--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'02.25.Sun

金色のコルダ #18,19

こちらも2話まとめての感想。
鬱ったタイトルが続きますね。


◆opus18「傷心のパルティータ」

柚木様がゲーム内でもいつも中下位に甘んじてることが多いのは
やっぱ1位になって目立ったりしないように抑えているからか。
で、柚木狙いだと最終的には上位に食い込んでくるってのも
なかなかよくできた設定だと思いました。
(私のプレイでは大抵そうなる)

脳内では、日野に心動かされまくる男性参加者を
バカにして「自分は違う」なんて言ってるのに、
自分だって思いっきり翻弄されてるよw

そして、速攻でばーさんに留学決められる柚木、不憫。
まさかコンクール中にそのまま留学するわけにもいかんだろうし、
どうやって回避していくのか気になるところです。



◆opus19「失くした心のパヴァーヌ」

前回ラストで「お前がいたから俺はコンクールに参加したのに」
的発言をした土浦。キャーキャー!
そして今回では日野さんを泣かせちゃった月森に
「先輩の音……」と言っては月森に動揺させる志水、
うっかり「辞めてもいいんじゃ?」と言っちゃった火原。
みーんな動揺しまくりだ。
柚木も「一緒に連れていく」とか言ってるし。
ちゃんとそんな冗談に噛みついていくくらいの勢いを見せねば
そりゃ柚木も面白くないわな。

あと、金やんにやめると言いに行った時の、
あの回想はなんじゃら?
飲みつぶれてる若金澤にきゅんきゅんしたんですが!

関連記事
スポンサーサイト
金色のコルダトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。