールが解除される
・グランバッハが噛ませ犬
・主人公の謎がゲーム本編やっただけじゃ解明されていない
・タクトがどうやって赤の世界で復活したのか、ゲーム本編だけじゃ解明されていない
・コマンダーパートで緊急度あるけれど、無視していても平気(ゲーム性がない)
・履歴からのシーン戻しあるけれど、戻したらそれより先には戻れない
 しかも主人公の選択肢が履歴に表示されないから、間違えて選択肢に戻ってしまうと悪夢



「金太郎飴シナリオ」って言葉はこれまで他のゲームでも聞いたことはありましたが
あまり気にしたことはなかったんですよね。
だけど、私、このゲームで初めて「金太郎飴シナリオあっかーん!!」って
投げそうになりました。
が、結局トータルとしてみてみれば、面白い作品だったので
金太郎飴と聞いて敬遠してはダメだなとは思ったんですが。

このゲームも魅力はやっぱり赤EDだと思います。
これを見たいがために、全員分頑張った。
レゾナンスしてても青まっしぐらで進めていたら
全然サブスタンスの声が聞こえませんもんね。それ残念。
そういう点で、私にとってはサブスタンスEDバンザーイでした。

糖度はあんまり気にしていないです。
どちらかと言わず、糖度低め。
EDでいちゃこらというわけでもない。
そもそも乙女ゲーで別に甘いのばかり求めてるわけではないので。

だけど、せっかく燃えゲーの要素はあるのに
戦いの描写があっさりしすぎて、ぐぬぬぬぬぬぬ!!と唸ること数度。
剣戟とかのエフェクト・SEも若干あっさり。
Fateみたいな燃える表現が欲しかったのですよ。
そのためには、武器であるノイズレンダーをもっとフィーチャーして欲しかった。
エフェクトだけじゃなく、地の文によるバトルの描写も全然無かったですもんね。
12章とかでも、エフェクトで「キィーーン!」となってキャラが「うわああああああ!」。
死んだの、どうなの?

とはいえ、きっちり燃え描写入れられたら、もっと長いシナリオか……。
やはり最初から、もしくは途中から(せめて半分くらいから)個別ルートになって
使い回しの少ないシナリオにして欲しかったです。
実質12章までのなかの10章でルート確定とか言っても、
12章の最後のほうまで共通ルートみたいなもんですからね。
通信するときに緊急度もシナリオに関わらないのなら、
早々にルート確定して、バトルでライダーセレクトしないでもいいようにして欲しかった。
そうするだけでもサクサク進められるのになぁ。


だけど、このゲーム好きなんです。
くっそぅ……。
FDの方が未着手ですが、うたプリDebutと神さまと恋ゴコロがあるので
落ち着いたら再開したいと思います。
本編はバッドエンドの回収もしなくちゃ。




では、大団円の黄金エンドの感想、以下からです。





・黄金エンド「スカーレッドライダーゼクス」

サブスタンスもメインスタンスも全員生存していて、
やっぱりこういうのはいいなぁ。
だけど、タクトが赦されているというのが釈然としないです。
そのためにも9章以降の展開はタクトルートのみにしてほしかった。

壊れたまま野ざらし放置されているヴォクスの様子からしても
あの決戦の1年以上後っぽい感じでしたが、
記念日だからということでみんなで演奏!
だというなら、きっちりボイスありで歌って欲しかったのよおおおおおおお!!!
こういうところ、うたプリはEDでやっと歌が聞けるので感動できたんですよね。
特に今回はOP曲がメインスタンスの全員曲になったんだから、
そうして欲しかった。

冒頭での赤の地球と青の地球は潰しあったのではなく
融合したかったのかも、というような主人公の解釈にちょっとうるっとなりました。
関連記事
スポンサーサイト
SRXトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。