--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'10.22.Sun

マージナルプリンス #3

今回は元(?)ハリウッド俳優のレッドがメインの回。
相変わらず錬金術師の末裔・アンリは出番少ないなぁ。
メインキャラのジョシュアも、今回はチョイ役でした。
ハルヤとシルヴァンも相変わらずチョイ。

……で、アニメオリジナルキャラはいつちゃんと出番があるの?
変態保険医は来週出そうですが。

さて今回、笑いどころもあったし結構楽しく見られたよー。
ツッコミどころももちろんあったけれど。



相変わらずテレ電から始まるOP。
あらら今回はねーちゃんは喋らないのね。
電話してる後ろでは、アルフレッドがぎゃーぎゃー喧嘩腰に電話してます。
てか、最初に険悪そうだと気づこうよ、ユウタ。

そしてその話の内容を聞いていなかったのか、
映画や俳優としての自分の話はしたくないレッドに
昔からファンだったというユウタはズケズケと地雷踏みまくり。
まあ結局、最後までゴリ押しでずっと映画の話題をし続けて
レッド自身にやっぱり映画が好きだったという事を思い出させるわけですが。
なんてご都合シナリオ!

つーか、こういうヒロインっているよね。
そして恋愛フラグ立つよね。
BLではないらしいので、このアニメではそうはならなかったのですが。

父親が求めているのは俳優としての自分、
では俳優でない自分には何が残るのかと、アンリの言うように気にしていて
ユウタに「オレが映画俳優じゃなかったらどうする」と問いましたが、
「そんなのありえない」という彼の答えはちょっと予想外でしたね。
まるで映画俳優じゃなかったらレッドじゃない、と言われたかのようで。
そしたら続くセリフが
「役者のレッドも、ここにいるレッドも、同じレッドだから」。
うん、質問の答えにはなっていなかったけれど、
上手く彼を言い諭しましたね。


ところで、この島って学校があるだけかと思ったら
ちゃんと街があるんですね。
まあ、タクシー業が成り立っているからそりゃそうなんですが。
レッドのおじいちゃんの事を知っている一般人のおじいちゃんがいて
ちょっとビックリしたわけです。


レッドのモノマネをしているユウタがアホっぽくて好き。
レッド達がバンドをやっていると聞いて、
思いっきり悪役パンクっぽいバンドを妄想したユウタが、
もっとアホっぽくて大好き。


しかし、レッドが俳優をやりたくなくなった理由もわからんでもないな。
続編映画が決まったのに、それに自分は呼ばれてない。
理由は「前作で大スターより目立ついい演技をしたから」。
そんな理由で干されて、そして「ヤツと一緒にやるときは手を抜け」
なんていわれたら、やる気も失くすわな。
ただ、折角「もう一度やろう!」という気になったのなら、
父親が持ちかけてきてくれている仕事を、今からやるほうがいいかと。
それこそ「いつまでも必要としてくれていると思うな」ですが。
この島での物語を続けなくちゃならないから、
まだ退場にはならないのかなぁ。最終回で旅立って行く?
それから、おじいさんが演じたと言うアルフォンソ王のナントカってのも
後で絡んでくるのかしら。


あんまり出番のないアンリですが、今回はレッドに殴られて散々でした。
ひぃ、おキレイなお顔が!
バトラーに「後で氷を部屋へ」とか指示していたのですが、慣れてるのかしら。
つーか、なんか自室で後で呪いかけてそうだっ。
しかし、あれだけズケズケとウザく絡んできたユウタは殴らなかったのに
アンリを殴っちゃったのは、鬱憤が溜まっていたところに
ざっくりピンポイントにツボ突かれたからですかね。

けど、「君が何を捨ててこようと、僕には関係ない」って
そりゃまあ後で「もちろん彼(ユウタ)もだ」と続きはしますが、
その前に「彼に当たるのは筋違いだ」の言葉を受けたら
「僕には関係ない」はなんかおかしくないか?
「彼には関係ない、もちろん他の誰にもだ」
くらいのが文脈上すっきりする気がする。


今回のお歌シーンは、バンドとしてレッドが歌い始めて
そのままBGMとして流れていたので違和感はありませんでした。
やっぱ1話目のジョシュアには度肝抜かされたな……。



それにしても締めのシルヴァンとハルヤの剣道シーンは一体なんだ?
そして、シルヴァンメインと思われる、次回予告は一体!?
「大佐」がどうのと言っていて「?」と思っていたら
「ヨーヨー」なんて思いがけない単語で「!?」。
まあ、今回の本編でシルヴァンが親の仕事の関係で
子供の頃から各国を転々としていたのを聞いて
ユウタが「できるビジネスマンみたいでかっこいい!」
なんて言っていたのに対して、ちょっと困った顔をしていたので
なんか裏があるのかなとは思いましたが。(原作未プレイ)
で、「おまんら、許さんぜよ!」。
はあぁあぁぁ!?!?
いやまあ、今あややリメイクでやってるけどさ……。ビックリだ。


あ、見直していて気づいたんですが、テラスでジョシュアと話した後、
去っていくジョシュアが手にしていた新聞に載っていて
ユウタが気にしていた肖像写真、なんか次回以降の伏線なんですかね?
すっかり見落としていましたが。


関連記事
スポンサーサイト
マージナルプリンストラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。