--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'02.25.Sun

ゴーストハント #20

第20話『FILE7 血ぬられた迷宮 #3』

またしてもSPRメンバーの、今更ながらの秘密の片鱗発覚。
今回はナルについて。
ご両親(のどっちか?)は教授で、
リンはナルを監視するためだとか!
あと、麻衣が「自分が殺される気持ちなんてわかんないでしょ!」と
ナルの提案を否定した時のは、ナルも死にかけた経験とか夢とか
あるってことなのかしらん?

そしてそんな監視役リンさんのすごい能力。
死んだ霊を呼び出すなんて!
やっぱほかのメンバーのレベルと違うのね。

呼び出されたのは、先日の降霊会で媒体になってから行方不明になった女性。
行方不明になっていてまだ死んだかどうかはわからなかったけれど
「死んだと仮定して」呼び出してみたら案の定……。

彼女が残したメッセージ「ヴラド」によって
当時の主が名乗っていた画号「浦戸」とドラキュラが結びつく。
浦戸という言葉が出たところから、それは予想していましたが、
血で入浴するという話は初めて知りました。つか怖っ。



さーて今週の愛しのぼーさんシーン

・麻衣が悪夢の内容を皆に語って辛そうなのを見て、頭ぽんぽん
・博士が偽物だと知って魂抜けた


あと、ナルが持ってきてくれた紅茶を麻衣が飲んでるシーン、
ついつい「あー、紅茶がおいし」と口に出した私はマイメロに毒されてる。
それから、ほわほわ~っとしたまどかさんしゃべりが
ユーフェミア皇女に通じるものがあってニヤニヤ。
関連記事
スポンサーサイト
その他トラックバック(1)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

今週の一本(2007/2/18~2/24)―『ゴーストハント』第20話

前回のラストシーンはやはり麻衣の夢だったようで、今回は麻衣がその夢から覚める場面からスタートです。 麻衣の絶叫を聞いたいつもの面々が部屋に駆けつけますが、ここになぜかナルとリンさんがいません。 どうしたのかなと思っていたら、ナルが紅茶を持って登場します。

2007/02/25(日) 21:57:04 | アニミスク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。