--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2005'12.18.Sun

おねがいマイメロディ(再):#2「勉強ができたらイイナ!」

アニマックス水曜の再放送を撮り逃したのですが、日曜朝6:00に2度目放送をやっていました。助かった~。
そんなこんなで、最新話を見てから第2話へ戻ります。


1話目の続きなんですね。
夕暮れ時、バイオリンケース片手になぜか徒歩で帰宅中の柊様。
次のターゲットにしようとクロミは近づきますが、
「夢なんて無いよ」と微笑みながら一蹴されちゃいます。
バクくんの「夢の匂いゾナ~」が無いのに、やっぱターゲットにしちゃダメなんだね。
さらに気に食わないのが、クロミたちを見ても全然驚きもしないこと。
「ぬいぐるみがしゃべってんだぞー、飛んでんだぞー、魔法だぞー」
クロミちゃん、かわいvとマイメロみたく言いたくなるなぁ。
そしたら柊様
「魔法というなら、この世こそ魔法みたいなものじゃないか?」と
キザに言い捨てて去っていこうとします。
この頃のクロミはまだ柊信者じゃないんですね。
「ああいえばこう言う……ムキー、かわいくない!」

でもそこで引き下がれないクロミ。
(てか、なんでそこまで柊に固執するんだか)
メロディボウを取り出して見せ付けると、バイオリン関連だからか
興味を示した柊。
クロミから奪って手に取ると、なんと柊が使う用のサイズに。
一度はクロミが取り返すものの、メロディボウは自ら柊の元へ。
これにはさすがの柊様もビックリ。
「どうやらこの弓は、僕を持ち主に選んだみたいだ」と言って、
バイオリンを弾きはじめます。
するといつものダークパワーなぽわぽわキラキラが、
クロミの持つメロディキーへ。パワーをこうやって送るんですね~。
で、協力体制ができましたと。

ここでようやくタイトルコール。
なんか内容濃いな……。
1話で説明できていないところを、追々語らねばならないからか。


さて、夢野家。
3姉妹+美紀・真菜は、マイメロの身の上話を聞きます。
「わたしはマリーランドでとっても幸せにくらしていたの」
うわぁ、今から不幸なことが起こります!ってな語り出し……。
クロミの逃亡幇助の罪で捕まってから、王様の前に連れて行かれ
どうして人間界にくることになったのかというところの回想です。

しかし……王様のギャグ、寒い。
てか、マイメロとフラットくんたちを小馬鹿にしているようで
ちょっとムカつくんですが。
王様「(クロミの逃亡を助けたのじゃないという)証拠はあるのか?」
フラットくん「ショウコ……? ショウコってなんだ?」
王様「コショウはあるがな、どわっはっは!」
王妃「王様、見事なお裁きでございますわ」
ルミちゃん……そんないい加減なキャラだったのか?
もうちょっと恐妻だけどもっとまともキャラだと思ってたんですが。

クロミが盗んだのは王家の宝のメロディキーとメロディボウ。
これによって、人間の夢を悪夢に変えて黒い音符を100個集めると
恐ろしい曲が完成して、ダークパワーが手に入る
んだそうです。
全ての人間が夢を見られなくなるそうなんですが、
なんでクロミはそんなものをかなえようとしているの?
で、それを止めて来いと指令。
人間の夢を守るたびにピンクの音符が出るらしいです。
だからマイメロは、クロミが動かなきゃ何もできないわけですな。

「ゆけ、美少女ウサギ戦士マイメロ、地球防衛ウサギマイメロ~!」
とノリノリの王様。なんかこの表現、どっかで再登場したときに使われてたな。
「王様は最近、人間世界のテレビに毒されておいででした」
「王様はいい加減な方でした」
マイメロさん発言、なんかリアルでシュールです
しかも、うつむきながらというのが、より一層。

で、そこまでしゃべって「いっぱいしゃべったから眠くて……」ところん。
うむ、これだけの内容を実際語っていたら、
いまだかつて無いくらいのマイメロトークが聞けたわけだな。
まだちょっとハキハキ元気な感じです、マイメロさん。
けど、歌ちゃんとかの目の書き方は今と同じかなー。
1話だけなんかちょっと違ってた(三白眼)。OPは今と一緒なのに。

