--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'11.12.Sun

金色のコルダ #5

Opus5「裸足のヴィブラート」

第1セレクション本番。
しかし、衣装を用意していなかった日野さん。
リリが魔法で変身チェンジ☆
遊んでるだろ、オマエ。
髪型くらいは変えてやってもいいと思うんだけどなぁ。

そして伴奏者の裏切り発覚。
あれは誰に電話してたんだろう。
ていうか、月森がその伴奏者の子の顔と名前一致して知ってたなんて意外。
「コンクールを混乱させて、他の参加者に対して失礼だ。
 それでも音楽に対して真剣だと言えるのか」
正論ぶちかます月森が大好きです。
でもそれ以前に、リリが魔法のバイオリンパワーで
日野さんを参加させることそれこそが真剣じゃないと思いまっす。

伴奏者さんを探すために走り回って、慣れない靴で靴ズレしたからと
裸足で舞台に立ったり、
伴奏者いなくてもそのまま演奏したり、
「開かれしもの」のテーマなのに、元々ピアノ曲のショパン「別れの曲」を
自分が好きだからとして演奏曲にしてみたりと、
日野さんの行動それ自体が全てコンクール混乱だとも言えますけどねぇ。

幸い、土浦が飛び込みで伴奏をしてくれましたが、
やっぱり選曲ミス。
評価はイマイチ。
弾き方次第とはいえ、やっぱねぇ……。


演奏会が終わってから舞台で日野さんと話す土浦が
いつリリを見ちゃうかとドキドキしてましたが、
結局見ませんでしたね。
でも、次回予告ではコンクール参加者の合宿なのにいたってことは、
もう見えちゃったのか?
つーか、1セレ終わってから参加って結構厳しいよね。
まあ、ゲームでもその条件で土浦参加はあるけど。

関連記事
スポンサーサイト
金色のコルダトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。