--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'10.23.Mon

ドラマ・のだめカンタービレ #2

気づいたら21:30過ぎてたくらいでした。ぎゃぼー。
とりあえず、のだめが変なメイクかなんかしてて、
千秋が峰くんの前でバイオリン披露したところからでした。

前半はどうだったのか分かりませんが、
今回はギャグ演出が少なめでちょっと良かったです。
変なエフェクトがあるのとないのとではやっぱり後者のがいいな。

峰くんの再試験の伴奏を、急遽千秋がやると言うものだったのですが、
最初はかなりギコギコへったくそ(つーか、これで音大生でいいのか?)
な弾き方だったのですが、だんだんと千秋の伴奏が心地よく感じて
素直に弾けるようになったって変化が、
音で表現されていたのが良かったですね。

しかしこうなると、のだめの演技がわざとらしすぎて気になるな、うん。

***

こないだの辛口感想のあとに頂いたコメントメールで、
「ドラマは面白かったと感じたけど、原作はもっとおもしろいの?」
という質問(?)を頂いたんですが、
多分私は原作至上主義者だから、特にそう感じたんだと思います。
ただ、折角今未読なら全部見終わってから原作を読むのがいいかも。
私みたいに凝り固まった見方をせずに済むかもしれないので……。

ちなみに、原作至上主義とはいえ、最近で言うなら
ARIA1期、ハチクロ1期、ホスト部はアニメも上手くアレンジしてたなーと
思ってます、ハイ。あくまでも個人的意見ですが。
関連記事
スポンサーサイト
その他トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。