--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'05.13.Sat

月の光太陽ノ影:三人ED

どう評そうかなぁとおもいましたが、一応このタイトルで。
未だ先生ルートに入れません。
なぜだ……。
今回のEDでは、色々とCG回収にはなりましたが(最後もCG付きだったし)
なかなか濃いね、展開が。

ではネタバレ感想は以下。
三人つーか、3Pですが。

最初の智也もぐでぐでに酔ってての時の遊佐さんは怖かったね。
「(無防備でいる)女は我慢ならない」とか。
後ろで煙草吸って二人を見守ってる(?)CGとか、怖すぎ。
このルート見ると、智也の女関係は遊佐さんに見繕ってもらったのかなぁ、と。
んで、「バイトも辞めて、遊佐さんとも縁を切って」と
主人公が言った事に対してためらったのは
女をあてがってもらえなくなるからか!なんて思ったりも。
うは~、智也ヘタレ。

俺が忘れさせてやる、俺だけが抱いてやる、とか
偉そうに言ってた割には、結局そのままの関係を続けるんだもんなぁ。
確かに主人公さんが選んだ道ではあるけれど。

自棄になってたというのもあるけれど、主人公サン、流されすぎ。

智也が主人公の事を好きだから、遊佐さん的には
二人をこういう関係にさせるのが楽しかったのかも。
どっかに売り飛ばされなかったのが奇跡だよ。

選択肢を変えたら、後で二人だけでするのは遊佐さんとになるっぽい。
あああ、お気に入りの智也ルートをお楽しみに取っておけばよかった。
関連記事
スポンサーサイト
月ノ光太陽ノ影トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。