--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'06.09.Sat

ゴーストハント:ドラマCD

アニメ放送が始まってしばらくしたときに
友人に借りていたのですが、
どうもシナリオ的に先の方のお話ばかりだったので、
聞くのを先延ばしにしていました。

1巻:オリキリ様編
2巻:浦戸編
3巻:おこぶ様編
4巻:悪夢の棲む家編(アニメ化せず)

結構アニメとシナリオが変わっていたんですが
ふむ、なかなかおもしろかったです。
浦戸の夢とか、4巻の冒頭とか、殺害シーンが激コワだったんですが。


それにしてもキャストがガラッと変わっていたので
なんだか妙な感じでした。
アニメでは安原さんだった岡野浩介さんがナルだもんなー。
時々、どっちのセリフかわかんないときがあった。

安原さんはCDでは三木眞さん。
飄飄とした感じで良いのですが、安原さんなら岡野さんのが好きかも。
好青年度が高いというか。

ぼーさんはCDでは松本保典さん。
アニメでの浜田賢二さん演技が好き過ぎるので、
ぼーさんのセリフかどうかわからない時も。

ジョンはCDでは山口勝平さん。
関西弁で柔らかい言い方だから、「真綿の王国」(BL)みたいだった。

リンさんはCDでは小杉十郎太さん。
渋い、渋すぎる。


4巻は、原作7,8巻の「悪霊だってヘイキ」も含めた内容なので
ちょっと展開的には変わっていました。
特に最後のサイキックアクションなシーン。
他にも○○○のこととか原作とは違う展開で、
しかも「もう完結」ってな感じが大きな違いかも。
うそだろー。
ちょっとショックな展開でした。

そんなわけで、以下原作ネタバレ(アニメ後)部分を含む感想。


このシリーズでの超ネタバレ部分なので、
一応反転表示。


4巻でナルがジーンと力を増幅し合うのを
麻衣を経由させるという変更は良かったと思います。
麻衣も役に立ってるなー、と。
でも、おかげでナルとジーンの会話シーンがないのがなぁ……。
ナルにジーンは見えていないみたいだったし。
鏡で自分を見つめるナルシストが見たかった!

それと、完結っぽいというのは、
ジーンが「力を使いすぎてもう消えちゃう」ってのが。
「もう会えないかもしれないから、言っておこうかと思ったけどやめた」
とは「ヘイキ」と同じ展開だけど
原作ではそのセリフは、まだナルだと思っていた頃だからなぁ。
イギリスに帰って会えなくなるから、と思っていた麻衣と、
遺体が見つかって迷うこともなくなるから、と思っていたジーン。
原作はこの後も続く予定だったみたいだから、
まだこの先もナル+ジーンのタッグが見れそうな感じだったので。
CDドラマ版は、ホントにもう会えないっぽいよー。

それに、ナルに対して麻衣が「ジーンが好きだから!」とか
「ええええ~!?」とがっかり。
いやまあさ、はっきり言ってほしくなかったな……みたいな。
しかもナルに対して。





まあ、そんなわけで。
アニメも見返そうかな~、と思うところです。
いろんな伏線も、ネタバレを知った後だと気づくだろうし。
関連記事
スポンサーサイト
その他トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。