--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'08.15.Tue

恋華草紙<下>~幕末恋華・新選組 短編集~

ええと、ものっすごい今更なんですが。
ブログ内の「乙女ゲー」カテゴリの中から恋華関連を抜いて
「幕末恋華」カテゴリを作ってみました。
これまで全然更新していなかったけれど、続編も出ますしね。
そしたら、小説本下巻の感想書いてなかった事が発覚。

やっぱり、書いてないとすっきりしないので。
そんなわけで読み直しました。
内容紹介文はこんな感じ。

新選組にも新しい時代の風が吹き、武田観柳斎は身の在り方を思い悩んでいた。武田の相談にのっていた斎藤は、ある日の宴席で「武田暗殺」の噂を耳にして―!?
斎藤・大石の武田暗殺事件、山崎の潜入捜査秘話、伊東・藤堂の異文化交流、近藤・土方による「色男勝負」と、上巻に続く主人公鈴花の新選組入隊エピソードを収録。「幕末恋華・新選組」の、激動の時代を生きた新選組隊士達が織り成す待望の短編集・下巻堂々登場。


つーわけで、甲子ちゃんや観ちゃんまでいますよ。上巻では出番が無かったキャラも大活躍。
上巻より面白かったかも。

そしてまた巻頭ピンナップが良いんだわ。
さすがに観ちゃんまではいませんでしたが、近藤・土方・斎藤・藤堂・
(男姿の)山崎・伊東・大石の洋装剣士姿。
これまた上巻に載っていなかった人達なのですが、かっこよいんだわ!
近藤さんの後ろで、背中合わせ的に立ってる土方という2人の構図が好き。
土方は正面姿が見えないのですが、まあゲーム内で洋装見られるし。

挿絵は男前(!)の山崎さん必見。
シリアスなハジメちゃんと大石2枚のうち1つには観ちゃんも。
ラブコメチックなときめき平助×鈴花さん。むしろ平助→鈴花。
伊東さんとオリキャラなアメリカ美女のヴェラさんとのロマンス。
男前勝負(周囲が)の近藤・土方が2枚。うち1つは永倉も。
鈴花さんが結構登場多かったですねー。

気に入った話は「二律背反」。
斎藤が武田観柳斉を処分する時の話なのですが、
大石もその暗殺に加わっていて、それがその後のゲームストーリーの
内容にも関わっていたりするので泣けてきました。
他には、ゲーム内では見られなかった男姿での山崎が見られる「供花一輪」。
御陵衛士となった後の伊東一派の国際交流の「胸に残る真実」。
隊士が賭ける、近藤と土方どっちがモテるか対決の「眩しさの彼方」。
そして上巻に引き続いて鈴花加入前話「早春」の其参・其四。

詳しい感想は追記にて。




恋華草紙〈下〉幕末恋華・新選組短編集 (単行本)
恋華草紙〈下〉幕末恋華・新選組短編集 (単行本)
館山 緑
価格: ¥ 1,365 (税込み)
単行本: 222ページ
出版社: マイクロマガジン社 (2005/10)




さて、以下からネタバレ感想です。
・「供花一輪」
山崎と監察方のお仕事のお話。
なによりもやっぱ男姿の山崎でしょう!
ゲーム内でも見られなかったんだからなぁ。
戦闘服はさすがにお化粧ムンムンじゃないけど、
やっぱり女のナリなので。
賭け事に強いのもステキだ!
桔梗さんの正体はさっぱり分かってませんでしたが。
相変わらず謎読み弱い私。

・「二律背反」
「気の進まない仕事だった」みたいな感じで、ゲーム本編では
ちょろりとだけ触れられていた、武田処分の仕事。
こんな背景があったら、そりゃ斎藤も色々思うわ。
まず、武田に今後どうするかを相談されていたということ。
武田は相談しながらも、結局薩長への接触を図って裏切ろうとしていたこと。
それに気づかなかった、武田を止められなかったことの後悔。
「斬る」ことにしか興味のない大石に斬らせるよりは、
武田本人が望んだように、自分が黄泉路へと送ってやる方がまだ……。
最期に「生きてくれ」と言った武田。
だから自分は生きる、ということで戦乱を経ても生き延びた斎藤。
「いつか大石を斬ることがあるのだろうか」との「いつか」も、
ルートによっては見れるあのシーンのことですしね。
そんな彼の生き様に関わる話で、じわじわと切なさで涙がこみ上げてきました。

・「胸に残る真実」
伊東さんの「恋」を描いた話。
奥さんとは「大義を果たすために」離縁していて、
でも本人も気づいていないけれどまだ「愛」している。
それを指摘したオリキャラなアメリカ人美女・ヴェラさん。
お互い好き合っているけれど、愛ではなく恋だからとして
そのまま故国へ帰るヴェラさん。
でもその別れの時に「再会できたらワタクシがいない間の
日本の話を聞かせてください」と。
そのあたり、ひとつ前の話の斎藤のと近い物があるんですが、
全く逆なんですよね。
斎藤は、死に別れた人との再会の約束。そしておそらく果たせる。
伊東は、生き別れた人との約束だけれど、結局これが今生の別れ。
もちろん、主人公である伊東自身は再会するつもりがあるけれど
読者はもうそれが叶わないものと知っているので……。辛いなぁ。
それと、平助→鈴花みたいな描写があってワクワク。
でも、もう御陵衛士として働き先が違うから、次の約束も出きないってのが
切なかったです。こうしてだんだん離れて行くんですよね。

・「眩しさの彼方」
近藤と土方のどっちがもてるのかという賭けをする他の隊士に巻き込まれて
それを判断することになった鈴花。
ホント、平和だ~。作中でも平和平和と言われているけれど。
他の人に聞いて回ってるのも楽しかった。
セリフのみ描写なのは、永倉・梅さん・山崎だけど、
分かりやすいもんなぁ、この人たちの口調。
そして自信満々の梅さん大好きだ。

・「早春」
やっぱり、鈴花が剣を持つことに興味を抱いたエピソード(ビジュアルブック掲載)は
ここに再掲ありませんでした。良かった、良かった。
照姫はホントいい人ですねぇ。
そりゃ鈴花が敬愛もして、そのために梅さんや平助ルートでは
彼らと同じ道を進まず、照姫のために新選組を選んだのも分かる。
関連記事
スポンサーサイト
幕末恋華トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。