--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2014'02.07.Fri

金色のコルダ3AnotherSky feat.神南:東金千秋ルート感想

千秋さんはゲーム開始前のキャラ設定見て以来の本命です。
見た目も、性格も、キャストも好き。
プレイしてみてもやっぱり好き。
ずーっと好きすぎて、語る量が少ないかもしれない。

ともあれ、最後のキャラ別感想です。
ネタバレにてご注意ください。











最初に見たのは逆注目ルート(清麗)でした。
というか、珠玉で締めたかったので狙って行った。
雑用言いつけられても「少しは部長も手伝ってください!」とか
八木沢さんに対して千秋のわがままにも「もう慣れた」とか
グラビア撮影の付き人したり
家出先に乗り込んで行って説得したり
八木沢さんとの喧嘩を見守ったり
フレンチを食べに行ってはメニューが読めなかったりと
なかなか楽しい、色んな経験をしました。
途中まであった東金父との対立は
こっちのルートじゃ解決しないままなんですけどねー。

清麗性格主人公さんは、
わがまま千秋をピシャリと叱るというか
「襟を正す」らしく、
それを気に入っている千秋さんがいいですよね。
尻に敷かれているというわけじゃないけれど、
でもそんな関係を楽しんでいるみたいなところが
彼らしくていいなと思うんです。



一方、珠玉。
こちらはお父さんとの和解。
共通ルートから続きますが、千秋の音楽の原点として
幼少時に父親と一緒に演奏した、家族に向けての曲で
みんなが楽しんでくれたから、というところ。
だから楽しんで聞いてもらいたいし、
「高尚な音楽」としてお高くとまるクラシックじゃなく
身近に聞けるものになってほしい(ただしビジネスは必要)。
そして、無印版攻略本の巻末SSにあったような
神戸にオペラハウスを作りたい、という夢。

親父とは分かり合えない、
言うだけ無駄。
だから認めさせたい。
そんな想いで対立しあっていたのを諌めて
「音楽で想いを届ける」ことができたのは、
これまでみたいに認めさせようという想いでなく、
素直な気持ちでただ演奏をしたから、
伝えられたということなんですかね。
客席の東金父の心に届いた懐かしい曲が
あれだけ頑固だった彼の心も溶かしたんでしょうか。

告白シーンは「洒落た口説き文句」は使わずに
ストレートに「好きだ」という言葉に萌え転がりました。
エピローグでの船上演奏会も
お父さん公認での二人の演奏で、なにそれものすごく甘そう!!



お父さんについては、基本的に「親父」と呼んでる千秋が
本人に呼びかけるときに一度だけ「父さん」と呼んだのに
うわーーーーーっとなりました。
育ちのええ子や……。

そういえば、父親を憎む理由として
病気でお母さんが倒れたのに仕事ばかりしていた、
ってことを言ってましたが、
それ、どっかの姫条建設のご子息もやで……って思ってました。
あの家も確か、森林公園を見てうちの実家みたいとか言うから
ちょっと近い感じかもしれない。



今回の千秋さんは、全体的に部長部長していて、
前作とは大きく立場と態度が違っていたな、という印象です。
律に「うちの地味子」とか言っちゃう、
身内な関係がすごくいい。
神南高校最高。

だからか、なかなか恋の音がならなくて、
親密度上限いっぱいなことがままあり……。
前作だと登場も遅かったから、ポンポーン!と恋の音が鳴って
しかも同時攻略するためにガツーンと親密度上げなきゃだったから
差し入れしまくり、オレンジシャーベットあげまくりでしたが
今回は炭酸水あげすぎてやらなきゃ良かった!と
なることもしばしばで。
やっとデレて、頬染めになった時は
やっときたかー!って思ったほどです。



今作、他キャラもそうですが、
もともとあった立ち絵に頬染め差分できてたりして
ニヤニヤポイントが増えましたよね。
千秋の「不快」立ち絵なのに頬染めとか、たまらん。



千秋さんの好きなポイントとして
普段俺様俺様でいるのに、自分から振ったことで
うっかり照れてしまったりするところがあります。
ほら、無印のソロファイナル前夜とか。
今回も同じようにいくつかありまして。
珠玉サブ2「大会を前にして」で励ますために
「キスとか?」な時のとか
「東金部長頑張って」を言い直しさせられるのとか、
もうもうもう、何この子かわいい死ぬ。

あと、逆注目6の「グラビア撮影」でフレッシュ新婚さんも
ああああああああ、ってなりましたね。
その前に「(撮影に)行ってくる」って言ってたところからして
新婚さんの出勤シーンだった。


ドルチェデートも色々照れるシーンありましたね。

牧場での「デートに付き合え、部長命令だ」というところとか
照れ顔でホント、ホント……。
またその時のかなでさんが、
すぐどっかに行ってはぐれるからって千秋が手を出したのに
「握手じゃねえよ」と言われるような
ぽややん行動取ってるのがまたかわいい。

照れるのとは違いますが、北野の街角での
「お前はずっとここにはいないような、そんな気がする」
と寂しそうな横顔で言われるのが
なんとなく次の至誠館や天音編、
そしてそもそもこのAS神南もIFストーリーであるって
メタ的な発言みたいで、どきりとしましたし、
切なくなりました。
それを畳み掛けるように
「ずっとそばにいろよ、なんて俺らしくないな」
というのも切なくて。
しかしごめん、至誠館と天音に行ってくる。



部長部長しているけれど、ちょこちょこっとは
前作のセミファイナル後みたいな、
押せ押せ千秋さんもいましたね。
律も一緒に3人でのお昼ご飯の時に
「俺の膝の上に来るか」とか。
あとは、クルーザーのやつ。
俺の方を見ていないのが気に食わない。
でもまだこの頃は余裕だから照れもしないですけどね。



ちょいとだけあった関西弁台詞ですが
沖縄の鍾乳洞のとか、
有馬温泉のブチギレのとか、
面白かったですけど、イントネーションが似非。
芹沢くんもでしたけどね……。
蓬生さんの石川さんがネイティブなだけに、
どうしても他キャラは違ってしまうんですかねぇ。
脳内補正。




なんか色々書き足りていない気もしますが、
やっぱり千秋さん大好きでした。
やっぱね、普段の俺様とたまに見せる照れの
ギャップ萌えなんだわ。




関連記事
スポンサーサイト
金色のコルダトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。