--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'01.09.Mon

PSPギャラリーフェイク:ART.5「ダブル・フェイク」感想

今回の美術品はセザンヌの絵画「果物籠のある静物」でした。
いやー、美術品のことはさっぱり知らなかったんですが、
たまたまこれをプレイし始めた直後に、何かのテレビでこの絵のことをやっていて
「これ知ってる!」とおおはしゃぎ。

さて。
今回の敵(?)は原作第1話に登場した政治家・梶正一氏でした。
サラが登場するのが第2話なので、サラにとっては面識が無い人物なんですよねー。
その他の登場人物は、三田村女史、船越くん、高倉刑事、カルロス。
船越くんがいい味出してたなー。
「彼は船越君だ。三田村館長の下僕をやっている」とかいうフジタの紹介、
原作でも「君は確か三田村館長の下僕をやっている……?」とかいうような感じの
セリフがあったみたいなんで(私は覚えていなかったんですが)
それを踏まえてのセリフと言えるんでしょうね。
いやー、このライターさんには感心しちゃいます。
原作ファンなんだろうな、多分。
ファンじゃなかったとしても、ちゃんと全部読んでるんだろうし。
今までも感心していましたが、ゲームオリジナル話ばかりなのに
原作と同じような雰囲気が流れてるというのがうれしいです。

今回はセザンヌの絵の真贋鑑定が途中にありましたが、
そのときに、推理アドベンチャーらしく、
虫眼鏡でじっくり見たり、アイテムを使ったりとかあったら
もっと面白いのになぁ。
関連記事
スポンサーサイト
ギャラリーフェイクトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。