--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'10.01.Sun

恋する天使アンジェリーク:#13「対決の時」(終)

第1部完、見終わりました。
1月からの第2部も頑張って見よう……。
せめて作画はもうちょい改善してほしいんだが。







第1部完にしては、思いっきり投げっぱなしな終わり方。
聖獣の宇宙の人類を(人類だけでなく、宇宙そのものも滅びそうなんだが)
滅ぼそうとしていたサクリアの精霊さんを
神鳥の女王がパワーをエンジュに送って退治。

「伝説のエトワール」って、もしかして
パワーの寄り代としてひとりであっちの世界に飛ばすために選ばれたのか?
「あなたひとりでがんばるのよ」
と、最終決戦では守護聖は誰も聖獣の宇宙に遣わされなかったのは
こういう不測の事態で自分とこの守護聖を欠けさせることのないようにだろうし。

あと、アリオスって一体なんだったんだろう。
あっさりやられたまんまだし。
「こいつはオレが倒す!」とか言いながら
あっさりやられてそのまんま。あれれ~。

それからサクリアパワーを溜める(?)エンジュのブレスレットが
今回は9つの力全てを得たら、
なんかマジカルステッキに変身しましたー!
白い羽がついちゃうのは、マジカルなアイテムには必須なんだろうか。
って、これって原作ゲームにも出てくるの?


さて、次期は聖獣の守護聖が出てくるのか。
って、教官協力者は神鳥宇宙の住人だから、
次元回廊閉ざされたままってのはなくて改善されるんでしょうが。
原作ゲームが元々はどんな展開なのかちょっと気になってきた。
エンジュの性格設定とか色々違うみたいなので、
アニメみたいなことはないと思いたいんですけど。

一応販促戦略にかかったのか、私。
関連記事
スポンサーサイト
アンジェリークトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。