--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'03.21.Wed

GS雑談:久々の葉月珪とのふれあいで思ったこと

クリアしてないですけどね、友情ルート。
それでも、友好状態の友情ルート葉月と、
普通にラブラブいちゃこらな姫条さんに挟まれて思ったことを
だらだらと書いてみます。

まあ、葉月珪に思わずときめいたって話なんですが。





ぶっちゃけPS版では、あまりに姫条が好き過ぎて、
他キャラで「2番」ってのがないんですよね。
強いていれば、言動が面白いけどピュアピュアで自信家な色サマとか、
姫条とセットで楽しめた鈴鹿君とか。

ぶっちゃけぶっちゃけ、メインキャラかつ世間で一番人気な葉月は
結構どうでもよかったり。
ああ、本編やドラマCDでは全く絡みがなかった姫条VS葉月なやり取りは
妄想してみるのが好きですが。



でも、今回やってて、春の森林公園での
「追っかけから隠れるために押し倒される」イベントを見て
自分の人気のせいで周りに迷惑をかけたくないから
人と関わらないようにしている、という
「本当は心優しい孤高キャラ」
ってのを再認識して、好感度がメキメキ上がりました。
もちろんPS版プレイ時に見てるはずなんですけどね。


むしろ、PS版プレイ当時と心境が変わったせいかもしれません。
心境というか、乙女ゲー経験値?


GSをやる前はアンジェリークと遥かくらいしかやったことがなかった乙女ゲー。
姫条が気になったのも、発売前の基礎設定を見て
「関西弁」「ナンパキャラ」
で惚れたわけで、実際プレイしてもっと惚れ。
(特に明るい置鮎さんボイスにやられた)

その後いろんなゲームをやりまして、
いろんなタイプのキャラもツボにはまればキュンキュン、
ということに気付きました。

コルダの月森なんかが、その最たるものかなーと思います。
基本的にはファーストインプレッションで惚れたキャラが
やっぱりそのゲーム中の最萌えキャラになるんですが、
月森はノーチェックだったのに、やっててだんだんとはまった。
葉月とはタイプ違いの「孤高キャラ」ですが。




とまあ、そんなわけで葉月株がどどんと上がりました。
でもこれって、友情モードでの切ない葉月を見ているからってせいも
あるんだけどなー。てか、それが大きいというか。

よーし、他キャラの友情モードも楽しみだぞ!!


そんなわけで、しばらくはコルダ2には移れそうにないです。
まだ買ってもいないけど。
息抜きにはマイネ2でお話を楽しもう。
関連記事
スポンサーサイト
ときメモGSトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。