--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'02.27.Wed

バクダン★ハンダン:士道昴流クリア

完璧主義の騎士。
それは正しいと思う。
そこまで完璧主義っぽい描写は無かった気がするけれど。
それより問題は
「直感で動く主人公とは犬猿の仲に?」
なったっけ???
どうもこのキャラ設定文章と本編の乖離がある気がするんですが。
途中で削ったん?


ではネタバレ感想です。





・士道昴流(CV.鈴村健一さん)

声のトーンとかがうたプリの聖川さんに近くてですね。
その上騎士とかいうワードで、なんかね。

ただ、唯一もやもやするのが年齢設定22歳。
キャリアで警部補というのは確かに22歳スタートらしいのですが、
「ミスで同僚を失った」とかいう経験をするには
うーん?なんて、知識なしの素人で思った次第。
というか、もうちょっと年齢設定上の20代半ばでも良かったのよ!
というだけなのですが。
そしたら既に警視とかになってて、
こういう現場には出てこないのかなぁ。難しい。

さて、こういう「守る守る」と上から目線で言ってくれるキャラは
なんだか久々な気がします。
従者としての守るでもなく、恋人としての守るでもなく。
まさにヒーロー!
メインヒーローポジションでこういうのは、
なんだか新鮮な感じがしました。

このルートでは全員でゲームに挑むシーンが多くて、
他キャラルートのように途中で別行動・別ゲームとかもなく
確かに王道シナリオだなーと思いました。楽しかった!

士道さんがサングラスな理由は
目の色素が薄くて光を防ぐためにということでしたが、
ちょいと検索してみた感じ「網膜色素変性症」という難病指定の
病気なんですかね。
お仕事はこの病気でも就業可能なんでしょうかと思いました。

というか、そう言われたら、メガネ外すイベントCGが
気になってしょうがないじゃないですか!!
2枚ほどありましたけれど。
メガネ外しながらキスするのはずるいと思った。
くっそ、萌えたじゃないか!
しかし、不埒なことしちゃダメなんじゃないの?

普通にプレイしたら、名簿順で一番最初に攻略していたキャラですが、
今回は取っておいて本当に良かったなと思います。
12年前の事件に関わる人の謎が、
このルートでは一気に解けてますもんね。
真相ルートを最初にやって背景を掴んでから、
それを理解した上で他キャラルートをプレイするという
スタイルも好きなのですが(赤ずきんと迷いの森はそうだった)、
今回のゲームは士道・調辺ルートをやってしまったら
他キャラの12年前の事件への関わりがあっさり分かってしまうので、
このゲームの場合は「真相から遠い」アプローチのほうが
楽しめるなと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
バクダンハンダントラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。