--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'05.08.Wed

うたプリAll Star:フルコンプ(総括感想)

最近あまりPCに向かわないので(スマホとかじゃ長文書けない人)
とっくにコンプしていたのですが、
個別感想すら書かな今までした。
とりあえず、
ゲームメーターに3/29付け

メモリアル全部埋めたので完了。
藍ちゃんルートの特に友情エンドで泣けました。
個人的にはレインボールートがすごく楽しかったです。
無印のぶっ飛んだノリ、みんなでワイワイやっているところ、
ハルちゃんのめげないところが継承されていたと思います。
7人曲のR☆Dの演奏レッスンもやっていて一番楽しい譜面でした。


と。

先輩4人と先生2人ルート終わったあとでは
評価的には5点満点でせいぜい☆3つという感じでした。
下手すりゃ☆2つ。
でも、レインボールートまでやって、☆1つ増やして最終☆4。

前作のDebutほどにケチつけ要素があったわけじゃないのですが、
サブキャラの立ち絵が1枚ってのみなのがなー、
という最大の減点要素がありました。個人的には。
続編なので、立ち絵とか使い回しなのだから、
せめて今回から追加になったサブキャラに
手をかけてあげても良かったのに、と。
それくらい私にとっては減点要素。☆2つ下げたいくらい。

相変わらずCGも少ないですしね。
差分もないし、なんでここ?みたいなのも多い。

それと私の好みではあるのですが、
Debutや今回のAS先輩ルートみたいに演奏曲2曲使うシナリオの場合、
前半で使ったユニット曲が、なんとなくシナリオ上
尻すぼみに終わってしまっているという印象があるので
それもあまり好きじゃないんだと思います。
無印・リピートでは、前半曲は単純に「課題曲」ということで
曲への思い入れがシナリオに含められていませんでした。
けれど、DebutとASでは、前半曲もみんなで作り上げた曲として
シナリオ上で大切に取り扱っている。
先輩エンド、後輩エンドみたいに前半で終わらせるコースなら
その前半曲をエンディング曲として使っているけれど、
それをするにはダメな評価で終わらないといけないわけで。
それがなんだかモヤモヤ。
良い評価で通過したら、せっかくみんなで頑張ったユニット曲なのに
ゲーム中でボーカルありで表現されるシーンがない。
それがまたモヤモヤ。
頑張って作ったはずのユニット曲が単なる踏み台。
せっかく盛り上がったのになー、披露する場がないのかー、みたいな。
シナリオ上では歌っていますけれど。
なので、曲1つで終わるASの先生ルートや、旧作のAAやSSは、
短いとはいえ、楽しくプレイできていたなと思います。


レインボールートは楽しかったです!
オマケシナリオみたいなものかと思ったら結構ボリュームあったし。
何より、無印・リピートのセシルルートみたいな超展開来た!
ファンタジー系無茶苦茶やってくれるのが楽しかったんです。

かつ、逆ハーレムでみんなにチヤホヤされまくってるのもいいですよね。
みんなでワイワイ。
こういうところ、アニメうたプリは継承しているなと思います。
だから好き。
うたプリは個性的なキャラが、かつそれぞれ同室コンビだけに留まらないで
色んな組み合わせで会話しているところに面白さがあると思っているので、
こうやってワイワイかつ牽制しあっているというのが面白くて。
普段のゲームではルート確定しているから
みんな恋の面で邪魔しに来ることはなく、
むしろ応援しているような描写が多くて(同クラス同士とか)
そう言うところも微笑ましくて好きだったんですが、
今回はルート未確定で、みんながみんな、
ハルちゃんに友情以上の好意を抱いているのが見え見えなのが
見ていて、ニヤニヤ。

ただ、レインボールートの各キャラEDCGは、
ホントに「なんだこのシチュエーション」って思いました。
全然印象に残らない……。
せめてハルちゃんと2ショットでイチャコラしているところか、
猫耳尻尾でもつけておけ。

ネタバレなので後で書きますが、
レインボーで一番嬉しかったのは、一番最後のEDでした。
最後から1つ手前も好きだけど。



というわけで、ざっくり思い出したネタバレの点だけ、
以下から。






プレイした順に……


・寿嶺二(CV.森久保祥太郎さん)

Debutでは心の支えでしたよ、優しい先輩。
しかし本人ルートはめんどくさい人でした。
失踪とかめんどくさい。
これ以上好きにならせないようにと警戒させるように仕向けるとか
めんどくさい優しさです。
昔の知り合いがサブキャラに2人出てきたけど、
結局どっちがどっちの名前か覚えられなかった。

