--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'01.22.Sun

豆乳プリン

先週も作ったのですが、なかなか美味しかったのでまた今週も。
てか、豆乳を早く消費せねば。
「開封後は2-3日を目安にお飲みください」
ってかいてあるけれど、ゆうに7日経過したんだが……。
大丈夫だろう、たぶん。きっと。
作り方はその調整豆乳パックにかいてあったものをベースに。
普通の牛乳に替えてもできるんでは?


《卵液》
・卵……3個
・調整豆乳……300ml
・砂糖……80g75g ※ちょっと甘かったので控えてみる
以上をボールに入れて混ぜる。なめらかになるように濾す。

《カラメル》
・砂糖……50g40g ※ちょっと甘かったので控えてみる
・水……大2+大2
砂糖と水大2を小鍋に入れて火にかけて混ぜながら濃い茶色になるまで煮詰める。苦くなる寸前で色止めのために残りの水大2を入れる。けっこうしゃばしゃばなので、さらにもう少しだけ煮詰めてみた。

入れ物にカラメルを敷いて、お玉で卵液をそっと流し込む。一瞬混ざったように感じるが、比重の関係でカラメルが後で沈んでくるので、あまり気にせずに。
スチームレンジのプリンコースでできあがり。
(スチームレンジが無かったら、「蒸し器で15-20分」らしい)
冷めたら冷蔵庫へ。



レンジのレシピのプリンを見ていたら、「牛乳を温めて云々」とか面倒くさそうだったけれど、これなら混ぜるだけで楽勝。きっと普通の牛乳でもできると思うんだけどなぁ。
カラメルソースが結構さらさらなのが意外でしたが、プッチンプリンじゃない、お店プリンとかこんなもんだったっけな?

最初に作ったときは、とにかくカラメルが甘かった。まあ、三温糖だからかもしれないんですが。

型はココット皿とか、プリンの空きビン、空きプラケース(プラスチックは熱で変形したものがあったのでやめましょう)のとか適当に。ココットはでかいからなかなか火のとおりが悪いなと思っていたけれど(表面をつついてみるとぷよぷよ)、単にカラメルが柔らかかったからだけなのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
日常トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。