とりあえず、そんな大役を仰せつかったマイメロさん。
マイメロが失敗すれば自分たちの夢がなくなってしまうこともあって
歌ちゃんたちはマイメロを援護することになりました。
「夢防衛少女・歌!」とかノリノリ。琴もね。
なんとなく続けてみましたな美紀。
嫌々ながらも「ノリ悪いで~」と突っ込まれないためにも
(既にテンポは悪いですが)真菜も続けて。
奏姉はさすがに突っ込まれるまで拒否していましたが、最後には折れました。


一方黒チーム。
クロミからダークパワーの曲のことを聞いて「世界に秘められた曲」に
興味を示した柊は、「僕の方が人間に詳しいし、この弓ももう僕のものだ」
と、言って協力を申し出ます。
この頃のクロミは柊のことをいけ好かないヤツと思っているようで
とりあえずはこいつを利用しようということに。


さて、翌日。
歌ちゃんと一緒に寝ていたマイメロさん。
目覚まし時計が鳴ったので「おきて、おきて」と歌ちゃんを起こしますが
「う~ん、あと五分……」と言いながら寝返りついでに放り投げる!
クローゼットへビッターン!!
落下したマイメロさん、30分間失神です。
すごいな、マイメロ。
こんな頃から、歌ちゃんの寝相の悪さの被害を受けていたんだ。
そして目覚めた歌ちゃん。
「なんでそんなとこに寝てんの? やっだも~、寝相悪~い」
悪魔の嘲笑を聞いて目覚めたマイメロさんは復讐を決意するのであった。

あわただしく登校していく三姉妹。
「朝ごはんも食べずに……。マイメロ、作ってあげたいな」
そこでコトコトキッチンですね。
てか、あのCM(レジスターとかでの追加紹介だけれど)
「コテコテキッチンもね!」って言ってるように聞こえるんですが。
いつも気になる~。
そしてAパート終了。


今回のターゲットくんは、ちゃんと「ぬいぐるみがしゃべったー!」と
驚いてくれます。
さらに、クロミの魔法の力を聞いて「僕の夢をかなえられるの!?」と
模範解答を出してくれるので、クロミ・バクは大満足。
そうだね、ターゲットはこうでなくちゃ!
で、まだちゃんとカウンセリング制度は生きてたわけですね、この頃。
最近時々、強引に行っちゃうからなー。

初めてのちゃんとした黒魔法の登場。
裸バイオリンだー、あ?
なんか今と違う。
音楽も短いけれど、それ以上に柊がなんかエロい
今は胸から下くらいはシルエットも無いけれど、
この頃は黒くぼやけているとはいえ、腰まで裸!
エロい~。でも今のほうが好き……。

マイメロさんも、この頃はちゃんと
「どこかで夢の扉が開いた」
のルールを守っているみたいです。
いつからだ、気づかなくなったというか、無視してるのは。


頭がパソコンのディスプレイになったターゲットの谷口くん。
普通に授業に出て、モリモリガリガリやる気満々ですが、
時間がたつとスクリーンセイバーが起動しちゃうらしいです。
で、先生が黒板にすらすらと問題をいーっぱい書いていると……。
スリープモードに入っちゃったらしいです。
でもエンターキー押せば復帰するから、と指示する先生。細かいな。
大暴れの谷口くん。
クラスメイトたちは、ちゃんとその後出てくる生徒がところどころいますね。
巨乳の飯島さんとか、委員長とか、森口君とか。
まだ名前は無いですけどね。EDには「生徒」としかなかった。

しかし、マイメロ魔法のネズミさん、そんな禁的位置に噛み付いちゃ、めっ!だよ~
さすがにそれにはフリーズ。
笑う女子と、なんとなく切なくて擁護する男子。
何を思ったのか駆がぷちっと電源を入れなおします。再起動~!
「いや……心情的に」
責めるのは女子だけです。細かいな。

再起動した谷口君はまたも大暴れし始めますが、
電源コードを噛み千切って終了。
目覚めた谷口君には歌たちが説教して、
こつこつ真面目に勉強をやり直すことにしてピンク音符。
けれどクラスメイトは記憶が無い様子。
ハリネズミくんのコロリもなかったのになぁ。


黒音符が飛んでこないので、どうやら負けてしまったらしいと気づいた黒チーム。
クロミ「柊さん! しっかりメロディキーに充電しといてくださいね」
ひ、ひ、ひ、柊「さん」!?
柊しゃまじゃないのかー!
いつ、どうやって、クロミが手なずけられたのか、とっても謎。
関連記事
スポンサーサイト
マイメロトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。