--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2012'10.27.Sat

倭人異聞録~あさき、ゆめみし~:初回プレイ、高虎ED

PCにあまり向かわないため、PCゲーム=積むのため
極力買わないようにはしていたのですが、
前作が好きだったからやっぱり気になりまして。
勢い込んでスペシャルパックで買いました。
(前作はPSPでプレイしたのみ)

メインルートと思しき健さんから行こうかと思いましたが、
やっぱり本命高虎くんから。
前作と違って序盤から出てくるし、ずるいわ!
ちなみに見たEDは2種類。
ハッピーEDとグッドEDかな?
画廊の3ページ目最上段左が最初に見たのハッピーエンドらしきもの、
右がグッドエンドかなっての。
バッドエンド行ってない。

あ、デフォ名呼びなしでした。
名前で呼んで! ホントに!!

というわけで、以下ネタバレ感想です。





・利光高虎(CV.谷山紀章さん)

相変わらず懐いてくれています。
今回、霖たん不在なので、彼のおふざけ要素を
高虎が若干担っている気がするのですがどうなんでしょう。
語尾に霖がよくやる猫絵文字出て、
主人公さんもツッコミ入れてましたが、まさに。

高虎ルートのメインとなるのは「汚血」。
そして、VS瑠狼。

主人公さんを人として求めているのか、
混じった妖の血が求めているのか。
特に自分に流れる汚血をあまり良く思っていない高虎にとって
この指摘がなかなか痛いですね。
読んでて心苦しかった。
シリアス高虎かわいそうで、泣きそうになった。

結局、「先輩が好きなんだからどっちでもいい」
っていう結論に落ち着きましたけど。
それでいいのか。


ハッピーエンドかと思われるのは
高虎卒業のエンディングエピソードのもの。
ちょと待って、髪型!!!!!!!!
今回先に特典小冊子をパラ見していたので、
どこでこの髪型~と思っていましたが、これか!
小冊子で見た時は壁叩いて、EDで見た時は机叩いた。
でもやっぱりいつもの髪型がいいです。
とはいえ、約2年経ってちょっと精悍な顔立ちになってるのが、いい。


グッドエンドはちょこちょこっとだけ選択肢変えて出ました。
終盤、同じ展開・台詞なのに既読スキップが
できないところがあったのは残念でしたが、
Shiftキー長押ししてた。
あと、既読選択肢が色分けされてないのは残念でした。

グッドのエンディングは「夏になって」ということなので、
舞台がゴールデンウィーク期間中だから
ほんの数ヶ月後。
一緒に登校ほのぼのだけど、印象薄かったです。


ハッピーエンドは
瑠狼にキスされそうになったと告白(瑠狼の話を聞く)
→高虎くん嫉妬で勝手に怒る(先輩に隙があったから)
→強引にファーストキスされる
→仲直り
→朝起きたシーンでお布団並んでる(!!!!!)
→朝集合に二人で登場して、ぎおたんと愁ちゃんが物言いたげ
→瑠狼浄化してキスやり直し
とか美味しい流れがありましたが、
これを通ってからだとグッドはイベント簡素化だから
ちょっと物足りない感じになるんですかね。
てか、また今作でも朝チュンだよ!!


最終決戦がラスボスの鬼邪とではなく瑠狼とだったので
瑠狼との戦いが終わったら
「他のチームがやっつけてくれてたみたーい」
ということで終わっていて、
置いてけぼり感満載。
あかんよ、最後は合流して戦おうよ!!!
某、雅な恋の物語を思い出しました……。
熱い戦いは何処!?

瑠狼との最終決戦も、高虎メイン感が強くて
なんかこうもっと、因縁の戦いなのよ!ってのが欲しかったです。
そういう熱い戦い描写が強ければ、
ラスボスは別陣営がやっつけました~でも満足できたんだけれど。

他キャラ(主に健ルートかな?)での戦いに期待したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
あさき、ゆめみしトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。