--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'08.11.Sat

PSP版三国恋戦記:孔明ED

最後がいいよと言われていた孔明さんこと師匠ルート。
扱い的には玄徳軍ルートを通る、ノーマルルートの亜種なのですね。
雲長ルートほどの「おおお!?」という新事実は無かったのですが、
他のルートでのイベントの連動するものがあったりして
そういう面では最後がいいなと思いました。納得。


では、以下からネタバレ感想です。






・孔明<諸葛孔明>(CV.杉田智和さん)

黄巾党の乱の時代で会った少年だったのかー!ってのは
既に1キャラでもクリアしたら分かる話なので、
そういう点での驚きは無かったのですが、
翼徳ルートの酔いどれ官吏のその後があってほっとしました。
けど彼は、酔いどれだけど仕事はこなしたぜな翼徳ルートのが
男前に見えました。あれれ。

花ちゃんが幸せになることだけを願って、
だからこの世界に留まらせてはいけない、
そういう思いから突き放されるのですが、
いやー、私突き放されるの苦手なんですわ……。
心中どう思っていようとも。
好き好き甘やかしてくれる方が好きな性質でして。

ノーマルルートの晏而達再登場よかったー!
最後に彼らが味方してくれるのも、ノーマルとは違って
元々孔明が指示していたために綺麗に寝返ってくれるのも
すっきりしてよかったです。

けど、このルートだと我が君孟徳さんが遠くてだな……。

黄巾党の乱の時代に、子供孔明を花が導いていたって関係も良かったです。
彼女がいなかれば今の孔明はいなかった。
関連記事
スポンサーサイト
三国恋戦記トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。