ハルちゃんの「目にも留まらぬ早業です!」に対して
「忍者じゃないんだから」と拾うところが昭和でした。
「歯、磨いたかー!?」ってフリも昭和でした。
「本番15分前だよっ、全員集合」はそのまんまやん。
「兄さん、事件です」はギリギリ平成なのかしら。


・黒崎蘭丸(CV.鈴木達央さん)

EDがエロ担当。
チャリンコ乗って、青春してました。
キッチンパセリのオーナーご夫妻にも
立ち絵差分つけたげてー!!と叫んでました。
れいちゃんルートについでこれで4人だから参った。
聞いてたより甘いとは思わなかった。エロ分のところ?



・カミュ(CV.前野智昭さん)

クリスザードさん。
聞いてたより爆笑シナリオじゃなかった。
犬が馬になったところ?
セシルが当て馬みたいに出てくるのが辛かった。
某通販レビューに「セシルファンの人は是非!」みたいに
何人か書いてあったのを後で読みましたが、
セシルファンの人こそ地雷じゃないのかなと思った。
出番が多けりゃいいってもんじゃないと思いますが。
これまでのうたプリは、ルート外のキャラは
友情以上の好意は抱いていないってのが良いところだと思っていたのに。
(神宮寺さんは社交辞令)
アニメはネタキャラ扱いでいいんですか。
まあ、砂糖ざばざば入れるからそりゃネタキャラか。



・美風藍(CV.蒼井翔太さん)

また泣いたよ。まあ、予想通り。
ただ、冒頭のハルちゃんの夢に、海辺であいちゃんが出てきたので
てっきりオリジナルの愛音さんと、
幼少ハルちゃんが出会ってたとかそんなんで、
愛音は愛音で復活するし、
あいちゃんはあいちゃんで独立して動けるようになるし
だと思ってたんですけど、違ったの?
あいちゃん関連のシナリオでは、
Debutの那月ルート先輩エンドが、なんだかんだで一番印象的。
アイドルソング「Winter Blossom」中の
「最後は笑顔で 泣かないで欲しい」
の歌詞をリンクさせて
みんなの泣き顔を見たくなかったから勝手にいなくなったのに、
というのがすごく好きでした。



・日向龍也(CV.遊佐浩二さん)

VS林檎ちゃんが熱いぜ!!!
かつ、Sクラスメンバーがバックダンサー参加も熱いぜ!!!
林檎ちゃんとの友情エンドだったかでの
お酒がんがんに飲まされてへらへらしてる写真を
撮られちゃうEDが好きでした。可愛いなぁ。
恋愛EDはERO枠。



・月宮林檎(CV.中村悠一さん)

VSリューヤサーンじゃない!?
その代わりに星影セイラ来たよ、おい。
この人も立ち絵差分もっとつけたげて……。
そして、結局うざくてやっぱり好きになれなかったです、この人。
もっと「おぼえてなさい、キー!」なんて捨て台詞がっつり吐かせるように
けちょんけちょんにやっつけたかった。
まあ、実際にセイラさんと対決するわけじゃないし。
先輩デュエット曲はこっちのが好きです。めっちゃ好き。
だからシンデレラなのね!
リューヤさん編プレイしていて演奏曲が先輩デュエット曲だと気づき
それで「林檎ちゃんでシンデレラ!」とか楽しみにしてました。



・レインボールート

序章でシャイニーがハルちゃんの曲の音源聴いて、
「YOUが作った曲を聴いて迷った、YOUにはミーにもわからない何かが
あるような気がしてならない」って。
この曲がWelcome to UTA☆PRI World!!だったら泣くわ、って思ってる。
(AA光男ルート的に)

発売前に公開されたCGで白猫と戯れるなっちゃんとかいましたけど
ああ、これか……って。
うたプリさん、工画堂スタジオと組むようになってから
発売前にガンガンCG出してきますから。あんまり無いのに。

レインボーで好きって言ってたのは
最後から2つ目のレインボーエンド(だっけ?)と
一番最後のソロエンド。
ソロエンドって言ってるけれど、実質友千香エンドですから!!!
これまでトモちゃんエンドがなかっただけに、ものすごく嬉しかったです。
名称がソロってのには異を唱えたいわけですが。
レインボールートだからこその、ハーレムエンドが良かったです。
短いレインボールートだからだなーとは思いますが。
6章分ハーレムでやられると、食傷気味になる気がする。
関連記事
スポンサーサイト
うたプリトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。