--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'03.04.Sat

おねがいマイメロディ:# 48「みんな一緒だったらイイナ!」

更新、かなり遅くなりました。


はりねずみくんは「ハリーくん」って名前がついてたのか!!!
なんて衝撃的事実。

そしてダークパワーの影響で木が枯れているから、と
商売上がったりだけど、やっと女の子が生まれて浮かれるバク父。
かーちゃんに怒られたりしているうちに家がぶっつぶれた!
で、柊邸に転がり込むものの、黒柊に「迷惑だ」と。
恐れ知らずに柊にちょっかいかけたバク九郎を、あっさりポイッ。
まあ、マイメロの時みたいに部屋からベランダ越えて
庭へ放り出したわけじゃないので、まだまだ優しいものですが。

柊の弟に対するひどい仕打ちに、バクくんキレて家出。
バクがいないと黒音符を回収できないしと、柊にとっても
マイナスではないかという状況を提示しながら心配するクロミ様。
なんせギブ&テイクな関係だから、柊にはそう進言しないとねぇ。
しかし黒柊は容赦なく、100個目がでたら無理やり連れてきて吐かすとのこと。
それでもバクが心配かつ、黒音符がちゃんと起動するか心配なクロミだけど、
柊はそんなクロミを抱き上げて
「そんな顔しないで」
と言いながら、おでこにキス。
クロミ様、陥落。
なんてタラシなんだー!!!!


一方、柊邸を出てきたバク一家は夢野邸へ。
「長旅は疲れたび」な父は帰ってきてびっくり。
ご飯もビールもありません。
でも、そんな状況になってしまったのは、
旅行ライターだから毎日家にいない自分のせい、と。
「毎日家族と一緒にいられたらいいのになぁ」
あっという間にクロミ様の餌食です。
しかし、バクがいないクロミは移動が大変そう。
パラソルを奪われたマイメロみたい。

しかし、「バクがいる限り、この世界は滅びない」っていう歌ちゃんのセリフ、
そんな設定、どこで知ったっけ??

バクくんが弟たちに聞かせてあげた子守唄は
「会津安来節」だそうで、マイメロも熱唱。
なんだ、まだキャラソンCDに入れるつもりか?


そこへ登場、黒魔法憑きな父・雅彦。
見た目は全く変わりません。
んでもってマイメロも夢の扉が開いたのに気づいていませんか?
みんなと一緒にすごすために、家で小説を書くそうです。


そんなこんなでBパート。
徹夜で書き上げた『世界の片隅であい~んを叫ぶ』を持って出版社へ。
まだ本にすらなってないのに、あくちゃガワ賞に選ばれちゃったよ!
選ばれた直後写真をカメラマンたちに撮られていますが
普通にマイメロやバク一家も写ってるよ~。
もう隠す気全くなし。

仕事の依頼を一気に受けて、徹夜する!と意気込む父。
「執筆中は部屋に入ってくるな」
窓に映る鶴の影。
悪夢魔法の暴走らしいです。
クロミ様も暴走を楽しみにしてる~。
てか、暴走して手が付けられなくなったこと、これまで何度もあるくせに。

自らの羽根でインクを使って執筆する鶴な雅彦さんですが、
やっぱり小説家のイメージは羽根ペンなのかな?
これまでの原稿はパソコンでやってたのに。
ずいぶん前ですが、流れ星の回で幽霊を追い払うときに
パソコン攻撃しそうになって思いとどまっていた気が。

翌朝、バク弟たちも新聞配達のお手伝い!
しかもやつら楽して飛んでるっぺ~。
バクくんはいつものとおりジョギング兼ですが。

そしてお疲れ夢野父。
頭も赤くハゲてまっす!
いや、そろそろおかしいと気づけよ、マイメロやバク……。
で、みんなで部屋を覗いてしまって正体発覚。
暴れる鶴な父と対決するために、バク父出動。
寝坊するバク父が悪いんですよ。
「マイメロちゃん、シールだっペー!」と
バクかーちゃんが進んでパンチ食らわせてくれました。
フラット君といい、王様といい……。がんばって。

「表へ出ろー!」とばかりに庭で勝負。
でも第1撃で吹き飛ばされる。そこで「もっともーっとおねがいv」。
「私を甲子園に連れてって」って……たっちゃん・南?
分身の術かと思われましたが、シールつきの弟たちでした。
おいおい、いつの間に付けられたんだ?
まあ、色々とあってバク父たちの勝利。

そこへたずねてきた一般人。
「夢野さんが書いた旅行記で楽しい旅ができた」と言われピンク音符。
おいおい、無理やりだなぁ。


柊にピンク音符が99個集まってしまったことを報告するクロミ。
黒柊のせいか、どんどん声が悪キャラな感じになっていってます。
バク父がむちゃくちゃ強くて~という言い訳をなぜか聞いてあげて
「敵に回すと厄介だな」と何か対策を考えるらしい。


談笑中の夢野家。
そこへマイメロの携帯に着信が。
アンタまた音が出るようにしてるくせに、バイブも入れてんのかよ。
お相手はクロミちゃん。バクくん宛のお電話でした。
なにやら柊がバク一家のために新しい家を買ってくれたので
もう帰るということらしいです。
バク父も「この家は狭いし、これ以上厄介になるのも何だから」と
柊邸に戻ることに賛成。
ってか、夢野家、十分広いお家だと思いますが。

きちんとご挨拶をして帰って行くバク一家。
最後に飛び立ったバクくんを歌ちゃんが呼びとめる。
それでとうとうバクはダークパワーが集まった結果、
世界が滅んでしまうのを知りつつも、
「なんとかしてみるゾナー」と一旦柊邸へ。
よし、スパイを手に入れたね、マイメロ。

家を買ってくれたー!とは言うものの、
クロミの部屋にあったバク小屋みたいな「BAKU Family」用。
「どうせオレはごくつぶし」な歌をBGMに、隙間風が身に沁みます。
けれど、体を寄せ合っていればあったかい。
家族一緒ってやっぱりいいゾナと思いつつも、
「バクはこれからどうすればいいゾナ~」


他のブログさんでも書かれていたんですが、
バスの運転手の時はマイメロの魔法はあまり役に立たず、
家族愛で魔法が解けたのが感動的でしたが、
今回は力技での解決。
せっかく初めに琴チャージまで受けてたのになぁ。
ちょっとその辺が残念でした。



さて、次回は美紀ちゃんがターゲット?
「ポエムが書けたらイイナ!」
予告でクロミがパンチの特訓をしてるシーンに
ピアノちゃんの「あーぱー、めー!」が被ってたから
思わず吹き出してしまいました。
ピアノちゃんはクロミの声の人と共通らしいですからねぇ。
まるでクロミ様が「あーぱー、めー!」って感じ。
関連記事
スポンサーサイト
マイメロトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。