--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'06.02.Sat

らぶ☆どろ:開始

1日遅れでAmazonから届いたので開始。
PC版は未プレイなのですが、とりあえず攻略情報を見ずに進めています。

まだゲーム内時間で1か月と少し経ったところなんですが、
システム周りは……総合的に見れば普通? いや、中の上?

ホスト部みたいにバックログ(ボイス再生付き)から
シーン巻き戻しができるのはやっぱりステキ!
これからのAVGにはシーン巻き戻しは標準装備になってほしいなぁ。
この機能があるからこそ中の上かも。
でも、ホスト部みたいに巻き戻す前の履歴も残っているわけではないので、
ちょっと残念。
そう考えると、ホスト部のあれはいいシステムだった。

クイックセーブ/ロードはいちいちメニュー開いてセーブしないといけないみたいで、
100箇所あるらしいけど使うのが面倒。
「オートセーブ」とか言うから、オレハニみたいに
シーンごと、選択肢ごとにクイックセーブポイント出来てるのかと思ったけれど

オートリードも既読スキップ(強制スキップも可)もありますが、
もうこれがなければかなり辛い。
オートリードの速度は「最速」でちょうどいいくらい。
既読スキップは、なぜか未読部分の1つ目メッセージを飛ばして止まってくれる。
おかげでバックログ辿らないといけない羽目に。


何よりゲーム画面が見にくいのが難点。
メッセージウィンドウが白みがかったやわらかいピンクで、文字が白。
文字が見づらい上に、文字ウィンドウサイズが小さいのか
字が詰まってて、やっぱ見づらい。
あと、キャラ絵の塗りが淡いのか、やっぱぼやけた感じがする。
男子連中赤っ鼻に見えるのは気のせいだろうか。

PS2版追加キャラの諏訪部ボイスの先生も出てきましたが、
うーん……立ち絵のタッチが全然違うんですが。輪郭線太いよ。

主人公さんはデフォ名でやっても声ありで呼んでくれないんだ……。
「田中かなた」から変えてもいいんだけど、
名字はほとんど出ないんだな、これが。
主人公さんはよくしゃべるので、ボイスあってもよかったけど、
結構主人公視点の地の文が多いから、
あってもあまり意味なかったかも。

主人公さんが魔物3匹にいちゃいちゃ絡まれるCGがやたらと出るんですが、
そんな必要があるんだろうか。
普通に立ち絵でいいと思うんだけど。

土曜になるとデートに誘えますが、
いつも同じお誘い・了承問答なのがなんだかなぁ。
GSみたいなSLGじゃないんだから。



+++


プレイ初期で、たまたま幼馴染の智哉とのエンカウントが多かったので
今回プレイは智哉狙いにすることにしました。
しょっちゅう図書室行ってる。
といいつつ、攻略情報見ていないから会えないとドキドキ。
親友兄が出てきてからは、図書室にはこのワイルド系が
いる確率が高くなってきた。

幼馴染で「ともや」といえば、某ほんの少し黒い大人向け乙女ゲーを思い出しますが、
メガネな優等生キャラでこの声なので、GS2の某0123への憧れを示す
メガネチャリヘルキャラを思い出しますが、
うん、こっちのが好きだ。あっちはあっちで面白い人だけど、見ていて痛いし。

休日もずっと幼馴染と過ごしているので、
ちょこちょことキャライベントが発生しているようです。
甘やかしてくれる幼馴染がよいなぁ……かなり好きかもしれん。
というか、こんなに全力で甘やかしてくれるのに
気付かない振りを決め込むかなたさんと
不憫な智哉君のやり取りで、智哉の気持ちを思うときゅんきゅんする。


+++


無口キャラかと思ったら、甘いもの好きの天然キャラだったユーゴは
なかなかかわいいです。ちょっと意外。
ラスエスのチヒロみたいな感じ。
チヒロクリアしてないけど。

キザキャラのフロリアは、まさかここまで
遙かの地白虎キャラだとは思わなかった!
ウフフ。

後輩キャラの聖くんは、怪盗アプリコットの序盤の探偵くんみたいな
空回りっぷりを思い出させてくれます。
がんばれ、少年。
関連記事
スポンサーサイト
らぶ☆どろPS2トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。