--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'05.31.Thu

うたプリDebut:初回プレイ感想+音也クリア

発売延期されたので、ようやくのプレイ。
注文したのは去年の8月でしたよ!

プレイ順は名簿順に音也から進めます。
うたプリAA以降同じ傾向ですね。
うたプリキャラはみんな好きなので、優先順位決められなくて。

1キャラ3ED、メモリアルが12個ありますので、
今回は基本的に、それらを全て見てから感想書くことにします。

が、5/31には新作の「神さまと恋ゴコロ」が届くので、一旦休憩。


まずは、あまりシナリオ的なネタバレがない、初回プレイ感想から。

システム面は相変わらず私にとって完璧なうたプリ。
音也ルートは1周目普通にプレイして恋愛ED。
2周目最初からやり直して別選択肢を適当に選んで、先輩ED(6月終了)。
チャプターセレクトで7月から適当に進んで、友情ED。
次の選択肢へスキップもあるし、ミニゲームスキップもあるので、
1周した後のED回収はラクラクです。
既読100%にしようとすると、それなりに骨が折れる作業にはなりますが。
このあたりのバランスが好きです。

完璧と思ったけど、主人公デフォ名でも名前呼びなしなのは残念でした。
旧作もそうだったっけ、忘れてた。
いっそ主人公ボイスあってもいいくらい。

設定メニューのボイスON/OFFでキャラボイスありなのも相変わらずです。
だけど、なっちゃんはなっちゃんで、今回はさっちゃんではなく……しょんぼり。

地の文が少ないSRXの後のプレイだから余計に強く感じるのかもですが、
結構主人公視点地の文が多いです。
旧作もこんなにあったっけな?

音也ルートしかまだプレイしていませんが、
ぶっ飛び具合が控えめになっていたような。残念。

これまでの「大恋愛・恋愛・友情」3つのEDから、
「恋愛・友情・先輩」の3EDに変更になりましたが、
個人的には友情EDと言うよりもノーマルEDという名称で良かったんじゃないかなーと。
先輩EDにもトキヤ絡んでいるから「友情」っぽいし、
そりゃ「友情」EDはトキヤ満載だけど、
満載すぎてもうちょっと音也本人分が欲しかったなーみたいな。
同室コンビのいい面が見えるのは好きなんですけれどね。
なんだかこう、物足りなく感じるというか。

メモリアルはRepeatだったかMUSICだったかでは
それぞれのSSを開いたら画面下部に1/22みたいに
総ページ数が記されていて、ページめくりで見るようになっていましたが、
AA/SSの時のようにスクロールタイプでした。
とはいえ、Rボタンでページダウンなので、そちらで読んでいましたが。
ページめくりよりスクロールのが見やすいし、
数値として全○ページと表現されていると、ボリュームが見えて
なんとなく興がそがれるので、この改善は嬉しいです。



では、以下から音也ルート感想です。



・一十木音也

芸能界って大変なのね……というのが大きな感想です。
ところどころで甘えてくる音也が可愛い可愛い!と思えますし
壽先輩=れいちゃんもいい先輩で、
しかも攻略対象としている音也とタイプが似ている陽性のキャラだから
「先輩」らしくてよかったです。
アイドルって大変なんだなー。

後半の音也の乗り越える「母の死」に関する件は
家でプレイしていたし、ボロ泣きしました。
家族ネタと死亡ネタには元々弱いのに、それがコンボで来るわけだし、
寺島さんの演技でもっと泣ける……。
さらに父であるシャイニング早乙女の対応もね、泣ける。
音也が芸能界入りを望んだ理由として、
有名になって父親に見つけてもらいたいという願いがありましたが、
シャイニーは父であることをもうこれで絶対に告白しませんよね。
音也が気づく日は来るのかな。

家族ネタといえば、トキヤの告白にもうるうるでした。
音也とは違う意味で家族を失っていて(両親の離婚)、
FD(SS)でそれを見た後だからこそ、
苦しむ音也を前にしたトキヤの心情も思い知ることができて、
より一層切なくなりました。

れいちゃんはサブキャラだけど、
無印・リピートの時の先生陣とは違って、
担当する後輩たちのルートでは出番ががっつりありますね。
だけど、担当外だとほとんど出番なしかー。結構残念。
先輩たちがワイワイやってるのもいっぱい見たいんですけれどね。
担当が決まっているから、しゃーないか。

しかし、れいちゃんって「芸歴が長いがいまだにぱっとしない」って
公式説明にあったけれど、あれれ、そうなん?
ゲーム内では3枚目だけど、きっちりスーパー芸能人だったと思うよ……?
グラビア撮影とかドラマ撮影とか忙しそうだったし、
音也の単独ライブもゲストとして華を添えるって感じだったし、
サッカー対決で音也に勝ったのもあれは何??
ぱっとしないのはトキヤルートで目立つのかなぁ。

4月だったか始章だったかと、9月かなんかの両方で
「聞いて、虹色☆OVER DRIVE」とか言って歌い始めるのに
イントロすら流れないのに拍子抜けしました。
そりゃまあ今回ゲームでの収録楽曲じゃないけどさ……。
きっちり既存曲名挙げるのなら、ちょっとだけでも流して欲しかったです。

ゲーム内の演奏レッスンでは気にならなかったのですが、
EDで聞いていたら、今回の音也デビューソングは
もうちょっとアウトロ部分に余韻を残した編集にしてほしかったなと思いました。
なんかこう、えっもう終わり!?みたいな感じで。
曲自体もイントロがなくていきなりAメロの曲なので、
いつものED確定後にテキストがゆっくり流れ始めるところが無音で
仕方がないとはいえ、ちょっとガクっとなってしまいました。

デビューソングは先に知っていたので、
ゲームを進めていってその歌詞のワードが出てくると
やっぱりテンションが上がりますね。
サビの2行目の「いつの日か太陽になりたいと」の部分は
曲調としても切ないなと思っていたので、
ゲームでストーリーを読んで、また聞く度に泣きそうになりそうです。
関連記事
スポンサーサイト
うたプリトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。