--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'10.27.Sat

PS2版Fate:プレイ中その2

UBWのシロウVSアーチャーが終了しました。
くそぅ、泣けるじゃないかやっぱり……!!


シロウと凛のナニなシーン(もちろんコンシューマ移植にあたり代替)も
どうやらまだのようなのですが、
ここまで見てると、やっぱりこのルートってシロウがメインだよなぁ。


さて、ネタバレにて。




そして相変わらずPC版プレイ時の記憶が曖昧です。
黒セイバーさんはHFルートで登場するのか。
だけど、キャス子さんが葛木に拾われた時に抱いて云々は
コンシューマ向けなので省略されてた?
場所効果だけで回復できるなんて、柳洞寺すげー。


セイバーを助けた後の聖堂で、
アーチャーがセイバーに対して
「お前はいつまで間違った望みを持ち続けるのだ」
というようなことを「昏い目で」言ったとのあたりで、まず落涙。
「衛宮士郎だった頃の記憶はもう無くした」
と言いつつ、しっかりセイバーのことを気遣っているのが泣ける。
セイバーとの出会いは士郎にとっては特別な出来事なんですね。
多くを救うために一部を切り捨ててきたアルトリアの生き方に
Fateルートでは反発していた士郎も、
結局は正義の味方になるためにそれを認めざるを得なくて。
そして最終的には、望みを叶えてあげることが出来ない人を
絶望する前に切り捨てて。
ああもう、アーチャーってば……。

そのあたりで「オレはね、セイバー」
というように、一人称が「私」でなくなっていたり、
言葉遣いがちょっとこれまでのアーチャーじゃなくなってたのも
なんか切ない。


士郎との決着が済んで凛がやってきたときに
不意打ちでの降り注ぐ剣の雨の描写がありましたが、
うっかりアーチャーの仕業と誤解しちゃいました。
(本当は金ピカの仕業)
なんて引っかかりやすいんだ、私は。



Fateルートでは出番が少なかったランサーの兄貴ですが、
やっぱ漢だコイツはーーー!!!
アインツベルン城で凛を助けて、「自害しろ」の後も
しぶとく生き続けていたのは覚えていましたが、
それでもまた泣ける。

「凛を死なせるな」というのがマスターからの指示だったとのことですが、
よもや「聖杯の器にするため」に生かしておくだなんて
ランサーも思ってなかったんだろうなぁ。
それにしても、Fate/Zeroも読んでいるので、
この令呪の使い方共通点には泣けてきます。

生真面目セイバー相手にも変わらぬ軽口っぷりがステキな槍兵さん。
hollowを久しぶりにやりたくなってきました。
でも、やったらやったで、ボイス無しにがっかりするんだろうな。
関連記事
スポンサーサイト
Fateトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。