--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'08.03.Fri

PSP版三国恋戦記:玄徳ED

まずは一番最初にお世話になった玄徳さん。
劉備なんですね、フムフム。

ネタバレ感想以下からです。



・玄徳(CV.三木眞一郎さん)

頭なでなでを途中から躊躇するところとか、
恋ゴコロ意識しちゃった感じでいいですね~。

てか、一番ぶほぁ!ってなったのは
EDロールで流れた追加イベントでの
寝てる間にこっそり花ちゃんにちゅーしてるよイベントなんですが。
ぐああああ、たまらん。

そんなわけで、ノーマルEDから玄徳EDロール見るまでは
ふーんこんなものか~レベルだったんですよね。
追加イベントたまらん。
そしてその次にプレイした孟徳に落ちた私。
そのまま仲謀ルートも進めてるので若干記憶があやふやでごめんなさい。

子供と遊ぶのが得意な玄徳さんが
過去世界で赤ちゃんあやすのも上手で、
そういうシナリオ的繋がりがあるのがいいなーと思いました。
あの絵心の無さのイベントは、ここにつながっていたのですね。
そのまま過去世界残留して子供育てて「お前が皇帝なんだよ」EDも
なかなか楽しかったです。
人形じゃない献帝の姿にホロリ。

しかし残留してしまうと同じ時代に歳の違う玄徳が存在しているわけで、
その矛盾の解消が気になるところです。
一応、このED以外では過去へ遡っても歴史改竄をしないで
「本」の記述につなげる「白紙」を埋めようとするので、
元の時代に戻っても「パラレルワールド」の扱いでは無いんですよね。
この過去残留EDだけ、ちょっと異質。


両思いなのに思いを告げられない立場の違い。
「妻とすればいいのか」
「妻にしてしまえば――(お前を手元に置いておけるのか)」
的な発言のイベント、あれもよかったですね~。
玄徳のこらえ切れない焦りが見える。
テキストでは「――」なのに
ボイスでしっかり言ってるのもいい。

関連記事
スポンサーサイト
三国恋戦記トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。