--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'01.22.Tue

うたプリDebut:レン、翔クリア

半年以上積んでたうたプリDebutを再開しました。
AS発売も近づいて来ましたので。

で、止まる前にやってたのはレンルート。
恋愛ED未回収で止まってたので、
再開後プレイした翔ちゃんルートと感想ひとまとめにします。

うん、結構批判的なのでご注意を。
それから、ルートの感想と言うよりも、
ゲーム全体としての中間感想的な感じでもあります。






・神宮寺レンルート

何が一番つらかったって、
ハルちゃんがなんか知らんが一人で勝手に思い込んでふさぎこんでいるところ!
もうちょっと信頼してやれよ!
レンはあいも変わらず一途に思い続けているのにさー。
いやまあ、わかるけど、わかるけど……。

真斗の次にレンを選んだのは、
黒崎先輩の放置ツンっぷりが辛いので、
早々に終わらせたかったってのがあったのだけど、
結局それを乗り越えられずに自滅しました。

なんせプレイしたのが半年前なのであんまり記憶に残っていません。
なんでこう、私はレンルートが合わないのだろうね。
無印もレンに放置される中盤が辛かった。
基本、構って欲しいんで!!

セイラさん=元カノの存在は別にどうでも良かった。
地雷って言われてたのはこの元カノのことだったのかもだけど、
私にとってはハルちゃんウジウジのほうが地雷でした。



・来栖翔ルート

これまでのルートであまり見なかった
あいちゃん先輩とのふれあいー。
黒崎先輩より、断然構ってくれて嬉しかった!!!
なんだよ、いい先輩じゃないか。

てか、ロボ!
序盤で時計台のところで歌ったら起動音がして登場したってところで
あれれ?って思ってたけど、ロボ!!
これだよこれだよ、うたプリらしい感じ!
しかし、オーバーヒートして頭がパカって開いたシーン、
なぜイベントCGないん……?

思っていたよりツンじゃなく、特にデレってこともない
なんだかんだで世話を焼いてくれるあいちゃんはいい子でした。
ASのあいちゃんルートが早くやりたいです。

そんなこんなで、前半は翔ルートっていうよりも藍ルート。
このバランスがなんか残念で。
これまでプレイした他のルートもそうでしたが。
逆に、後半に入るとルート本人の出番いっぱいだけど、
基本本人挫けそうで辛いところばっかり。
さらに追い打ちで主人公さんまでスランプに陥るし。

「博士」がなかなか美味しかったです。
ASのあいちゃんルートで眼鏡なしCGもしくは立ち絵でますか?
立ち絵はないよね、きっと!
落ち込んだハルちゃんを慰めようと
ちょい口説きにかかってるシーンは、
「くっそー、サブキャラのくせに!」と思える
あざといシーンでしたが、それでも良かったでーす。
CVはGS3の宮下栄治さんでしたね。
ディレクターはEDロールで名前確認できず。


思うに、序章・始章は別として
本編をユニットソング3回、デビューソング3回で構成させるのに
無理があったのじゃないかな、と。
デビューソング部分1回多くてドン底シーン多いのかなと思うし、
もしくは、無印・リピートみたいに
一般問題と歌詞問題を挟んで、1章あたりのボリュームを
もう少し減らしてくれていたら、
シナリオの重さも気にならなかったのかもとも。
ED確定してからも結構長いですよね、今回。

ED種別もちょっと問題あり。
ダメダメ選択肢を選んでいった結果が先輩エンドってことで、
どんだけ先輩の扱い軽いの?みたいにも思いつつ、
かと言って普通にプレイしていっても、
ちょっと気を使わないと最上ED条件の全体S判定にはならないのに
A以下の結果では友情エンド。
友情エンドだと、主人公であるハルちゃんの存在感がかなり薄いんですよねー。
なので、なんとなく達成感が薄い。
確かに「三人で頑張っていこうね!」なシナリオではありますが
デビュー曲作って二人で頑張っていたのに、なんだかアレレ。
いっそ、後半突入後A以上で恋愛、B以下でデビューなしバッドエンド、
とかでもいいよ……。
同室コンビのワイワイさは大好きなので、これらの友情EDも好きなんですが
「最上EDにならなかったけど友情エンド」ってのが、
どうも納得いかないのですよね。
「3人で頑張ったよ」って結果での友情エンドにしようよー。そんなもやもや。

そして今回、パラメータ管理が選択肢で変動するのが恋愛値だけってのももやもや。
結局演奏レッスンでイージーならS判定での音楽値MAXとか簡単。
前みたいに、選択肢によっては音楽値のほうが上がるっていうような
そんなハルちゃんはどこいったの……??


とりあえず、次はセシルルートに行きます。
で、トキヤやって最後になっちゃん。
コンテンツとしてのうたプリは今でも好きなのですが、
ゲームとして、このDebutはちょっと、いや結構残念な感じです。

関連記事
スポンサーサイト
うたプリトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。