--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'05.13.Sat

ARIA The NATURAL:#5「その 雨の日の素敵は・・・/その 春にみつけたものは・・・」

今回は2本立て。
第1期での2本立ては社長特集だったから、もしかして!?と思ったんですがねぇ。
普通にお話2つでした。
しかも、わざわざ2つに分ける必要があったんだろうか?とも。
時々原作での2つ分の話を1つにまとめてることがありますからねぇ。
まあ、その時は流れの中で上手くまとめているものですが、
今回はそうではなくて、全く別個のお話だったからかも。

では、感想です。
稲荷寿司を売っている売店のおばちゃんが、心地いい京都弁ですね。
おおっと、原作では秋の紅葉を楽しんできてとか言ってますが、
ここでは新緑。うーん、確かに神社といえば紅葉のシーズンがステキかも。
そしてお狐さんの子供の影がちらほら。
雨に降られて、ぶるぶるぶるっ!のアリア社長がかわいい。
つか雨含みすぎ。

お狐さんに異界へ連れて行かれたら、もどってこれないと、
オバちゃんに脅されたおかげか、灯里ちゃん怖がってます。
が、これまでも色々不思議体験してるのになぁ。ネコ関係とか。
珍しく怯えているのは、慣れ親しんだネコじゃないから?
アリア社長も怯えてました。

お稲荷さんをお狐さんの子供に取られちゃったので、
追加で再び10個購入。
んで、帰るときに稲荷像の足元にまた置いてあるのを発見。
原作の方では明らかにお供えしたまま帰っているように見えましたが、
アニメ版は……あれれ、ちゃんとある?


さて、後半。
お目覚めの灯里ちゃんのネコミミナイトキャップと、
窓枠にむいっとはみ出してるアリア社長のホッペがナイス。

お弁当を持ってピクニックがてらに散策。
バスケットを持ってくれる社長が心強いんだか、食い意地張ってんだか。
森の入り口で既にお疲れのアリア社長。
どうしたの?……って弁当食いたいだけか!
ものっすごい喜んでました。
そして食ってすぐに横になる。牛になるぞ、牛に。
寝転がっていたらハチさん発見。そのまま転がってハチさん追跡。
ホントかわいいんだからもう!
しかし起き上がって追いかけていく時の後足のガニマタっぷりというか
コントチックな足の動きがやたらと笑えた。オマエ、ネコじゃないだろ。

そしてズンタカポコテンのお歌。
アニメ第1話を見た後で、コミックスのこの話を読んだので、
「おおおっ!?」と思っていました。その後も流星群の話で出たし。
ううむ、ズンタカ歌、ステキング。

そして満開の桜の大樹。
道を見失ったり、寄り道しても、それはそれでステキな出会いに繋がるってのは
このアニメ・漫画のいつも語っているところですよね。
せかせかとまっすぐ揺るぎなく先を目指すことも大切だけれど、
ふと立ち止まって周りや後ろを見ることも大切。
失敗しても、それが失敗では終わらずに、何かしらの得るものがある。
うーん、さすがは癒し系。

朽ちた電柱に昇っていたアリア社長。
電線が絡んででっかい大ピンチです。
案の定電気が通った衝撃で落下。社長は無事で何より。
ライトアップされた桜の大樹に見とれてる場合じゃないっす。





原作 【コミックス】ARIA 第1巻[天野こずえ]Navigation4:お天気雨
【コミックス】ARIA 第1巻[天野こずえ]

原作 【コミックス】ARIA 第3巻[天野こずえ]Navigation12:満開の森の桜の下
【コミックス】ARIA 第3巻[天野こずえ]

関連記事
スポンサーサイト
ARIAトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。